« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

作画の すごい バトルシーン

バトルシーンが凄いアニメ教えてくれ

ノエインのアクションは見てなかったし、知らないアニメが結構あるなぁ。

自分が最近見た中では、NARUTOがガチですごかったです。笑ってしまうアクションシーンというのが結構あったように思います。今の作画はちょっと落ち着いていますが、大蛇丸やサスケがらみの話だと急にクオリティがあがりそうだから注意が必要かな? そこそこ布教活動をしてたんですけど、身の回りのアニオタで見てたのはそんなに多くない気が……。松本憲生さんというアニメーターはチェックしてなかったので、チェックに入れるようにしよう。(ぬるいなー。そういえば、すごいアニメーターはなぜかフルネームで呼ばれるよね)

また、エアマスターもいい動きしてたと思います。萌えよりも燃えの方が好きだからでしょうけど、プリキュアより好きでした。(無印プリキュアのOPは好きです)

映画はクレヨンしんちゃんですね。無駄に動く。これぞアニメの醍醐味って感じです。

メカだと、マクロスマクロスプラスは文句なくすごいです(マクロスゼロは見ていません)。納豆ミサイル(正式名称って何?)は、画面の手前から奥に進むよりも、カメラが回り込んでミサイルをなめたり、奥から手前に向かってきたりの方が断然かっこいいと思います。

カウボーイビバップも地味に見えるけど動きがすごいですよね。アニメ的な過剰な表現でなく丁寧にアクションを見せるって、相当大変なはずなんだよな~。エウレカの動きもすごいし、今やってる妖奇士も大変なことをやってるなぁと思います。

でも、作画レベルが高いからといってヒットするとは限らないのが面白いところ。作画、演出、背景、声優など様々な要素がうまく噛み合わないとヒットは難しいのでしょう。(メダロット無印やるろうに剣心の追憶編も作画・演出ともにレベルが高いように思うけど、ヒットはしてないと思う)

といっても、作画的に最低レベルはあるんじゃないかなー? アニメ業界のリソースは限られているし、アニメで重要なのはクオリティコントロールなんじゃない? 演出がすぐれているアニメーターは、止め絵とバンクの使い方が上手ですし、京都アニメーションがすごいのは、クオリティコントロールがすぐれているのだと思います。野球のピッチングと同じで、映像は緩急が重要ですよね。(スイカに塩理論とも言う)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年10月30日 (月)

天才あらわる

姉ちゃんの自作詩集発見した

>>1の姉が天才すぎ。さらすのはよくないんだけど、ここまで笑えたのは久々なので紹介。最近の漫画でいうと、デトロイト・メタル・シティ以上のクオリティかもしれないです。また、>>1の引き際も見事でした。よい姉弟だねぇ。(参考:姉まとめ

ジャンプのロゴを70度回転させると少女の横顔に見えてくるスレは「二次元裏@ふたば」が元ネタっぽいけど、>>1の姉のセンスの前にはかすんで見えるよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

電子書籍について調べてみる

北海道日本ハムファイターズ、日本一おめでとうございます! 新庄さんおつかれさまです。
来年こそは我らがホークスが優勝するぞ!

では、本題。
最近、電子書籍市場が何やらにぎやかです。本ってかさばるし重いので圧縮したい願望はあるのですが、紙媒体への思い入れが抜けないんですよね。しかし、質のよい電子書籍が出現しているようなので、この2~3年のうちに電子書籍の人気に火がつきそうな予感がしています。

そこで、まだ電子書籍に触れたことがないので、多少調べてみようと思います。

まずは、ハードについてです。
この記事によると、松下とソニーの携帯端末があるようです。

ΣBook
松下の携帯端末で、電子媒体の本というスタンスです。値段が高いのとディスプレイの性能がいまいちみたいなので、カラー表示ができる2万円程度の機種が発売されるといいですね。Words Gearに期待したいです。

LIBRIé
ソニーの携帯端末で、テキストビューワーというスタンスです。電子ブックというのはソニーの商標みたいですが、本を閲覧するときは貸本形式になるようです。辞書やニュースや画像の閲覧が主体なのかもしれません。

また、この記事によると、携帯電話市場の方が現在は隆盛のようですね。

○携帯電話(パピレス
待ち受け画面、着メロ、着うたのような感じですね。画面が小さいのがいまいちですが、Deep Loveなど携帯小説が成功したように、携帯メールに馴染んだ人にとっては魅力的でしょう。

他にも、以下のようなハードがあります。

○PDA(Space Townブックス
ザウルスなどではかなり古くからあるようですね。携帯電話に市場を奪われてあまり普及しなかったせいで、電子書籍市場も活発ではないように見えます。電子書籍としては画面も大きいしカラーだしで文句ないんですけどね。

○NINTENDO DS(DS電撃文庫
2画面というDSのメリットを生かしてますね。ラノベオタ向けですが、下敷きにはサウンドノベルがあるのでしょう。イラストが大きいのが嬉しいです。横書き形式で表示できたら一層エロゲ感が出ますね。イリヤはぱんつはいてないのかな?

次に、ソフトについてです。
この特集によると、次のようなフォーマット形式があるようです。

Adobe PDF/keyring PDF
アドビシステムズ社のフォーマット形式で、Adobe Readerで閲覧できます。(Adobe eBook形式はkeyring PDF形式に移行したようです)

XMDF
シャープ社のフォーマット形式で、PDAや携帯電話で閲覧できます。

EBI.J
イーブックイニシアティブジャパン社のフォーマット形式で、ΣBookで閲覧できるファイル形式です。(ebi.BookReader3Jにバージョンアップされているのに、ebi.JbookReader version2.0でしかSDカードに書き込めない模様)

TTZ
ボイジャー社のフォーマット形式で、PDAの他にiPodやPSPでも閲覧できるらしいです。また、無償で使用できるのがうれしいですね。

ドットブック
ボイジャー社のフォーマット形式で、PDAやΣBookで閲覧できます。漫画に適したフォーマット形式のようですね。

最後に。
Words GearとNINTENDO DSはカラー大画面というのが魅力ですね。個人的にはフォーマットは無償にして、スクリプトで同人ゲームを作成できる(簡単なアニメーションも可能)ようなフォーマット形式があれば、同人ゲームが大量に生まれてハードの展開に弾みがつくのではないかと思います。また、iPodのヒットの一因としてiTunesの使い勝手のよさが考えられるので、同様に専用ソフトの使い勝手がよいことが今後の普及の鍵となるのではないかと考えています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

2ちゃんねるを2.0にすると?

2ちゃんねるってWeb1.0の技術で作られていると思うんだけど、やってることはWeb2.0だよね。だから、技術的にも2.0にしたものを用意すれば、2ちゃんねるまではいかないまでも、Yahooの掲示板程度なら人気を獲得できるんじゃないかな?(最近の2ちゃんねるでは佐賀県が人気みたいですね。以前の埼玉県の人気を超えられるかな?)

2ちゃんねるの強みと弱みは次のような感じでしょうか。

2ちゃんねるの強み
・誰でも書き込める
・誰でも読める
・匿名性が高い
・話題ごとにカテゴリと板が分かれている
・スレッドをageることができる

2ちゃんねるの弱み
・荒らしの対応に苦慮している
・糞スレの対応に苦慮している
・検索機能が弱い
・あぼーん対応が遅い

自分の目指したい方向性は、2ちゃんねるとmixiの折衷な感じです。

まずは、スレッドとレスにRSSを用意して、RSSリーダーで読めるようにするのがいいんじゃないかと思います。ブログの記事がスレッドタイトルとか>>1さんのコメントになって、ブログのコメントがレスになります。スレッドが板を複数選択することも可能ですし、レスをあぼーんするのも楽になるんじゃないかな? また、検索も楽になるように思います。

次に、糞スレ対策として、個人情報を登録してIDを保有しないとスレッドを立てられないようにします。(2ちゃんねるは有料で●を保有できるみたいだけど、無料で個人情報の登録にした方がいいと思う)

ただし、この対策で糞スレがなくなるわけではないので、スレッドを的確にdat落ちするための仕組みが必要でしょうね。(複数の板を選択できる場合は、板とスレッドを切り離せばいいのかな?)

トラックバックは、>>1さんだけが他のスレッドに対して使用できるようにしてもいいと思います。

そして、荒らし対策として、>>1さんの権限を強化するのがいいと思っています。IDを保有している>>1さんがパソコン通信時代のシスオペの役割を果たしてもらう感じで、スレッド内のレスをあぼーんできるようにすれば、コントロールは可能かもしれません。また、「ID保有者しか書き込めないスレッドにすることができる」「特定のID保有者を排除できる」「特定の文字列を書込み禁止にできる」「sageない書き込みを排除できる」「書き込み時刻を制限できる」など、制限を細かく指定できたらいいですね。

>>1さんの権限が強いので、>>1さんがスレッドの管理を放棄したときが問題となります。そういうスレッドをdat落ちできたらいいのですが、何かいい方法はないですかね?

思いつくのは、mixiのコミュニティのようにID保有者が板を登録して、その板を監視できるようにすることなんだけど、ペナルティの内容とかペナルティを与える規準とかが難しそうです。最終ペナルティは警告メールの送付やIDの破棄でしょうけどね。

2ちゃんねるはだんだんレベルが低下している(良スレ率が下がっている)と思うので、代替の開かれた掲示板が生まれないかなーと思っている次第です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

コドモアニメ

USAで『デジモン』人気が再燃する見込みは

そもそも、デジモンってアメリカで人気があったのかな? 映画が上映されたから、おそらくポケモンの後追いで人気があったのでしょう。でも、その映画が問題なんですよ。「ぼくらのウォーゲーム」を改変するなー!

自分にとって、デジモンは細田守とタケルです。
(ショタキャラを「○○きゅん」と言うのはどのキャラからだろう? ブリジットたんは違うし、秋巳きゅんから? タケルきゅんの頃は使ってなかった気がする……あぁ、小西寛子はもったいないなー)

極論すると、デジモンは映画第1作目の「デジモンアドベンチャー」とデジモンアドベンチャー21話「コロモン東京大激突!」と映画第2作目の「ぼくらのウォーゲーム!」だけを見ればよいです。(参考

でさー。テレビ版はなんでばら売りしてくれないんだろ? 21話だけがほしいのに、DVD-BOXとか……

デジモンの宣伝に、YouTubeを利用して21話を掲載してみよう! ジョンさんがmatureと言う意味が分かると思います。おそらく、matureって「大きなお友達向け」って意味だよね。

Digimon Adventure Episode 21 Part 1/3

Digimon Adventure Episode 21 Part 2/3

Digimon Adventure Episode 21 Part 3/3

何度見てもエロいなぁ。これぞ萌えアニメ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜかロケットガールが熱いらしい

ロケット・ガールがようやくアニメ化です。最初に告知があったのは、ストラトス・フォーの放送よりも前だったような……。ロケット・ガールはライトノベルで、最初はストラトス・フォーのキャラクターデザイン・作画監督の山内則康さんがイラストを描いていたという、ちょっと複雑な関係です。間違っても、ストラトス・フォーのパクリじゃないよ。(ところで、星虫はいつアニメ化するのかな?)

小説のキャラクターデザインがむっちりむぅにぃさんに変わって、アニメのキャラクターデザインもだいぶ雰囲気が違うかな?(山内さんのキャラはえっちぃ感じがした) あとは声優さんがどういう感じになるのかに注目したいですね。

そんなロケガですが、文部科学省が意味が分からない企画をやってます。なんで女子大生が講師で、女子高生に教えるのさ? これはスールとかエトワールとかエルダーとか、そんな名前でペアを組むんですかね?

ロケガは有人飛行だから規模が違うけど、この企画ってロケット好きな女子高生にはたまらない企画かもしれないよね。成功したときは、いい企画だったねと評価されることでしょう。(でも、なんで女子高生限定? ロケガは宇宙飛行士が重量の関係で女子高生なんだけどなぁ)


来年は、おそらくキミキスがブレイクすると思うけど(あくまでも予想。アイドルマスターはこけそうな予感)、ロケット・ガールも案外期待できそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Web2.0について考えてみる

Web2.0とは、従来のWWWにおけるサービスやユーザ体験を超えて次第に台頭しつつある新しいウェブのあり方に関する総称である──このように、Web 2.0の定義はひどく曖昧です。

ブログ、Wikipedia、Googleマップ、YouTubeが、おそらくWeb2.0の代表でしょう。これらのコンテンツに共通する要素は何か、ちょっと考えてみることにします。

私は、Web2.0とは「XMLを使用した技術」と「表示とデータの分離」だと思っています。「XMLを使用した技術」はブログのトラックバックやRSSリーダーやポッドキャスト、「表示とデータの分離」はAjaxRuby on Railsがよく知られていると思います。

XMLとは、文書やデータの意味や構造を記述するためのマークアップ言語の一つ──といっても本質が分からないので、簡単に言うと「文字で書かれたデータベース」です。つまり、Web2.0では「ネットワーク上のデータベースを使用した技術」を使用しているのです。

データベースなので、XMLを使用すると「検索」「追加」「変更」「削除」が容易に行えます。データベースでないと、「検索」ではヒットしにくくなりますし、「変更」や「削除」では管理が難しくなります。そのため、Web1.5でのデータ管理でも、内部ではデータベースを利用していると思います。Web2.0では、末端のユーザーが「追加」「変更」を行って、データベース全体を作り上げていくという思想が強いみたいです。(Wikipediaが分かりやすいですね)

ネットワーク上のデータベースとしての最大のメリットは、XMLを送受信できることにあります。自分は詳しいことは分かってませんが、RSSAtomなどのXMLには、データの内容とデータの場所(URI)が記述されるようです。つまり、XMLを受信さえすれば、他のコンテンツでも同じデータを利用できるようになります。(この部分だけを活用すると、RSSリーダーになるみたい)

また、GUIプログラミングでオブジェクトの配置方法にMVCモデルというのがあって、おそらくその派生だと思うのですが、表示とデータを分離すると非同期にデータやデザインを変更することができます。(MVCは「データは頻繁に変わる」「表示だけを独立して変えたい」という状況から発生したモデルなんだろうな)

表示とデータの分離をXMLと組み合わせると、ユーザーが操作することなく、表示を更新できるようになります。例えば、「あるブログの最新の記事のタイトルを表示する」というデザインにしておくと、定期的にそのブログを監視して、記事が追加されると記事のタイトルを更新してくれるわけです。

おそらく、mixiの技術のベースはこういう部分じゃないかな? 紹介制度はねずみ講っぽくてどうも気味が悪いんだよなぁ。誰でも会員になれて、公開範囲をユーザーが決めるようにすればいいのに。

次のWeb2.0的展開を考えてみるに──YouTubeの派生としてFlashアニメやFlashゲームの公募とか、Googleのやっているネットワークを利用したWordやExcelとか、RSSリーダーをWeb上に置くとか、メールのデータをネットワーク上に残してRSSリーダーで読み取るとか、漫画をコマのデータと絵のデータと文字のデータを分けて管理するとか──どこかで見たことのあることしか思いつかないorz 多分、Googleマップのように予想外の組み合わせを発見する人が出てくるんだろうな。

文字→画像→音楽→映像と移行していったから、マルチメディア展開はそろそろ完了します。あとは、予想外の動きをしたところが勝つでしょう。(Googleが最有力ですね)データはネットワーク上において、ブラウザでXMLファイルを読み取るという流れになるはずだけど、セキュリティ管理の視点からは逆行しているんだよね。セキュリティに強いXMLってあるのかなー?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

秋アニメの評価

某アニメショップで営業さんが「時をかける少女」のことを話していたので(店内で普通に話すんだねぇ)、ついつい口を出してしまったorz すべての上映が終わったあとにDVDを出す予定──みたいな話でした。「涼宮ハルヒの憂鬱」のように瞬殺の可能性もあるし(むしろ、瞬殺するように売るべき)、予約した方がいいのかな?

では、本題。といっても、十分に見れてないので、コメントなどで補足予定。

今月スタートのANIME新番組で米国でイケそうなものは

……ジョンさんの方がちゃんと見てるよ。マジですごい。

個人的には、「すもももももも」と「くじびきアンバランス」のノリがすごーく好きです。女性向けでは、「金色のコルダ」と「少年陰陽師」がいい感じ。また、「Pumpkin Scissors」がGONZOなのに原作を壊してないです(最終兵器彼女以来かな? すごく地味なんですが)。あとは、「武装錬金」が結構よさそうなので、継続視聴予定です。……実は「DEATH NOTE」を見れてない。あと、「BLACK LAGOON」と「地獄少女」は安牌みたいですが、まだ見てません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

腐女子的な志向について

本題に入る前に、有坂美香さんのベストアルバムが出るらしいです。ずっと待っていたのでうれしい。


さて、本題。

腐ってる感覚は多少持っているんで少しは理解できるけど、その先にあるものが理解できないというか、妄想を拒絶しちゃうみたいです。おそらく、自分が考えるカップリングは、多くの腐女子にとって攻めと受けが逆なんですよ。

そこで、ちょっと勉強。

腐女子マンガ夜話(第1夜)(第2夜)(第3夜)を読んでみました。


○妄想少女オタク系
腐女子の思考が丁寧に描かれていて、笑えるし萌えられます。男子がじゃれあってると思わず801妄想したくなるのは理解できるし、カップリングも説明してくれたらわかるんだよ。なんというか…過激なヤオイじゃなくてよかったです。(……って、そういうのって「せつな系」って言うの? なんで? 切なさ炸裂? 刹那主義? 自分のハンドルネーミングと同じような理由?)ただ……ちょっと腐女子に都合がよすぎない? といっても、普通の少女漫画と同じぐらいの都合よさかもなー?

○げんしけん
げんしけんはオタクサークルの良い面を強調している漫画だし、男性キャラ中心の話が多いから、女性キャラの立ち位置を気にしたことがなかったよ。大野さんとか女性の目から見るとアレなんだなぁ。はっきりと言葉にされるとわかりますね。でも、それって同属嫌悪な気がするんだけど……オタクの敵はオタク、女性の敵は女性という感じですね(それも含めて嫌なんだろう)。斑目が受けなのも理解できる(斑目はげんしけんの最萌えキャラってのは、平野耕太も描いてた)けど、笹原が攻めなのが理解できてないんよね。笹原も受けキャラに見える。ここが妄想のしどころなんだろうなぁ。

○辣韮の皮
滝沢やちゃみぃと好きなものがかぶるとちょっとショックというのは良く分かります。自分はぬるいから、基本的に痛いんですよ、この漫画。そして、これの腐女子ネタは「へ~」って感じなんだよね。自分にとってはトリビア。客観的に眺められるからそうなるのかな?(創作がパロやりつくした人が行き着くところって、解説がないとわかんね)


結局、腐女子的な志向って解説がないとよくわかんないです。妄想力が足りんのかなぁ? たとえば、受けの妄想はできるんだけど、オフィシャル設定がないと攻めの妄想ができないんだよなー。攻めの妄想がうれしくないみたい。攻めキャラは女の子の方がいいや。(結局、拒絶してるなあ)


ついでに「ドージンワーク」というのを買ってみたら、表紙からすると腐女子っぽいのに、ロリ+ぱんつ(ブルマ?)ものだった。しかも、かなり面白い。ありえないけど面白い。アニメ化するまでがんばれー。


801における女体化の位置づけ

ついでに、ニョタ。腐女子にとってニョタって邪道じゃね?と思ってるんですが。そもそも、女性を出したらいろいろと痛いんだと思うんだよ。女性を出さないためにヤオイがあるんだし、女性上位で描ける人じゃないと男女の関係を描いちゃうのは痛みを伴うんじゃないかな? そもそも、やおい穴って痛いんだろうか? 気持ちいいだけじゃね? 痛いといっても気持ちいい程度の痛さっしょ──とか妄想してみたり。ヤオイ本をほとんど読んでないので、よく分かりません。どっちなんだろう?

他に、ふたなりとかTSとかのジャンルが一応あって、ふたなりはショタと変わんないし、TSはニョタと変わんない気もするんだよなー。自分は攻めキャラがニョタ化する方が好きな気がします。(そのまま攻めでも、受けに回っても楽しめる)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

今、マリみて論がおもしろい!

たぶん、マリみて論の流れは以下のようになっているんだと思います。

百合少女はやおいを夢みるか
マリみてはいわゆる百合じゃない!
「マリみて」から、百合をもう一度考える。
いやいや、マリみてで描かれているのはまさに恋愛感情でしょう。
いやいや、マリみてで描かれているのは疑似恋愛でしょう。
マリみて論その後

「マリみては後発の百合作品とは違う」──おそらく、この点は共通認識なんだと思います。「恋愛感情がないから」という理由が提示されて、「マリみてに恋愛感情はあるのか?」について論議されているのが現状みたいですね。


まず、後発の百合作品ってなんだろう? ストパニ? 神無月の巫女? ヤミ帽? 少女セクト? …百合に詳しくないから想定できてない。そこで、Wikipediaに頼ると、こんな感じみたいです。(ガールズラブって言うんだ。BLの対義語になるのかな?)

マリみて後の百合作品は、マリみてより恋愛感情が強いのかなー? 後発の百合作品では「攻めキャラ」と「受けキャラ」がはっきりしている印象があります。マリみてはスールの関係だから、「攻め受け」は読者が自由に妄想していいんですよね。原作には恋愛感情があるとははっきり書かれていないので、恋愛感情があるかないかも読者が勝手に妄想していいんじゃないかな?(そもそも、恋愛感情って何さって気もする)

この「遊び場を提供する」のって、セーラームーンが生み出し、庵野が研究してエヴァに導入した手法と同じように思えます。つまり、「マリみてに恋愛感情があるか?」は「セーラー戦士間に恋愛感情はあるか?」に近いのかも。(はるかとみちるの関係ぐらい?)

後発の百合作品は百合がテーマになっているから、攻め受けをはっきりする必要があるのかもしれませんね。マリみてはスールと友情が軸になっていて、百合はテーマではないと思います。(スールの中に百合要素があるぐらい?)

ところで……百合でも攻め受けって使っていいんだよね?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

ショタ~ンな感じでグッドだよ

『ぼくのぴこ』は米国ではヤバいでしょうか

わはははは。これは訊く日本人はやりすぎだし、まじめに答えるジョンさんも守備範囲が広いよね。

自分はロリぃショタが好きだけどエロじゃなくていいよ派(ヤオイのエロはどうも苦手)だもんで、ぼくのぴこは見てません。(このページの解説だけでおなかいっぱい)

それにしても、AskJohnふぁんくらぶで「ぼくのぴこ」が採りあげられるとは。夜中に突然「今日、ぼくのぴこのイベントがあるから行かないか?」と言われるぐらい、びっくりしました。(結局行かなかったんだよ。その節はすみません)

ショタいなーと思ったアニメキャラは、古くは聖闘士星矢の瞬、勇者シリーズの主人公キャラおよびガオガイガーの護、デジモンのタケル、最近ではNARUTOの白ですね。弟キャラにショタっぽさを感じるみたいです。

ちなみに、ショタはロリの隣にあると思います。ロリコンは油断するとショタコンにジョブチェンジしちゃうから注意した方がいいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オトナアニメvol.2

さっそく、布教活動を行います。

オトナアニメvol.2がいい! ツボをつかれまくりです。「時をかける少女」特集に始まり、「ライトノベル」アニメ特集に、「大槻ケンヂ×滝本竜彦」対談に、「坂本真綾さん@ハルヒ」インタビューに、「マイメロ」特集。どれかひとつが特集されていても買ってしまいそうな企画の数々! これはいいですよ。(でも、ライトノベルアニメ特集はもうちょっと内容が濃いほうがいいな)

vol.3にも期待したいアニメ雑誌ですね。もうちょっと狭く濃いほうがいいです。他のアニメ雑誌で読めるものはいらない!

細田守アニメはデジモンが一番好きですね。特にTV21話は最強の妹萌えアニメだと思います。荒木香恵さんの声がえろすぎる。これを見たときが、細田守という演出家は絶対ロリコンだ、宮崎駿を継げる人だと思った瞬間でした。そして、一番燃えるのが「ぼくらのウォーゲーム」ですね。この「ぼくらのウォーゲーム」の演出を下敷きに、一般向け青春アニメに昇華させたのが「時をかける少女」です。なんせ、ロリ少女が出ない! ついでに「タイム・リープ」もアニメ化してくれません?(時間トリックは小説「時をかける少女」よりも小説「タイム・リープ」に近い気もする。どうだろ?)

ライトノベルのアニメは、「ロードス島戦記(OVA)」「スレイヤーズNEXT」「十二国記」「涼宮ハルヒの憂鬱」を取り上げるべきじゃないかなあと思います。(ロードスは未見だけど、DVD-BOXが販売されるんだったかなあ? ……どうしよう)

マイメロは「くるくるシャッフル」よりも前作(無印?)の方が面白いと思います。「くるくるシャッフル」は、ちょっと毒が強すぎる気がする。クロミ萌えの人が多いけど、自分はバクが好きかな? 初期の「ミルモでポン」でヤシチが気に入った流れなのかも。いや、クロミ様はたしかに萌えますけどね。それにしても、マイメロをあんなひどいことができるキャラによくできたよなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

布教活動

ホークス終戦orz
北海道日本ハムファイターズ、優勝おめでとうございます。
日本シリーズでもがんばってください。というか、負けるなよ。

オタクはなぜ「布教」するのか

自分が布教活動をするのは仲間を増やすためかなぁ。布教用にラノベを寄贈するとか、布教のためにアニメを見せるとか、布教のために漫画を強引に押し付けるとか…。面白いとか感動したという気持ちが抑え切れなくて、あふれ出しているだけのような気もします。いろんな人に面白いとか感動したという気持ちを味わってほしい、同じ思いを共有したいという思いが強いです。それと同時に、どういう感想を持つのかに興味があります。

でも、オタク活動って宗教だと思いますよ。「あなたはーかみをーしんじまーすかー?」でいいんじゃないかなあ? 一神教というよりは、多神教ですね。いろんなアニメが好きで、いろんな漫画が好きで、いろんなキャラが好きでしょ? 八百万の神のひとつでもいいです。

経典は原作で教祖が原作者。聖地はビックサイトで信者は夏と冬に巡礼。お寺や教会に相当するのがアニメショップや同人ショップやゲームショップなどで、秋葉原はバチカン市国みたいなものかな? フィギュアや抱き枕のような偶像崇拝は推奨。聖歌はアニソンやゲームミュージックなどで、有名な台詞はお経などに相当。傍から見ると、なぜそんなに真剣なのかがわからないんですよ。

あんまりうれしくはないけど、むちゃくちゃ近しい関係だよねー。宗教で原理主義が迷惑なように、オタクも原理主義者は迷惑だと思いますよ。(こういう話は、どこのオタクサークルでもやってるんだろうな……)

要するに、布教活動はオタクの活動としては正常です。問題ありません。自分もどんどん布教活動しようと思ってます。そのためにも、さっさとアニメを消化しよう……(今期は意外なアニメが面白そうな気がする)

最初、オフセって聞いたときに「なぜお布施なんだ?」と思ったような記憶があります。オフセット印刷の同人誌をオフセと言うらしんだよなぁ。コピー本より高いから、お布施にかけてるのかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

秋の新番組2

新作アニメの視聴があっさり破綻しているので、建て直しを図ろうと思います。まぁ、録画しても見ないようなアニメも多いんですけど……。とりあえず関東地区のみで、ミスがあったら気づき次第修正しよう。
(公式ページはこちらを参照でよろしく)

日曜日
 23:30~24:00 TOKYO MX
  BLACK LAGOON The Second Barrage
 23:30~24:00 チバテレビ
  乙女はお姉さまに恋してる
 24:30~25:00 チバテレビ
  夜明け前より瑠璃色な
 24:30~25:00 BSジャパン
  史上最強の弟子 ケンイチ
 25:00~25:30 テレビ東京
  金色のコルダ ~Primo Passo~
 25:00~25:30 テレ玉
  乙女はお姉さまに恋してる
 25:30~26:00 テレビ神奈川
  夜明け前より瑠璃色な Crescent Love
 26:00~26:30 テレビ東京
  ギャラクシーエンジェる~ん

月曜日
 19:00~19:30 日本テレビ(10/16~)
  結界師
 22:25~22:55 テレビ神奈川
  銀色のオリンシス
 23:00~23:30 テレビ神奈川
  BLACK BLOOD BROTHERS
 25:30~26:00 テレビ東京
  ときめきメモリアル Only Love
 25:30~26:00 TOKYO MX
  乙女はお姉さまに恋してる
 25:30~26:00 テレ玉
  らぶドル ~Lovely Idol~
 26:00~26:30 テレ玉
  Pumpkin Scissors
 26:00~26:30 BS朝日(10/30~)
  Gift ~ギフト~ eternal rainbow
 26:10~26:40 チバテレビ
  らぶドル ~Lovely Idol~
 26:15~26:45 テレビ神奈川
  Pumpkin Scissors

火曜日
 18:00~18:30 テレビ東京
  D.Gray-man
 19:30~20:00 BSジャパン
  D.Gray-man
 24:00~24:30 WOWOW(10/31~)
  奏光のストレイン
 25:00~25:30 テレビ東京
  ゴーストハント
 25:30~26:00 テレビ東京
  ヤマトナデシコ七変化♥
 25:30~26:00 TOKYO MX
  夜明け前より瑠璃色な Crescent Love
 25:45~26:15 テレビ神奈川
  BLACK LAGOON The Second Barrage
 25:56~26:26 日本テレビ
  DEATH NOTE
 26:00~26:30 TOKYO MX
  銀色のオリンシス
 26:00~26:30 テレ玉
  くじびき♥アンバランス
 26:00~26:30 チバテレビ
  銀色のオリンシス
 26:35~27:05 日本テレビ
  砂沙美・魔法少女クラブ
 26:40~27:10 テレビ朝日
  RED GARDEN

水曜日
 17:30~18:00 テレビ東京
  ネギま!?
 25:00~25:30 テレビ東京
  武装錬金
 25:30~26:00 テレビ東京
  スーパーロボット大戦OG ~ディバイン・ウォーズ~
 25:30~26:00 テレ玉
  マージナルプリンス~月桂樹の王子達~
 25:30~26:00 チバテレビ
  少年陰陽師
 26:00~26:30 TOKYO MX
  マージナルプリンス ~月桂樹の王子達~
 26:00~26:30 テレ玉
  少年陰陽師
 26:00~26:30 チバテレビ
  くじびき♥アンバランス
 26:40~27:10 テレビ朝日
  蒼天の拳
 26:30~27:00 BS-i
  夜明け前より瑠璃色な Crescent Love

木曜日
 18:00~18:30 WOWOW
  砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2
 18:30~19:00 BSジャパン
  人造昆虫カブトボーグ VxV
 24:00~24:30 WOWOW
  護くんに女神の祝福を!
 25:00~25:30 BS-i
  Kanon
 25:05~25:35 フジテレビ(10/12~)
  働きマン
 25:29~25:59 TBSテレビ
  009-1
 25:30~26:00 テレ玉
  銀色のオリンシス
 25:45~26:15 テレビ神奈川
  マージナルプリンス ~月桂樹の王子達~
 25:55~26:25 チバテレビ
  はぴねす!
 25:59~26:29 TBSテレビ
  あさっての方向。
 26:15~26:45 テレビ神奈川
  はぴねす!
 26:40~27:10(不定) テレビ朝日
  すもももももも
 27:00~27:30 TOKYO MX
  Gift ~ギフト~ eternal rainbow

金曜日
 18:00~18:30 BSジャパン
  ネギま!?
 23:30~24:00 TOKYO MX
  BLACK BLOOD BROTHERS
 25:30~26:00 TOKYO MX
  Pumpkin Scissors
 25:30~26:00 テレ玉
  夜明け前より瑠璃色な Crescent Love
 25:55~26:25 TBSテレビ
  コードギアス 反逆のルルーシュ
 26:25~26:55 TBSテレビ
  銀河鉄道物語 ~永遠への分岐点~
 26:25~26:55 チバテレビ
  マージナルプリンス ~月桂樹の王子達~

土曜日
 08:05~08:31 NHK衛星第二
  シルクロード少年ユート
 10:30~11:00 テレビ東京
  家庭教師ヒットマンリボーン!
 18:00~18:30 TBSテレビ
  天保異聞 妖奇士
 22:00~22:30 TOKYO MX
  地獄少女 二籠
 24:30~25:00 テレビ神奈川
  乙女はお姉さまに恋してる
 24:55~25:25 テレビ東京
  史上最強の弟子 ケンイチ
 25:00~25:30 テレビ神奈川
  少年陰陽師
 25:30~26:00 テレ玉
  はぴねす!
 25:30~26:00 テレビ神奈川
  らぶドル ~Lovely Idol~
 25:35~26:05 チバテレビ
  Pumpkin Scissors
 26:00~26:30 テレ玉
  BLACK LAGOON The Second Barrage
 26:05~26:35 チバテレビ
  BLACK LAGOON The Second Barrage
 26:25~26:55 フジテレビ(10/14~)
  バーテンダー
 26:30~27:00 テレビ神奈川
  くじびき♥アンバランス
 28:25~28:55 テレビ神奈川
  Gift ~ギフト~ eternal rainbow

☆おまけ
ネギま!?は月詠の演出がメインで、ぱにぽに演出を挿入した感じかな? ぱにぽにっぽくなるのかな?と思ってたけど、エヴァ様が準主役みたいだから月詠っぽくしたのかもね。月詠演出は作画が大変そうだけど破綻しないかなあ?(月詠ではちょっと破綻したし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

MADビデオで楽しもう

MADビデオの発祥は、おそらくMADテープからだと思います。仮面ライダーV3のMADで「敵は正義のデストロン♪戦う地獄の仮面ライダーV3♪」というのが、よく例としてあげられますが(確か、ザ・スニーカーで山本弘も例としてあげていた)、これは「敵は地獄のデストロン♪戦う正義の仮面ライダーV3♪」を並び替えたんですね。音が同じだから違和感なくつなげられるみたいです。

MADテープは音だけですが、これを映像でやったのがMADビデオになります。

大学のころは結構MADビデオを見る機会があったのですが、社会人になってほとんど見れなくなってしまってました。そんなときにYouTubeの流行を耳にして、早速MADを検索してみるとかなりの数があるんですよね。

個人的には、MADは笑えてなんぼだと思ってます。がははでもいいですし、にやにやでもかまいません。うまいMADよりも多少あらがあってもいいから笑える方が好きですね。その方が元ネタのアニメの魅力を引き出せていると思います。

では、好きなMADを置いておきます。(ほとんど有名なのだと思います)


まず最初は、最近教えてもらったMADです。

■涼宮ハルヒの憂鬱+MUSASHI -GUN道


次は、好きだという思いが伝わってくるMADです。

■To Heart+ガオガイガー


これは歌の選択がいいですね。

■りぜるまいん+うる星やつら


セーラームーンネタで一番好きだったMADです。

■セーラームーンR+仮面ライダーRX


北斗の拳ネタは、面白いのが多かったように思います。

■北斗の拳+クレヨンしんちゃん

■北斗の拳+ときめきメモリアル


ジャイアントロボやGガンダムなどの今川アニメも北斗の拳と同じぐらいMADにしやすいみたいです。

■ジャイアントロボ+ドラゴンボール

いろいろなMADがあるので、みなさんも面白いのを見つけてみてください。新しいMADがあったら教えてほしいなあ……とか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

小説のアニメ化

本題に入る前にオタクにとってどでかい訃報が飛び込んできたので・・・

マンガ評論家の米沢嘉博さん死去関連

コミケの生みの親がお亡くなりになりました。あまりにも早すぎる・・・
ご冥福をお祈りします。


では、本題。

『イリヤの空、UFOの夏』の北米お目見え可能性は

自分は『イリヤの空、UFOの夏』の小説が好きですが、ドラマCDを聞いていまいちだったので、アニメには手を出せませんでした。

ライトノベルなどの小説のアニメ化って漫画のアニメ化よりもリスクが大きいと思うんですよね。漫画をアニメに翻訳するときに問題となるのは時間のコントロールだけですが、小説をアニメに翻訳するときには空間と時間のコントロールが問題になるはずなんです。時間のコントロールでも、小説だと省略されていることが多いので、漫画以上に難しいと思います。

そのため、小説をアニメ化する際には、一度漫画化するという手法がよく使用されているように思います。小説を漫画化して、その漫画をアニメ化する。そうすれば、通常の漫画のアニメ化と変わらないわけですね。たとえば、富士見ファンタジア文庫でアニメ化しそうなライトノベルは、漫画化されているかどうかを調べればよいわけです。

最近では上記の手法を他社も使用しているようで、メディアミックス展開ということになっているようですので、漫画化されたライトノベルはアニメ化が近いかもと思ってよいのかもしれません。

そして、『イリヤの空、UFOの夏』は漫画化されずにアニメ化されました。Johnさんの感想を見る限り、思いっきり失敗しているみたいですねえ。

『イリヤの空、UFOの夏』って結果的に『最終兵器彼女』に似てしまったけど、エヴァに近いと思うんだけどなあ。確か「UFO綾波(仮)」が当初のタイトルだったはずだし……。浅羽の一人称で、へたれっぷりを見せればよかったんじゃないのかなあ?

できることなら、『イリヤの空、UFOの夏』の小説をアメリカで出版してほしいなあ。そして、アメリカで『涼宮ハルヒの憂鬱』がどのように受容されるのかに興味があります。(ハルヒは原作ファンの理想通りアニメ化されたアニメですし)


結局、同じような表現をしようと思っても媒体によって手法が異なるので、同じタイトルで同じキャラで同じ内容の話でも全然違うものになります。自分も含めて、ファンには理想とするイメージがあるので、それとのギャップも生まれます。原作とアニメは別物と思わないと、アニメを見るたびにがっかりしたりちゃぶ台をひっくりかえすことになり、それは不幸なことだと思います。自分は「理想通りに(もしくは、理想を超えるように)アニメ化してくれたらラッキー」ぐらいの軽いスタンスでいることにしてます。

イリヤの空、UFOの夏』の小説はすごく面白いですし、『最終兵器彼女』のテレビ版はすごく切なかったです。いろんな媒体の中で一番好きなのを選べばいいんじゃないですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

涼宮ハルヒとポストエヴァ

涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00』は、超監督涼宮ハルヒによる自主制作映画を、山本寛さんが映像化した実験アニメです。

そして、その実験アニメをつくった山本寛さんが、実は『怨念戦隊ルサンチマン』もつくっていたという事実を知りました。といっても、『電撃戦隊チェンジマン』の替え歌を聞いたことがあるだけで、実際に映像を見たことがないんだよね。

ということで、YouTubeを使って掲載に挑戦してみることにしました。

怨念戦隊ルサンチマン(1of3)

怨念戦隊ルサンチマン(2of3)

怨念戦隊ルサンチマン(3of3)

なぜ、これがエヴァと関係あるかというと、『怨念戦隊ルサンチマン』の元ネタが『愛國戰隊大日本』で、それをつくったのが庵野英明(他、初期ガイナックスメンバーが中心)なんですよね。

ということで、『愛國戰隊大日本』もYouTubeで掲載してみます。

愛國戦隊大日本

ちなみに、アマチュアながら、こんなアニメもつくっています。

Daicon IV Promotional Video

これのパロディが電車男のオープニングらしいです。

電車男 OP [Twilight]

このアニメをつくったのはGONZOで、GONZOはガイナックスから生まれたアニメ制作会社だったり……
(DAICON FILMの方がかっこいい気がするんですが、それは・・・)

アニメ業界はやっぱりパクってパクられて生き続けてるんですね。
個人的には、「パクリは悪いことじゃない。ただし、元ネタを超えなければならない」と思ってます。だって、元ネタを超えられないパクリって劣化コピーなだけで発展性がないんだもん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »