« 古代史について | トップページ | TRPGの影響力 »

2006年1月16日 (月)

テヅカ・イズ・デッドについて

 自分の読み込み方が足りないんだけど、「キャラ⇔キャラクター」と「うさぎのおばけ⇔まんがのおばけ」の違いがわからない。ともに、「ファンタジー⇔リアリティ」ということではないのかな? それを表層部分と深層部分で分けただけのように感じます。

 伊藤さんも紛らわしい言葉じゃなくて、もっとかちっとした言葉を使えばよかったのに。この「テヅカ・イズ・デッド」の書き方では、自分も含めて多くの人が誤った解釈していると思います。

 自分は、外見・心理・生活の3つに「ファンタジー⇔リアリティ」の軸があると思うので、2つの軸で論理展開することに違和感があります。外見は「うさぎのおばけ⇔まんがのおばけ」、生活は「キャラ⇔キャラクター」なのは理解できるですが、心理がどちらに含まれるのか分かりません。そして、少女漫画を十分にフォローできなかった原因はここにあるのではないかと思います。

|

« 古代史について | トップページ | TRPGの影響力 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/8183205

この記事へのトラックバック一覧です: テヅカ・イズ・デッドについて:

« 古代史について | トップページ | TRPGの影響力 »