« 10月の新番組 | トップページ | TBSは本気なのか? »

2004年9月10日 (金)

セ6パ5

野球界再編問題が楽しすぎます。もめにもめたあげく、セ6パ5ですか……

西武ライオンズの堤オーナーの言っていた「もうひとつの合併」はなし(というよりも、ロッテ・ダイエーの合併を考えると凍結ですな)。でも、オリックスと近鉄の合併は承認。

この問題って、素直に近鉄が球団を売却できないところに要因があるとしか思えないんですけど……。球団売却の障害として考えられるのは、以下の3点。
・30億円という多額の加盟料
・大阪ドームに近鉄が資本参加していること
・相応の売却益を求めていること

つまり近鉄は売却先に、「本拠地は大阪ドーム」で「30億+数十~数百億の資金」が必要だ、と言っているわけですよ。毎年40億(近鉄の言うことを信じるならば)の赤字を生んでいるものを売却するにしては、えらく条件が厳しいですよね。集客力と赤字の額を考えると、同じ条件ならホークスを買った方がましですわ。

パ6セ5にするなら、オリックス・近鉄の合併もなったことにしてほしいものです。近鉄がオリックスに支払う違約金の存在が、合併を推進しているのでしょうね……。このままでは数年後には、ホークスがロッテに吸収されるのは確実です。どう転んでもパ・リーグは存続できませんね。

巨人戦の魅力が年々落ちてきており、逆に若年層がパ・リーグのファンとなるケースが増えてきているため、個人的には近い将来パ・リーグがセ・リーグと同等の立場になることを期待していました。でもその前に、パ・リーグが消滅しそうですね……寂しい限りです。

パ・リーグが消滅するなら、より魅力的な構想を提示してほしいものです。1リーグ12球団3地区制が、今のところ一番魅力的に感じています。今年のプレーオフの盛り上がりを考えるに、消化試合を減らす制度を採用すべきです。1リーグでも3地区制ならば、各地区1位+ワイルドカードのプレーオフ→日本シリーズが行えます。

もうひとつの案として、セパ2リーグ各4チーム+2部リーグ制を考えました。1部リーグ勝率最下位と2部リーグ1位の入れ替えを行います。当然、Jリーグの2部リーグ制が念頭にあります。入れ替えを主張する人が多いけど、2部リーグ制を反対する人も多いですね。ドラフト制と2部リーグ制は共存できない、ということです。共存できたら画期的だなと思うんですけど、良い意見は転がってないかな? ドラフトを完全ウェーバー制(2部リーグはドラフト3位から)にして、球団の保有権(勝手に2部から1部に移籍できない)とFAの短縮を組み合わせたらどうにかなると思っているんですけど……

今週末からストライキが実施されます。ほぼ回避の可能性はないと思います。このままオーナー側が暴走するのならば、選手会主導で新リーグ構想を取りまとめて新リーグに移行するしかないでしょうね。新リーグへの移行に際して、選手会には年俸の削減を要求したいです。野球界にもバブル崩壊の時期がきたということです。(現行リーグが存続するにしても、今回のストライキが年俸削減の材料になることを期待してたり……)

なんだかんだで試合そのものよりも面白いかもしれない再編問題。ファンにとって良い方向に向かうことを望みつつ、今日はこれで。プレーオフを素直に楽しみたかったのに、タイミング最悪だよ……

|

« 10月の新番組 | トップページ | TBSは本気なのか? »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/1401800

この記事へのトラックバック一覧です: セ6パ5:

« 10月の新番組 | トップページ | TBSは本気なのか? »