« オブジェクト指向による「萌え」解説 | トップページ | テヅカ・イズ・デッドについて »

2006年1月13日 (金)

古代史について

ここ2~3年ほど古代史関連の本を読んでいて、漠然と想像できたことをメモしておきます。

・アマテラス=ヒミコ+トヨ
・神功=トヨ
・神功と継体はともに息長系
・葛城系と息長系は、天智系と天武系のような関係か
・任那は現在の米軍基地のような存在
・百済と倭は軍事同盟を結んでいた
・帰化人(渡来人)は、貴族・学者・職人などが畿内に、難民は東国に配置された
・新羅が朝鮮半島を統一して難民が発生した状況は、太平洋戦争終戦後の状況と似ているのかもしれない。

|

« オブジェクト指向による「萌え」解説 | トップページ | テヅカ・イズ・デッドについて »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/8136365

この記事へのトラックバック一覧です: 古代史について:

« オブジェクト指向による「萌え」解説 | トップページ | テヅカ・イズ・デッドについて »