« 声優ソング | トップページ | オブジェクト指向による「萌え」解説 »

2005年12月29日 (木)

アニメ化されるライトノベル

 ちょっと! なんでこんなにライトノベルがアニメ化されるの?(参照
 ライトノベル好きとしても、新作アニメの1割がライトノベル原作?という状況は異常。よく言われるのが「ブギーポップは笑わない」で注目されるようになったということだけど、実際はアニメの数が多すぎてネタが不足しているだけって気がします。

 「ライトノベル完全読本vol.3」と「このライトノベルがすごい!2006」が売られていますが、今回は「このライトノベルがすごい!」の方がいいかな? 「ライトノベル完全読本vol.3」は対象年齢が高すぎると思います。単純に売れたライトノベルよりも最も旬なライトノベルを知りたいんですよね。
 最近は読書量が極端に少ないのであまり読めてないんですが、今年の注目は「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」と「わたしたちの田村くん」ぐらいかなーと思います。

 アニメ化の話題に戻って。小説のアニメ化ってすごく難しいはずです。小説だとどうしても地味なんですよ。それに、動かすことを考慮していないので、動かすとセリフに無理があったりするんですよね。やはり、富士見書房の手法のように、1度漫画に翻訳する作業が必要だと思います。漫画からアニメへの翻訳は慣れているでしょうから、まだ安全だと思います。(原作クラッシャーと言われる監督や制作会社もありますが)

 アニメ業界に食われるだけでなく、漫画のようにアニメ業界を食っていって、ライトノベル業界がさらに成長していくようになってほしいですね。そういう面を来年は注目しています。

|

« 声優ソング | トップページ | オブジェクト指向による「萌え」解説 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/7884706

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ化されるライトノベル:

« 声優ソング | トップページ | オブジェクト指向による「萌え」解説 »