« YouTubeの影響 | トップページ | 萌えアニメについて »

2006年9月23日 (土)

アメリカのアニメバブルがはじけた件について

『桜蘭高校ホスト部』が未だにUSデビューの予定がないのですが

某2ちゃんねるの実況板ではホークスファンの一部が藤岡選手のことをハルヒと呼んでます。

そんなことはさておき、アメリカのアニメバブルがはじけたと言われてたのは、去年の年末ぐらいでしたかね。(参考

「桜蘭高校ホスト部」がまだアメリカでDVD化されていないのは、そう悲観することではないと思います。

アニメバブルによって、玉石混交のアニメのうち玉も石もDVD化されていたのでしょう。今後は選択や選別がなされて、売れそうなアニメのみがDVD化されるのだと思います。一部アニメはアニメソフト会社の提携関係などで優先的にDVD化されるかもしれませんが、それも次第に売れるアニメがDVD化されていく流れになると思います。(微妙なアニメが好きな人にとっては残念な状況かもしれませんね)

現在のアメリカは少年漫画アニメが強いようですが、「フルーツバスケット」の売れ方を見るに、今後はドイツ並みに少女漫画アニメも売れるようになると思います。

「彼氏彼女の事情」「フルーツバスケット」「桜蘭高校ホスト部」などの白泉社系学園もの少女漫画専門のレーベルや、「セーラームーン」「カードキャプターさくら」などの講談社系戦闘美少女少女漫画専門レーベル、「ふしぎ遊戯」「快感フレーズ」などの小学館エロ系少女漫画レーベル(小学館の少女漫画はアニメに弱いね)というような感じで専門レーベル化してもよいのではないでしょうか?

アメリカのアニメファンはむしろ増えていて、ブームに乗ったアニメファンのDVD購入熱が冷めてしまっただけだと思うので、何かのきっかけで売れるようになる可能性が高いと思いますよ。

|

« YouTubeの影響 | トップページ | 萌えアニメについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/12004162

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのアニメバブルがはじけた件について:

« YouTubeの影響 | トップページ | 萌えアニメについて »