« 海外のアニメファンの影響 | トップページ | アメリカのアニメバブルがはじけた件について »

2006年9月22日 (金)

YouTubeの影響

YouTubeがANIME市場に及ぼす影響について

「涼宮ハルヒの憂鬱」の大ヒットはYouTubeのおかげみたいですよ。

U局でしか放送できないアニメにとっては、YouTubeはただで放送してくれる放送局みたいなものだと思います。

テレビアニメなんて番組自体がCMと言われるぐらいですから、ただで放送してくれるYouTubeは大歓迎だと思います。困っているのは枠を用意した放送局でしょう。

元々同人誌などのパロディが盛んですし、結果的にDVDが売れたらよいわけで、アニメ業界は目くじらを立てないと思います。

それに、Web2.0が流行して、ようやくマルチメディアコンテンツにXMLのラベル(RSSとか)がふられましたし、文章、画像、音声、音楽、映像の引用は今後ますます盛んになると思います。(Web2.0と著作権とか版権とか特許って相容れない関係だよなあ)

すでに動き始めているところもありますが、放送局の方が何らかの対策を必要とすることになるでしょうね。

|

« 海外のアニメファンの影響 | トップページ | アメリカのアニメバブルがはじけた件について »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/11990680

この記事へのトラックバック一覧です: YouTubeの影響:

« 海外のアニメファンの影響 | トップページ | アメリカのアニメバブルがはじけた件について »