2017年7月10日 (月)

感想:メアリと魔女の花

 福岡県と大分県の大雨は凄まじかったですね。
 大雨特別警報が発令されたわけですが、「これまでに経験したことのないような大雨」と言われてピンと来なかったものの、実際にテレビで大雨を見ると比喩ではなく「これまでに経験したことのない大雨」でした。
 迅速な避難が生死を分けたようなので、そういう事態になったら迅速に避難したいです。


●感想:メアリと魔女の花

 今回はちょっとネタバレありで感想を書こうと思います。

 米林監督の過去作『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』よりも面白かったです。

 まず、ちょっとジブリの過去作品っぽさがあるように思いました。森に入るところはトトロっぽく、エンドア大学はラピュタっぽかったように思います。
 でも、それはマイナスになっていません。いい感じで調和しています。

 一番良かったのは、異世界への入り口がしっかり明示されていたことです。宮崎アニメではありがちですが、これって重要ですね。心がざわざわする感じを演出できています。
 次に良かったのは、今回はしっかりとクライマックスをつくれていたことです。米林監督はあまりクライマックスをつくりたくないのではないかなあと思っています。しかし、今回はクライマックスで大いに盛り上げようとしています。冒険譚なのでそういう演出は必要だろうと思いますし、成功していると感じました。
 私の好みですが、最後の花をあえて使わなかったのが好きです。手持ちのコマを使い切って終わる物語が多いので、あえて使わないというのが私の琴線に触れました。

 残念だったのは、米林監督らしい演出がわからないことですね。空を飛ぶ表現は、宮﨑駿監督に負けているように感じました。今後は米林演出を生み出してほしいです。

 声優ではメアリ役の杉咲花さんの声が非常に悠木碧さんに近いように感じました。『まどか☆マギカ』の鹿目まどかっぽい感じかなあ。要するにリアル震え声です。

 観客の入りは悪いようですが、そこはジブリブランドがないせいなのでしょう。米林ブランドをつくってほしいなと強く感じました。
 過去2作よりすんなり見れますよ。


○雑感

 ホークスは首位を奪還したものの、2日天下で終わってしまいました。最近好調だった今宮選手が腰痛ということで、いつ復帰できるのか心配です。

 文春がスクープを出すためか、声優さんの結婚報道などが相次いでいます。この傾向は個人的に嬉しいのですが、文春関係なく公表してほしいんだけどどうなんでしょう?
 特に、声優同士の結婚で一方だけ公表するとか、結婚を公表したのに離婚を公表しないとか、むず痒いからやめてほしいです。都合良く公表したいのはわかるけど、納得いかないんですよ。

 発達障害の当事者会の影響を受けて、発達障害について資料を作成しています。
 しかし、相当に難しいですね。言いたいことがまとまりません。毎度思うけど、こういう作業が苦手です。
 ぼちぼち作って、いつか公表できたらいいなあと思っています。

 藤井四段は29連勝で終わってしまいましたが、その後の順位戦で打ち歩詰め反則を利用して勝つという、中学生にあるまじき強さを見せたのが驚きです。打ち歩詰めってこんなに利用できるんですね。

| | コメント (0)

2017年6月28日 (水)

藤井四段29連勝

 ドラフト結果分析で2016年の投手のデータ入力は完了しました。野手のデータ入力はいつ終わるかなあ。入力作業がかなりきついので、データを購入した方がいいのかなあと最近は考えています。


歴史塗り替えた 10代対決、圧巻の終盤

 竜王戦だから読売新聞の方が良かったりするのかな? 今回は毎日新聞にしました。
 藤井四段が29連勝です。本当に強いですね。

 前回取り上げたときが13連勝でした。あれから16連勝もしています。
 13連勝のときの自分の感想を読むと、本局(29連勝目)の感想とかなり近いですね。
 「桂馬の使い方がうまい」「角打ちがうまい」「終盤の寄せが正確」とか本局の感想かもしれない。飛車を取られても桂馬と角で勝ち切る強さ。恐ろしいと思います。

 藤井くんを追いかけて棋譜を眺めるのは楽しいのですが、たいてい投了図から詰み筋が分からず四苦八苦しています。
 プロが投了したのですから、詰み筋があるか、もしくは圧倒的な戦力差になるかなんですよね。それでもよくわからない(笑)。必死に探した素人の解説を読みつつ、1時間ぐらい考えてようやく理解できたような気がする程度です。
 これだけでもプロってすごいなあって思えてしまうんですよね。そのプロに勝つ藤井くんも半端なくすごいわけです。

 藤井くんは芦田愛菜ちゃんと同様に人生をやり直している感があるようです。完璧すぎるってことでしょうね。
 14歳なのに私よりずっとしっかり喋れてるのがすごいです。今後どこまで連勝を伸ばすのか非常に楽しみです。


バッティングの常識が変わる?フライボールを打つ技術が重視される時代が到来か

 MLBで「フライボール・レボリューション」という新しい理論が生まれているようです。センター返しよりも、ボールの下側を叩いてフライを打つ方が良いという理論らしいです。
 ボールの下側を叩くのはホームランバッターに共通する考え方ですね。ボールの下側を叩いてバックスピンをかけると、ボールが揚力で飛ぶという考え方。
 ホークスの柳田選手のコメントに、この「フライボール・レボリューション」の影響が見て取れます。
 そう言えば、柳田選手の成績が三冠王に近づいているらしいです。一番難しいのは本塁打王だと思うので、「フライボール・レボリューション」で本塁打を量産してほしいものです。

○雑感

 ようやく発達障害の集まりに参加しました。おかげでだいぶ知り合いが増えてきました。名前をあまり覚えられていないので、少しずつ覚えられたらいいなあと思います。
 発達障害者はオタクが多いんだなと分かってきました。鉄道好きがかなり多いみたいです。
 頻繁に参加するのは刺激が多すぎて疲れるので、月1回ぐらいが良いかもしれないなあと考えております。楽しいけど負担になるなあというのが率直な感想。刺激に弱いことが次第に分かってきました。
 まずは都心にある常時集まれる場所に行ってみようと思います。土日どちらがいいかなあ?

 ホークスの2013年ドラフトは大成功のようです。私は12球団最低点をつけたのですが(苦笑)。ただし、ドラ1の加治屋投手がまだ1軍で活躍できていないので、画竜点睛を欠いている状態だと思います。加治屋投手は球速があるので、活躍してもおかしくないと思っています。
 また、石川投手の活躍により、三軍についての書籍を読みたい気分が高まっています。可能ならば新書がいいかな? 「なぜソフトバンクホークスは三軍をつくったのか」「プロ野球の三軍とは何か?」みたいなタイトルだと嬉しいです。

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

感想:メッセージ

 発達障害者の集会に行ってみます。何を話すことになるんだろうなあ。どきどき。


●感想:メッセージ

 なんとなく気になったので、『メッセージ』を見てきました。原作小説『あなたの人生の物語』を読んでいません。

 発想は『正解するカド』に似ているのかなあ? ひょっとすると「正解するカド」は「あなたの人生の物語」の影響を受けているのかもしれませんね。
 そして、「正解するカド」を見れていないという。最近アニメをさほど見ていないなあ。飽きてきたのかな?

 本作はちょっとゆったりとした映画です。どったんばったん大騒ぎもありません。うまく伏線を回収した感じの映画です。
 最初のシーンで男の顔が見えないなあと思ったのですが、それが伏線でした。途中で「そういうことかあ」とわかります。

 UFOとエイリアンが出てきます。エイリアンはちょっとありきたりな造形かなあ? かつての火星人のイメージっぽいです。
 UFOの造形は「ばかうけ」からとっているとどこかで見たような気がします。こちらの造形はなかなか良い気がする。

 すごく面白いとは言えません。途中間延びしているので眠くなります。SF魂がある人でないと少し厳しいかもしれませんが、間延びを許容できる人ならば幸せなSF映画です。
 バッドエンドだけどハッピーエンドです。ここは見ればわかります。
 このあたりの感覚って「正解するカド」でも少し見たような気がするなあ。やはりインスパイア?


「天使の3P!」新キービジュアル&PV第2弾が公開 新キャラや放送日時も明らかに

 小梅が花澤香菜さんで柚葉が井口裕香さんらしい。ロウきゅーぶ声優も出てくるという前情報通りですね。残りの日笠さんと小倉さんはどこに出てくるのかな?

「うどんが主食」氏レビュー、文春告発後に全削除 「アンジャ」渡部にも飛び火

 文春は本当に全方位に攻めているなあ。ただし、文春自らが「文春砲」と言うのと、新潮をパクるのは嫌いです。
 食べログはよく利用させていただいていますが、基本的にさくらはいるものを想定しています。関係者に頼むことはあるでしょう。従って点数そのものはあてにならない。投稿数はあてになると思っています。

〇雑感

 デスパイネ選手が肉離れで長期離脱です。悲しい。内川選手もデスパイネ選手もいないし、和田投手も武田投手も千賀投手もいないで残りの交流戦はどのように戦うのでしょう? 満身創痍すぎません?(高谷捕手もいませんし)
 しかし、今年もパの方が強いですね。例年通りなんかなあ?
 特に巨人とヤクルトがなぜか弱いです。巨人は暗黒時代に突入したりしない? あまりにも自前で育成した選手が少なく見えます。(こんなことを言っていると負けそうで怖い)
 育成システムがある球団が結果的に強くなっていますね。監督やコーチの能力に頼る球団が弱くなっている印象。巨人は後者に見えます。巨人に育成システムはあるのかな?

 そういえば田村ゆかりさんが完全にアビスパファンになっています。ブログやツイッターがアビスパ一色。日常生活が充実していないと、スポーツや政治色が強くなるらしいですよ。ゆかりん調子悪いのかな?
 私は浅いギラヴァンツファンなので関係ないね。ギラヴァンツはJ3でも中位なんだけど、J2に上がるのに時間がかかりそうですね。せっかくスタジアムができたのになあ。

| | コメント (0)

«感想:BLAME!(ブラム)