2016年12月 1日 (木)

ドラフト2016総括

 三年ほど七転八倒した答えは、「頑張らない」ってことなのかもしれません。執着で頑張ろうとするし我慢しようとする性質がある。だから、頑張らないようにした方が結果的に気持ちが穏やかに過ごせそうです。
 頑張ったってどうせ1割程度しか良くならないし、その分どこかでパフォーマンスが落ちるんだから、そんなに変わらないし意味がないのかもしれません。

 そして、ADHDなんだからミスが多いのは当然。それをどうこうするのではなく、ヘラヘラして生きるしかないんだろうなあと思うようになりました。周りの人は迷惑かもしれませんが、どうやってもミスが減る気配がないからしゃあないわ。ようやく本当の意味であきらめがつくようになってきました。ギブアップ。
 ヘラヘラして生きてる方がパフォーマンスが落ちないのなら、その方が周りの人にとってもメリットではないかなあ。ある意味、アドラー心理学の『課題の分離』なのかな?

 そう言えば、アスペルガーって『課題の分離』が苦手な気がしています。理由は、他人の課題が見えないから。人の良いアスペルガーは他人の課題を自分の課題と勘違いして引き受けちゃうんだろうな。私も境界線がわからないことにようやく気づきました。当然どう動いて良いものかわかりません(笑)。
 アスペルガーグレーゾーンは中途半端にわかるので、不安になるのかもしれません。グレーゾーンは「空気」に敏感らしいですし。
 ADHDは予期不安が強いらしいです。想像力の欠如のせいでしょう。
 ADHDでアスペルガーグレーゾーンだと相当に不安が強いことになります。やっぱり私のストレスは不安のようです。不安と戦う方法を身に着けないとなあ。

 手段を色々と知った上で、頑張らずにヘラヘラ生きる。これを目標にしようと思います。結構難しいけど、チャレンジしてみます。


●ドラフト2016総括

 野球太郎が発売されました。今回の野球太郎はあまり面白くなかったかな。企画がマンネリ化しているのと、もう少し下位指名や育成の選手の情報がほしいかも。

 さて、ドラフト総括です。
 点数をつけたあと、三森選手の評価が上がっています(笑)。4位は順位が高いかなと思っていたのですが、調べてみると4位はかなり妥当ですね。

 それでは、各雑誌などの評価を集めてみました。得津さんは東スポ、菊地さんはBaseball Crixです。

週ベ太郎小関yuki得津菊地せつな
日本ハム50点70点60~69点85点BA76.56点
ソフトバンク100点95点90点100点SS87.00点
ロッテ90点80点85点85点AAAAA82.50点
西武85点95点80点90点AAS76.67点
楽天70点65点60~69点80点AAB68.89点
オリックス85点73点80点100点AA73.67点
広島70点60点60~69点80点BA66.19点
巨人50点70点60~69点75点CB65.89点
DeNA65点73点60~69点75点BAA72.56点
阪神85点55点60~69点80点DC66.67点
ヤクルト69点75点70点80点AAA73.57点
中日90点80点60~69点90点AA87.14点

 他にも評価があったと思うので、見つけたら更新します。特に、小関さんの点数は雑誌が発売されたら更新します。
 ソフトバンクはやはり点数が良い。他には、ロッテと西武は良いですね。セ・リーグでは中日とヤクルトが良い。オリックスの評価が大きく分かれています。
 私の点数は、日ハムが高すぎたのとヤクルトが低すぎたのかもしれません。他はそんなにおかしくないと思うんだけどどうかな。

 何年か前のドラフトの正誤を調査してみたいのですが、高卒がいるので5年以上は経過しないと見極めがつかないんですよね。点数と成績の相関をとればある程度は正誤がわかると思っています。成績をどうするのかというのが難しいのですが、独自指標を使用するつもりです。


他球団を引き離すのも必然か? 日本ハムとソフトバンクが磨き上げる育成システム

 この二球団は特徴的ですよね。

 量より質の日本ハム、質より量のソフトバンク。
 「高評価選手の指名」の日本ハム、「低評価選手の発掘」のソフトバンク。
 かなり対照的です。

 必然的に日本ハムはエリートが多くなり、ソフトバンクは高校生時代に甲子園大会に行けなかった選手が多くなります。大正義球団と思われるソフトバンクですが、選手は案外地味なんですよね。日本ハムの方が派手なので、テレビ局は日本ハムの方が好きだと思います。

 セ・リーグもDH制にしようという動きがあるようです。日本ハムとソフトバンクという強い二球団がパ・リーグということに危機感を持っているのかもしれません。特に巨人は危機感を強く持っていそうです。

映画「この世界の片隅に」製作プロセスの秘密

 東洋経済で『この世界の片隅に』の記事。ちょっと感動です。
 クラウドファンディングは、この記事にもあるように「サギ」っぽいところがありますよね。でも、信者なら大丈夫という。

 『マイマイ新子』の興行収入が明らかになっています。2873万8500円。少ない! それに500円単位。私が見た分も含まれているのでしょう。かなり良い映画だと思うんだけどなあ。
 『この世界の片隅に』が好きならば見て損はないと思います。監督の色がよく出ています。

 この記事にも書かれているように一部を削ったようですね。だから、機会があれば監督は完全版を作りたいそうです。完全版だともうちょっとわかりやすくなるのかもしれませんね。

| | コメント (0)

2016年11月14日 (月)

感想:この世界の片隅に

 いい加減に生きようと思ったら、寝坊してしまいました。中庸というのができないなあ。

 トランプ氏が大統領選で勝利しました。どれだけヒラリーさんは嫌われているんだよ。普通にやったらヒラリーさんが勝つでしょ? 嫌われているから負けたとしか思えません。
 イギリスのEU離脱同様に、予想外のことが起きるものです。

 文春がラブライブ声優をターゲットにしたようです。本当に狙ってたんだ。嘘だと思っていました。どうせならLiSA側を狙った方が良かったんじゃないかなあ? もしくはラブライブ声優なら三森さんあたり。

 神宮大会は高校生の部が早稲田実業と履正社の決勝になった模様。やはりこの両校が強いのね。福大大濠が強いと思っていたけど、早実はそれ以上に強かった。
 大学生の部では、ロッテドラ1の桜美林・佐々木投手が非常に良いようですね。来年はロッテが手強そうです。

 野球やサッカーで日本代表の試合が行われていますが、どちらも若い選手が頑張る必要があるように思います。
 実績や名前だけで能力が下降線の選手が多いと弱いですよね。サッカーは特にその傾向が強いと思います。
 年齢制限してもよいのではないかな? オーバーエイジは3人とかで、サッカーだと基本30歳未満にするとか。野球だと33歳未満にするとかかな?

 エントロピック重力理論という理論を知って、ちょっと調べてみたけど面白いですね。重力は見かけの力かもしれない。
 熱力学を応用すると重力の公式を導き出せるらしいです。ニュートンやアインシュタインが破られるかもしれません。(ニュートンは3回目?)
 この理論が正しいと、ダークマターやダークエネルギーはないことになるかも。その方が自然かもしれませんね。当然グラビトンもないことになるんだろうなあ。


●感想:この世界の片隅に

 パンフレットを買おうとしたら売っていませんでした。いつか買って来よう。
 クラウドファンディングに参加すればよかったなあと思ったものの、そういう企画をやっていたのを知らなかったんですよね。『マイマイ新子』のファンですし、気持ちだけ受け取って欲しいかな?

 さて、感想です。

 原作を読んでいないのですが、原作をよく再現しているんだろうなと思います。それだけ原作も出来が良いのでしょう。

 映画としてもアニメとしても素晴らしいと思います。当時を知らないから予想でしかないのですが、よく調べているし、当時をよく再現しているのではないかな? すごく空気感が出ているように感じました。アニメキャラではなく血肉のあるキャラクターになっています。
 そういう意味で、主人公のすずさんはのん(能年玲奈)さんで良かったように思います。そこにいる感じがする。

 現代の『火垂るの墓』と言って良いのではないでしょうか? 『火垂るの墓』よりは個人的に好きです。嫌な気持ちになりにくいからかな?
 テーマは「生きる」ということじゃないかなあ? 戦争映画だけど、戦争とか平和とかそういうのではなく、「生きることは幸せですよ」と言っているように思えます。

 このアニメは戦争映画です。でも、半分は戦争の雰囲気がありません。実際そうだったんでしょう。終戦1年前ぐらいから、急激に緊迫感が増します。
 疎開が始まります。防空壕が作られます。焼夷弾が落ちます。人が死にます。これが戦争なんだとわかります。

 でも、人々は日常を生きています。戦争ですが、日常を生きています。淡々と日常が描写されます。
 
 絵を描くのが好きな人は感情移入できるのかもしれません。すずさんがよく絵を描いています。たぶん無意識に描いている。それが日常なんでしょう。
 すずさんは天然という感じなので、ADD要素がありますね。ぼんやりしている。でも、力強く生きている。私もこういう生き方をしないといけないのでしょうね。

 片渕須直監督の作風は好きだなあ。丁寧で力強くて、優しい。 

 アニオタとしては、MAPPA制作なんだなあと思いました。下請けとしてマッドハウスがあるのですね。当然丸山さんが企画ということになりますね。相当高齢だと思うのですが、丸山さんはすごく働きますね。

 とりあえず見て欲しい。多くの人に見て欲しい。テレビ局には、8月にテレビで放送して欲しい。見た人には『マイマイ新子』も見て欲しい。そんなところかな?
 しんみりするけど、ちょっと元気になれる映画だと思います。


「よく諦めなかったね」――高さ数メートルの“リアル恐竜”作り続けて13年、たった6人の制作企業の思いは

 着ぐるみでこの動きはすごいですね。イベントだけでなく映画でも使われそうです。従業員6人というのがまたすごいです。

来年1月にもロケット発射 堀江貴文さん創業の開発会社 成功なら民間の日本初に

 ホリエモンはここまでたどり着いたんですね。ロケットは有望だと思います。でも、デブリの問題が大きいですよね。10年以内に相当な問題となると予想します。

| | コメント (0)

2016年11月 9日 (水)

感想:がんばらない成長論

 真砂選手がU-23でMVPらしいです。「ミギータ」と呼ばれるように、ホームランを打てるようになったのが成長でしょうね。来年は1軍で通用するかな? 上林選手と競ってほしいです。

 侍JAPANがあって、その後ウィンターリーグがあって、来年はWBCがあって、野球が終わることはなさそうです。


●感想:がんばらない成長論

 ついに心屋さんの本に手を出しました。
 ずっと迷ってたんですよね。読んでいいものかどうか。

 『がんばらない成長論』ですが、読む人を選ぶように思います。頑張っていて、うまくいっていない人が対象でしょう。
 私の場合は、頑張っても空回りしてうまくいっていないように思います。頑張ることでぼろぼろになって次の行動がうまくいかなくなります。過集中後の虚脱で心身ともにダメになる感じ。虚脱を脱出する方法を訊くために、再び病院通いを始めました。

 「根拠のない自信」を持つのが難しいですね。そもそも自信がなさすぎる。たまに思った通りになると、自信を持てる(笑)。
 自分の好きなことが明確にわかっていないから、好きなことができないのかもしれません。叩かれるほど好きなことをやっていないなあ。

 恐らく、私は人が苦手みたい。かなり苦手みたい(笑)。パーティのような集まりも苦手だし、ひとりでも平気だし、どうしたもんかな。
 やりたくないことを断るとなると、自分の場合、引きこもりになりそうなんよなあ。その恐怖がひどいです。

 『~のに』と相手を責めてしまうのはプライベートの方があるかなあ。仕事ではあまり相手に期待していないらしい。でも、プライベートでは過大に相手に期待してしまうようです。そして、やりたくないことをやった時に、相手の反応を期待してしまうみたい。

 すべては母親に行き着くというのは自分にも当てはまるかなあ。何かをやろうとした時に障壁になっています。世間体を気にする母親だったからなあ。めちゃくちゃ呪縛にかかっていますね。
 幸せを掴みたいならやりたいことだけをするべきみたいです。誰かの期待に応えてはいけない。自分の場合、たぶん呆れられる必要があるのかなあ? すごく嫌なことをやらないぐらいから始める?

 私は周囲に頼るのが下手ですね。周囲に頼る方が良いのはわかっているけど、うまく頼れないのは説明が面倒くさいからでしょう。好きでひとりでやっている感じ。頑張っているのではなく、その方が好きなんでしょう。頼るのが嫌いなのかもしれない。嫌いなことはしない方が良いけど、人を頼った方が良いらしい。どっちを選ぼう?
 嫌でなければ人を頼る方を選択するかな?

 折角ADHDなんだし、「諦める」というのと「分をわきまえる」ことかなあとも思っています。やれと言われてもできないんだもんなあ。やれと言うなよと思えてくるんですよね。
 今はがんばってもしゃーないなあという感じではいます。どっちみちできないんだもの(笑)。その分苦しくなるのなら、がんばらない方を選んでしまいそうです。
 まずは自己肯定からなのかもしれません。うまく肯定できるかな? 自己愛は強いと思うので、肯定も可能だろうとは思っています。


博多駅前で道路陥没 影響広がる

 大きな事故にならなくてよかったですよね。
 福岡にいた頃に天神の地下鉄工事で似たような事故があったと記憶しています。恐らく似た状況ではないかな? 今回も原因は地下鉄工事でしょう。規模は今回の方が大きそうです。
 復旧が急がれるのと、交通渋滞が心配です。地下鉄の開通予定は延期ではないかな?

FA獲得側に異変?!ソフトバンクの今オフFA撤退路線は正解か

 日本ハムは陽選手を放出する方針のようです。ソフトバンクもFAでの獲得は見送りそう。
 この球団の方針はかなり似ているんですよね。大きく違うのが、三軍で育てるのか一軍で育てるのか。日本ハムは数年に1回優勝すれば良い方針。ソフトバンクは毎年優勝争いしたい方針。
 どちらがいいのかはわかりません。

2012年ドラフトの高卒選手

 2012年ドラフトの高卒選手は2016年ドラフトの大卒選手の世代です。いわゆる大谷世代。藤浪世代。
 日ハムの大谷、ソフトバンクの田中という構図になったのは面白いと思います。大谷選手はポスティングで海外に移籍しそうですし、この2人の対決を楽しめるのは2年程度かもしれません。

 高卒選手の育成・成長を見る時に、私は大卒年になった際にドラフト何位で獲得したい選手なのかを考慮します。順位が上がっていれば成功、下がっていれば失敗です。
 1軍で規定投球回数や規定打席を達成していればドラフト1位、1軍戦力ならばドラフト2位、2軍でタイトルに絡む活躍ならばドラフト3位、2軍で規定投球回数や規定打席を達成していればドラフト4位、2軍戦力ならばドラフト5位程度だろうと思います。

☆投手

選手名球団名順位防御率投球回2軍防御率
大谷翔平日本ハムファイターズ1位1.86140.0
藤浪晋太郎阪神タイガース1位3.25169.0
森雄大楽天イーグルス1位5.2917.03.93
濱田達郎中日ドラゴンズ2位3.10
相内誠西武ライオンズ3位2.13
大塚尚仁楽天イーグルス3位2.22
田川賢吾ヤクルトスワローズ3位7.28
笠原大芽ソフトバンクホークス5位2.52
佐藤勇西武ライオンズ5位5.7625.04.08

 大谷投手と藤浪投手は文句なしに1位ですが、森投手と濱田投手は物足りないですね。現状は3~4位というところではないかと思います。
 笠原投手は5位指名ですが、2軍エースに成長しているので3位程度までは育成できているように思います。

☆野手

選手名球団名順位打率打席数2軍打率
大谷翔平日本ハムファイターズ1位.322382
高橋大樹広島カープ1位.226
鈴木誠也広島カープ2位.335528
北條史也阪神タイガース2位.273438
森本龍弥日本ハムファイターズ2位.238
田村龍弘ロッテマリーンズ3位.256430
辻東倫読売ジャイアンツ3位.320
武田健吾オリックス・バファローズ4位.10020.256
真砂勇介ソフトバンクホークス4位0.295
宇佐美塁大日本ハムファイターズ4位.232
溝脇隼人中日ドラゴンズ5位.256
美間優槻広島カープ5位.163
柿沢貴裕楽天イーグルス6位.286

 大谷選手と鈴木選手と田村捕手は大成功ですね。北條選手も成功かな?
 日本ハムの選手が大谷選手以外は苦戦しているように見えます。辻選手と溝脇選手と柿沢選手は育成できているように見えます。武田選手と真砂選手はまあまあかな?

“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」 動く8K映像公開(動画あり)

 実写に見えるCG分野って今後有力だろうと思います。それもおそらくVRよりもデジタルサイネージの方が面白いのではないかな?
 まだ動かすと違和感があるようですが、次第に技術も蓄積されるのではないかと思います。

| | コメント (0)

«エニアグラム・コーチング