2017年11月18日 (土)

野球データで遊ぼう

 ようやく心が落ち着いてきました。「穏やかな心」を取り戻せたような気がします。


●野球データで遊ぼう

 ヌルデータという野球データサイトが閉鎖されてしまいました。非常に残念です。

 そこで、一念発起して、野球の指標データを自作しようとしています。
 ヌルデータなどの野球データサイトでは、指標データは四捨五入で丸め込まれています。そのデータを使用して、例えば合算したりするのは、実は正確ではありません。
 これまでは、その正確ではない方法で計算していました。

 だから、以前から野球データを自作したいなあという思いはありました。
 しかし、面倒なので避けていました。
 まず、基本的なデータを取得しないといけません。いわゆるクロールという作業です。ここからすでに面倒(笑)。
 そして、何より野球の指標データは計算式が複雑です。計算するのはいいのですが、正しい値なのか検証する作業が面倒です。いわゆるデバッグ作業が非常に面倒。
 ほとんど仕事みたいなものです。

 しかし、ヌルデータが閉鎖されたことで、野球の指標データを自作しようと決心できました。基本的なデータはNPBのサイトにあります。あとは、そのデータを取得して加工するだけなのです。

 それだけではつまらないので、他の理由も用意してみました。

 Pythonを勉強しよう(笑)。
 データサイエンスでは最近はPythonが利用されているようです。理由はライブラリが豊富だから。
 今後使うことになるかもしれないので、Pythonの勉強は必須です。でも、これまで避けてきた経緯があります。

 2つの目標を合わせて、「Pythonで野球の指標データをつくろう」と目標になりました。

 実際に始めてみると、非常にPythonの勉強になります。
 Python 2.X系とPython 3.X系のプログラムの書き方が微妙に違うこと。
 numpyというライブラリを利用してみたら、通常のPythonとは考え方が違うこと。
 クラス内の変数は通常Publicであること。

 このあたりの理由で、当初はエラーが多発していましたが、最近はだいぶ慣れてきたように思います。

 何より、プログラミングしているとストレス解消になるみたいです(笑)。
 仕事だと複雑な書き方はできないんですよ。他の人のレベルに合わせて、配慮した書き方が必要になります。
 でも、個人的なプログラミングでは、試行錯誤が可能。これが大きいようです。

 ストレスが少ないのに楽しみが大きいのがいいのだろうと思います。
 クロールで基本的なデータを取得できたら嬉しい。
 Pythonの継承を実装できたら嬉しい。
 カプセル化の方法がわかったら嬉しい。
 効率的なクラス構成を実現できたら嬉しい。

 恐らく最終的に2000行ぐらいは書く必要がありそうです。
 今のところ、1日50~100行ぐらい書けています。
 指標データができあがったら、公表する必要があるのかな? とりあえず、ZIPデータにでもしようかなと思います。

 始めて1週間ぐらいなので、まだ序盤だと思います。まだ楽しい時期。
 3週間ぐらい経つと飽きてくるので、そこを乗り切れるかが勝負の分かれ目だろうと予想してます。
 仕事が忙しくなるなど、精神的にいっぱいになっても難しいだろうなあ。
 完遂できたらいいなあと、のんびり楽しもうと思います。



“想定外”だらけだったソフトバンクの2010年ドラフト

 育成ドラフトだけで成功って不思議ですよね。
 本指名5人でものになったのは柳田選手ひとり。育成指名6人でものになったのは千賀投手と甲斐捕手のふたり。牧原選手は保留。
 ドラフトで11人を獲得して3人ものになったら成功と言えるでしょうが、ドラフトで5人を獲得して1人しかものにならなかったらやや失敗かもしれません。
 育成を含めて評価をできたらいいのでしょうが難しいです。育成ドラフトは成功しない前提で評価してたからなあ。評価基準の変更を決断できないです。

○雑感

 相談が苦手です。口頭で相談しようとすると何を言いたいのかわからなくなります。そもそも言葉にならない。
 口頭での相談が難しい時には、メールを使う方が良いと病院でアドバイスを受けました。メールは口頭よりもまだ良いです。とりあえず言葉にはなります(笑)。
 でも、今回はそれで失敗。どうやらメールは爆弾になるようです。そんなつもりはないんだけどなあ(そんなつもりはないんですー♪)。何かやる前に、やってみるよととりあえず一報は入れるものじゃないのかなあ? 忖度とかわからないし……
 恐らく、やってみる内容を書かなかったのがいけなかったのかなあと反省しています。怖さからどうしても情報の不足が起きやすいみたい。
 今度からメールには「ここだけの話」という言葉を入れてみるかなあ? 爆弾メールにならないように気をつけようと思います。

 現在、アジアチャンピオンシップが行われていますが、今回は24歳以下(U24)と年齢層が低く、若い選手を見られるので好きな大会です。(オーバーエイジの選手も若いですし)
 韓国戦では上林選手の劇的な同点ホームランなどで勝利しましたが、日本は投手力が弱そうですね。今後かなりの底上げが必要です。
 今月末より台湾ウィンターリーグが始まります。これも若い選手を見れるので楽しみです。特にホークスは高卒2年目の選手が中心。どの程度成長しているのか注目したいと思います。

 育成出身の甲斐捕手がゴールデングラブ賞とベストナインを受賞しました。育成出身では快挙のようです。ホークスは育成出身の野手を育てたいのだろうなと感じます。
 ただし、育成出身の選手の多くは、守備がうまくても非力だったり、パワーがあっても守備が下手だったりと極端です。

 元ロッテの里崎さんが言っていましたが、プロ野球選手のオフって休んでいるわけではないらしいです。プロ野球選手の休養は、軽いトレーニング。実際に休養してしまうと翌年活躍できないみたいです。
 オフというぐらいなので、本当に休んでいるのだと思いました。自主トレ前もトレーニングを続けているのですね。プロの選手はすごいです。
 また、「休養」というアドバイスを真に受けて実際に休養してしまう選手は、発達障害(自閉症スペクトラム)の傾向があるのかもしれないなあと思いました。

 さて、婚活を続けていましたが、どうもダメっぽいことがようやくわかってきました。
 精神力が弱すぎて楽しめません。
 まず、ひとりにならないと壊れる性質が婚活に向いていない(笑)。誰かといると楽しいけど、それを続けると壊れます。心身の疲労が半端ない。その結果、うつっぽくなってしまいます。
 そして、スケジュールが埋まるとパニックになる性質が婚活に向いていない(泣)。だいぶ慣れて来ましたが、結局は過密スケジュールに耐えられないようです。パニックになると、思いやりが低下します。
 まあ、婚活どころではなくなるんですなあ。何年も続けてようやく理解できるなんてね。
 最初の方に出会った女性に別居婚を提案されたけど、この形態が一番良いのだろうなと思いました。みんなよく結婚できるなあ。
 ということで、ひとまず諦めた。完全に能力が不足しています。
 かなり悲しいけど、受け入れようと思います。
 友人関係から始めて、ストレスにならない女性がいたら考えますが、そんな都合が良い女性がいるとは思えません。まあ、諦めろということですなあ。ストレス耐性のなさやパニック癖が治るとも思えないしね。

 「人嫌いなのかなあ?」というのを最近とみに感じ始めてます。
 「ひとりが好き」というだけなんですが、理解されにくい感覚なのかもしれません。
 人恋しいという感覚がまったくありません。ひたすら、ひとりが好き。
 人と会うことによるストレスが原因だと思います。ストレスが嫌いなのでしょう。
 ひとり暮らしが長すぎて、人との共同生活の方法を忘れたのかもしれません。恐らく、実家にいたときはかなりストレスを抱えていたものの、結局慣れたのだろうと思います。耐性がついたというやつね。
 でも、家族以外の人に耐性がない(笑)。その結果、非常にストレスを感じるのだろうと思います。そのストレスが一瞬だと新鮮で楽しいのですが、継続すると苦痛になるようです。

 また、「人より数字や数式が好きなのかもなあ」というのも感じています。非常に自閉症スペクトラムらしいのかもしれませんが、感情がないもの(無機質なもの?)を好きになっちゃうんですよ。
 数字が面白いとか、数式が美しいとか、そういう感覚。
 ペットがほしいと思わないのも、感情があるものが苦手という理由かもしれません。
 数字や数式などはストレスにならないので、ひたすら新鮮で楽しいみたい。
 我ながら面倒な性格だなあ。

| | コメント (0)

2017年11月 8日 (水)

ホークスさよなら日本一

 少しずつ体力は回復していると思うのですが、疲れが取れません。精神的に疲れているのかもしれないなあ。


ソフトBサヨナラ日本一 内川9回同点弾 サファテ男気3イニングMVP

 最終戦は十分に見れませんでした。怖くて。逆転されたところで見れなくなってました。この試合を負けたら、かなりの確率で最終戦は勝てなかったのではないかと思います。
 意を決して最終回だけ見ようと思ったところ、内川選手の同点ホームラン。凄い選手ですね。そして、サファテ投手が3イニングを投げて、川島選手のさよならタイムリーヒット。劇的な日本一決定でした。

 選手層と守備以外はDeNAが勝っていたのではないかと思います。
 3戦目まで3連勝していたものの、2戦目と3戦目は薄氷の勝利。4戦目に決めきれなかったこと、攝津投手が打たれたことにより、完全にDeNA打線が勢いに乗りました。すべての打者が調子を上げてしまいました。
 さらに、DeNAにはホークス打線が苦手なチェンジアップ投手が多く、ホークス打線は沈黙していました。5戦目まででホークス打線のホームランは長谷川選手と中村選手の2本だけでした。打線だけで言えば完全にDeNAに分があります。

 そして、千賀投手の故障。6戦目の先発は東浜投手でした。絶体絶命です。松田選手のホームランで先制したものの、石川投手が打たれ逆転されて3対1。完全に窮地に立たされたと思います。
 8回に何とかピッチャーゴロの間に1点をもぎ取ります。ピッチャーゴロの処理で、砂田投手や嶺井捕手の判断に物言いがつけられていますが、これが経験の差なのかもしれません。結果的に、3対2としてもアウトカウントを増やす選択でした。

 9回。サファテ投手が登板したことで、工藤監督は勝とうとしているのだと思いました。
 その裏に内川選手の狙い撃ちホームラン。正確には狙い撃ちではないと思います。ストレートもツーシームも両方対応できるようにスイングしているはずです。
 内川選手がすごかったのは、ファールにしなかったことだと思います。完璧に振り抜くとファールになることが多いので、わざと右手を離して力を抜いているようなのです。

 サファテ投手が志願して3イニングを投げ切ります。10回表を抑えた際のサファテ投手の喜びようは初めて見たように思います。
 10回裏にフォアボール2つでツーアウト一塁二塁のチャンス。バッターは川島選手。DeNAの外野は超前進守備です。
 川島選手の打球が二塁手の柴田選手の脇を抜けて、外野に達します。そして、村松コーチがギャンブルで腕を回したようです。二塁ランナーの中村選手がホームイン。梶谷選手の返球は無情にも大きく跳ねて、嶺井捕手の頭の上を越えていきました。

 最終回の守備の問題は、嶺井捕手の位置と梶谷選手の返球だろうと思います。
 嶺井捕手はベースの前に位置取るか、ベースの真後ろに位置取る必要があったように思います。良い返球でも今回の嶺井捕手の位置ではセーフになりかねません。どういう意図があってあの位置にいたのかは、今後語られるのではないかと思うので、楽しみにしたいと思います。
 そして、梶谷選手は前進守備しているのですからノーバウンド送球の必要があったように思います。ヤフオクドームって妙に弾むところがあるんですよね。今回はそこでバウンドしてしまったように見えました。また、2戦目の送球でもクロスプレイになりましたが、梶谷選手は送球がうまくないか肩が弱いのでしょうか? ちょっと気になりました。

 CSと日本シリーズを通じてDeNAは強くなったと思います。近い将来優勝できるのではないかと思いました。
 広島と横浜が強くなるなんて、10年前は考えられなかったので、現在のドラフトは機能しているのだろうと思います。


○感想:応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱

 ようやく読み終わったのですが、難しすぎました。正直、観応の擾乱よりも難しいと思います。
 まず、人名がわかりにくい。肉親で争っているので、登場人物が似た名前です。それに坊主が活躍するので、輪をかけてわかりにくくなっているように思います。本書では、かなりの人名にふりがながふられていません。何と読むのかと調べるだけでいっぱいいっぱいになってしまいました(笑)。
 そして、長期戦の割に大きな戦いがないように思えます。防御中心みたいなんですよね。関ヶ原のように1日で終わる爽快さがありません。
 最後に、なし崩しの戦いすぎて、原因がわかりにくいです。畠山氏の家督争いらしいということはわかりました。以前の知識だと、足利将軍家の後継者争いという認識だったのですが、本書を読むに畠山氏の家督争いの方がしっくりきます。その延長線上に将軍家の後継者争いがあったと見る方が自然なのかもしれません。

 漫画があるようなので、そちらで復習しようかな? 全体の流れがまだわかっていないように思えます。

○ドラフト採点の振り返り

 ドラフトの採点をするものの、その採点が正しいのかを振り返る必要があるなあと思っています。採点するからには、採点の評価も必要だろうと。

 そうは言っても採点の評価って難しいです。特にドラフトの成否はかなり難しい。今回の振り返りでは、数字ではなく印象で行いたいと思います。従って、かなりふんわりしたものです。

 私がドラフトの採点を始めたのは2012年だと思います。2012年~2014年をふんわり振り返ろうと思います。

2012年ドラフト採点

 高評価選手は比較的正しいように思います。菅野投手と鈴木誠也選手を低評価してしまったのが残念です。

阪神86.90点田面投手と緒方選手を高評価しすぎた
楽天81.67点下妻捕手と島井選手を高評価しすぎた
日本ハム80.00点大谷選手と鍵谷投手の高評価は妥当
ソフトバンク77.38点東浜投手の高評価は妥当。笠原投手を高評価しすぎた
西武77.00点金子選手と高橋投手の高評価は妥当
DeNA76.19点三嶋投手の高評価は妥当。宮崎選手を低評価しすぎた
オリックス72.14点佐藤投手を高評価しすぎた
千葉ロッテ70.50点加藤選手を低評価しすぎた
中日69.46点若松投手の高評価は妥当
東京ヤクルト66.96点小川投手と谷内選手の高評価は妥当
巨人66.67点菅野投手を低評価、坂口選手を高評価しすぎた
広島52.67点鈴木選手を低評価しすぎた

2013年ドラフト採点

 選手個々の評価は妥当なのが多いように思いますが、球団の評価が芳しくないように思えます。どの球団もまずまずのドラフトに見えます。

オリックス89.58点吉田投手と園部選手を高評価しすぎた
楽天83.78点松井投手の高評価は妥当
中日82.62点桂捕手を高評価しすぎた
DeNA75.48点平田投手を低評価しすぎた
広島73.67点田中選手をもう少し高評価したかった
日本ハム73.06点浦野投手を高評価、高梨投手を低評価しすぎた
ヤクルト71.67点秋吉投手をもう少し高評価したかった
ロッテ71.19点井上選手を高評価しすぎた
西武70.71点山川選手をもう少し高評価したかった
阪神66.43点陽川選手を低評価、梅野捕手を高評価しすぎた
巨人64.00点田口選手をもう少し高評価したかった
ソフトバンク50.00点森投手を低評価しすぎた

2014年ドラフト採点

 中日とヤクルトを高評価しすぎています。この年はドラフトを失敗した球団が多いように思います。また、高卒の選手を評価するのは3年目なので少し早いように思います。
 広島の薮田投手は無名だったので注目できていませんでした。そのため、低評価。難しいですね。

日本ハム84.56点瀬川投手を高評価しすぎた
オリックス83.56点佐野選手と高木投手を高評価しすぎた
西武79.33点佐野投手を高評価しすぎた
中日75.22点全体的に評価が高すぎた。遠藤選手を高評価しすぎた
阪神74.67点江越選手を高評価しすぎた
ヤクルト74.11点全体的に評価が高すぎた。寺田投手を高評価しすぎた
楽天72.50点安楽投手の高評価は妥当
DeNA72.32点山崎投手と石田投手を低評価しすぎた
ソフトバンク72.00点島袋投手を高評価しすぎた
巨人71.00点高木投手を低評価しすぎた
ロッテ70.89点寺嶋捕手を高評価しすぎた
広島55.36点薮田投手を低評価しすぎた

 広島の鈴木誠也選手と薮田投手を正確に評価できていないのが残念です。スカウトはすごいですね。

○雑感

 発達障害は適応障害のひとつなのかもしれないと考えて以来、「適応障害とは何か」が気になっています。参考書を読んでみようかな?
 過集中とゾーンの違いが何か調べてみたいです。似て非なるものだと思うんですよね。過集中は疲れるけど、ゾーンは疲れにくいはず。自分の場合は多くが過集中だと思います。

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

ドラフト2017評価

 日本シリーズはDeNAが連勝でかなりまずい状況だと思います。土曜日は勝たないといけません。松田選手に当たりが出ていないので、鍵を握っているように思います。みんなちょっと気を抜きすぎですよね。ファンとしては勝ちに行ってほしいです。


●ドラフト2017評価

 2017年のドラフトを評価してみます。

オリックス83.06点田嶋投手・鈴木投手・本田投手・広沢選手を高評価
日本ハム79.64点清宮選手・西村投手・田中投手を高評価
楽天78.57点岩見選手・田中選手を高評価
ロッテ78.33点藤岡選手・菅野選手・永野投手を高評価
広島78.10点中村捕手・遠藤投手を高評価
阪神74.76点島田選手・牧投手を高評価
DeNA74.67点阪口投手・桜井投手を高評価
西武74.29点伊藤投手・平良投手・与座投手を高評価
中日68.57点鈴木投手・石川投手は中評価。山本選手を高評価
ソフトバンク63.33点中継ぎドラフトは予想外。増田選手を高評価
巨人61.94点即戦力外の危険あり。村上選手を高評価
ヤクルト61.67点2~4位を低評価

 くじを当てた3球団(日本ハム・オリックス・広島)は高得点になりました。
 明らかに良かったのはオリックスです。日本ハムも良かったと言われていますが、私は楽天のドラフトの姿勢が好きです。他には、ロッテと広島も良いように見えます。
 阪神とDeNAと西武と中日がそこそこ良い感じがします。DeNAは東投手指名がかなり良さそうです。中日の高卒ドラフトは思い切ったなと感じました。
 ソフトバンクはくじの段階で外れですね。増田選手を獲得できたので若干点数を上げていますが、最下位でもおかしくないです。
 巨人とヤクルトは意図がわかっていません。巨人は野手ドラフトですが、一歩間違うと即戦力外ドラフトになりかねません。ヤクルトは独自ドラフトすぎて評価しにくいです。

球団名小関太郎週ベyuki得津西尾せつな
ソフトバンク50点50点30点80点D50点63.33点
西武50点75点70点85点A55点74.29点
楽天50点70点55点85点A65点78.57点
オリックス90点95点100点100点AA85点83.06点
日本ハム90点100点100点100点S90点79.64点
ロッテ70点85点80点95点A80点78.33点
広島80点90点80点100点C60点78.10点
阪神70点75点75点80点B60点74.76点
DeNA80点80点85点85点AAA70点74.67点
巨人50点20点50点80点E50点61.94点
中日80点90点75点90点D80点68.57点
ヤクルト50点75点45点75点A55点61.67点

 ざっくりと比較しましたが、やはりオリックスと日本ハムの評価が高く、巨人・ヤクルト・ソフトバンクの評価が低いようです。
 私の評価では最低点が45点なので、かなり点数は高く出る感じです。
 パはBクラスの方が良く、セはAクラスの方が良かったように見えます。全体としてはパの方が良いのかな?(小関さん評価ではセの方が若干良いです)

☆参考
2017年のドラフト会議を完全採点。清宮の日本ハムは90点。最低は……。
【12球団ドラフト採点! パ・リーグ編】“ここで清宮”の日本ハムは満点。では、50点のチームは?
【12球団ドラフト採点! セ・リーグ編】広島は納得の結果。中日は待望のフレッシュドラフト!
週刊ベースボール 2017球団別ドラフト採点【セ・リーグ】
週刊ベースボール 2017球団別ドラフト採点【パ・リーグ】
12球団の指名評価(2017)
【元スカウト・得津高宏氏のドラフト診断】巨人の社会人捕手2人指名は納得できない!バランス良かった日本ハム
【ドラフト採点簿】日ハム、清宮獲りでほぼ満点! ソフトバンクは上位指名で疑問が多い
【ドラフト採点簿】中日は「最高評価」 巨人、同年代捕手2人の上位指名は理解できない!

※11/13 西尾さんの評価を追加しました


発達障害を仕事に活かす

 仕事への活かし方はよくわかりませんでした。
 発達障害を発達アンバランス症候群(凸凹症候群)としているのは良いですね。
 しかし、すべてを発達障害で説明しすぎているように感じました。トランプ大統領はADHDの性質もありますが、パーソナリティ障害の方が強いように見えます。もしくはサイコパスな印象です。
 最新の研究が網羅されているのは興味深かったです。特に、MRIやPET、SPECTなど最先端科学による脳分析が興味深いです。

 自閉症スペクトラムに薬があると書かれていることが気になりました。抗精神病薬のピモジドらしいです。薬は存在しないか、オキシトシン程度と思っていました。そして、オキシトシンは臨床試験で確認中という段階だと思っていたので、薬があるのは意外です。
 ピモジドは統合失調症の治療薬ですが、自閉症スペクトラムにも使われているのですね。他にもリスペリドンとアリピプラゾールが使われるようです。知らなかったなあ。ただし小児用らしいので、大人のための薬はないのでしょう。

発達障害って、なんだろう?

 政府広報に発達障害のページがあるんですね。子供の発達障害が対象で、大人の発達障害のページはないのかな?

秘境中国 謎の民 天頂に生きる~長江文明を築いた悲劇の民族

 長江文明に興味があるのですが、イ族は知りませんでしたし、古蜀国も知りませんでした。独自の文字も持っていたのですね。巴蜀に巴国と蜀国があったということなのかな?
 余裕があればもう少し調べたいですが、上流(巴蜀)と中流(楚)と下流(呉越)で国や民族が違っていそうです。

○雑感

 ようやくNPBのサイトからデータを直接抜き取ろうとプログラムを書き始めました。ヌルデータが閉鎖らしいので、必要に迫られてという感じです。
 SEのくせにあまり自動化とかに関心がないんですよね。これは良くないことだとは思っています。

 ダルビッシュ投手は勝てませんでしたね。日本で圧倒的な成績を残せる投手でもMLBでは打ち込まれるものですね。前田投手の中継ぎでの好投は今後に繋がりそうです。

 HSPって発達障害ではないんですよね。自閉症スペクトラムに似ているのに。発達障害に入れても良さそうに思えます。障害ではないという解釈なのでしょう。

 最近、発達障害当事者会になるべく顔を出しているのですが、そのせいでFacebookやLINEを使うようになりました。当事者会を利用する人は外向的な人が多いんでしょうね。内向的な私にとってはちょっときついかもしれないので、もう少し距離を置いて付き合おうと思います。
 人と会うとダメージを受けるようなんですよ(笑)。婚活がきつい理由も何となくわかってきました。精神力が弱すぎるようです。

 風邪をひいたので病院に行ったところ、薬を大量に処方されました(笑)。ちょっと多すぎ。
 そして、風邪薬をもらった薬局の名前が変わるようなのですが、脳梗塞の薬をもらっている薬局と同じグループになるようです。ドラッグストアだけでなく薬局もそういう時代なのですね。

 羽生棋聖が永世七冠になるかもしれません。竜王戦で2連勝。あと2勝です。今年は三冠から2個もタイトルを失っているので、ぜひ竜王となって欲しいものです。
 藤井四段をきっかけに将棋に興味が向いたのですが、面白いですね。
 藤井システムの藤井九段は「てんてー」と呼ばれていますし、佐藤天彦名人は「佐天さん」と呼ばれています。
 加藤一二三九段は知っていましたが、藤井四段が「ひふみんアイ」を行うので、普通に「ひふみん」と呼ばれているのだと知りました。(自分もひふみんと呼んでましたが)
 また、佐藤七段が豊島七段を評価して言ったという「豊島?強いよね。序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ」も面白いと思います。

| | コメント (0)

«ドラフト2017結果