« 日本の近代と戦争 | トップページ | YouTubeの影響 »

2006年9月22日 (金)

海外のアニメファンの影響

米国でのANIME人気を受けて、日本の業界も何か変わりましたか

ジャパニメーションともてはやされて、一時期アニメに資金が流入しましたが、それも一段落したと思ってます。

そもそも海外のアニメファン向けにアニメを作ったところで、日本のアニメファンに受け入れられなければヒットしないのです。

アニメの収支って、TV放映と日本でのDVDやCDの売り上げでトントンまでもっていって、グッズやCS、ネット放送などの+αで利益に結びつけてるみたいなんですよね。その+αの部分に海外のアニメ放映やDVD販売が加わったわけです。だから、海外のDVDの方が日本のDVDよりも安いらしいんですよ。

海外向けアニメを作ってほしいならば、DVDは高くなるけどいい?という話なんです。

今でも高いと言われているらしいので、海外のアニメファンには+αに甘んじていただくしかないと思います。そもそも、日本で売れないアニメに興味はないと思うんだよね。

|

« 日本の近代と戦争 | トップページ | YouTubeの影響 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

 行き着く先は、宮崎駿監督の千と千尋の神隠しのときのインタビューコメント「海外の人に浮けいられることはうれしい。だけど、この作品はあくまでも日本の子供に喜んでもらうことを目標としているんだ。」に尽きるんだろうな。

投稿: ふくいけいじ | 2006年9月26日 (火) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/11990604

この記事へのトラックバック一覧です: 海外のアニメファンの影響:

« 日本の近代と戦争 | トップページ | YouTubeの影響 »