« 新時代の展望 | トップページ | WBC優勝 »

2006年1月30日 (月)

ソフト開発の組織論

 以前から、ソフト開発はアニメ制作に似ていると考えています。
 オブジェクト指向により、その傾向が強まったのではないかと思います。
 ソフト開発ではプロジェクトを推進する際にチームを組むのですが、そのチーム構成に納得がいっていません。大抵、機能ごとにメンバーを配置するからです。アニメ制作の作画監督にあたるメンバーが必要ではないかな?と思うのです。
 具体的に、アニメ制作をソフト開発に当てはめると以下のようになります。
 ・「プロデューサー」→「プロジェクトマネージャー」
 ・「監督(ディレクター)」→「プロジェクトリーダー」
 ・「シナリオライター」→「要求仕様書作成担当者」
 ・「演出」→「シーケンス作成担当者」
 ・「絵コンテ」→「ITアーキテクト/全体設計」
 ・「キャラクターデザイン」→「データベース/クラス作成担当者」
 ・「作画監督」→「チーフプログラマー」
 ・「アニメーター」→「プログラマー」
 ・「制作進行」→「ドキュメント管理者」

 『人月の神話』では、ハーラン・ミルズの案が掲載されています。
 ・執刀医:チーフプログラマ
 ・副執刀医:執刀医の補佐
 ・管理者:調整役
 ・編集者:文書作成
 ・秘書:管理者と編集者の補佐
 ・プログラム事務係り:メンテナンス
 ・ツール製作者
 ・テスト担当者
 ・言語エキスパート

 日本ではこの構成は無理でしょう。それは、機能ごとの担当プログラマがいないからです。
 しかし、アニメ制作のメンバー配置だと機能ごとにプログラマーを配置できます。日本のソフト開発には、アニメ制作の方式があっているのでないかと思います。
 演出(シーケンス)と絵コンテ(全体設計)はひとりでこなせますし、キャラクターデザイン(データ設計担当者)と作画監督(チーフプログラマー)もひとりでこなせます。作画監督(チーフプログラマー)がいるので作画(プログラム品質)は維持されますし、規模が大きくなれば総作画監督や助監督を置くことで対処できます。

 何より毎週30分間のアニメ番組を放送するのですから、テスト期間が短いとはいえ制作が決定したあとは2ヶ月程度で作成していることになります。(作画は1ヶ月ローテーションと聞いたことがある)これだけ実績がある組織体制なのですから、十分にソフト制作に展開できるのではないかと考えます。

 将来、このような組織運用方法を模索していけたらいいな。

|

« 新時代の展望 | トップページ | WBC優勝 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/8422189

この記事へのトラックバック一覧です: ソフト開発の組織論:

« 新時代の展望 | トップページ | WBC優勝 »