« 2ちゃんねるを2.0にすると? | トップページ | 天才あらわる »

2006年10月29日 (日)

電子書籍について調べてみる

北海道日本ハムファイターズ、日本一おめでとうございます! 新庄さんおつかれさまです。
来年こそは我らがホークスが優勝するぞ!

では、本題。
最近、電子書籍市場が何やらにぎやかです。本ってかさばるし重いので圧縮したい願望はあるのですが、紙媒体への思い入れが抜けないんですよね。しかし、質のよい電子書籍が出現しているようなので、この2~3年のうちに電子書籍の人気に火がつきそうな予感がしています。

そこで、まだ電子書籍に触れたことがないので、多少調べてみようと思います。

まずは、ハードについてです。
この記事によると、松下とソニーの携帯端末があるようです。

ΣBook
松下の携帯端末で、電子媒体の本というスタンスです。値段が高いのとディスプレイの性能がいまいちみたいなので、カラー表示ができる2万円程度の機種が発売されるといいですね。Words Gearに期待したいです。

LIBRIé
ソニーの携帯端末で、テキストビューワーというスタンスです。電子ブックというのはソニーの商標みたいですが、本を閲覧するときは貸本形式になるようです。辞書やニュースや画像の閲覧が主体なのかもしれません。

また、この記事によると、携帯電話市場の方が現在は隆盛のようですね。

○携帯電話(パピレス
待ち受け画面、着メロ、着うたのような感じですね。画面が小さいのがいまいちですが、Deep Loveなど携帯小説が成功したように、携帯メールに馴染んだ人にとっては魅力的でしょう。

他にも、以下のようなハードがあります。

○PDA(Space Townブックス
ザウルスなどではかなり古くからあるようですね。携帯電話に市場を奪われてあまり普及しなかったせいで、電子書籍市場も活発ではないように見えます。電子書籍としては画面も大きいしカラーだしで文句ないんですけどね。

○NINTENDO DS(DS電撃文庫
2画面というDSのメリットを生かしてますね。ラノベオタ向けですが、下敷きにはサウンドノベルがあるのでしょう。イラストが大きいのが嬉しいです。横書き形式で表示できたら一層エロゲ感が出ますね。イリヤはぱんつはいてないのかな?

次に、ソフトについてです。
この特集によると、次のようなフォーマット形式があるようです。

Adobe PDF/keyring PDF
アドビシステムズ社のフォーマット形式で、Adobe Readerで閲覧できます。(Adobe eBook形式はkeyring PDF形式に移行したようです)

XMDF
シャープ社のフォーマット形式で、PDAや携帯電話で閲覧できます。

EBI.J
イーブックイニシアティブジャパン社のフォーマット形式で、ΣBookで閲覧できるファイル形式です。(ebi.BookReader3Jにバージョンアップされているのに、ebi.JbookReader version2.0でしかSDカードに書き込めない模様)

TTZ
ボイジャー社のフォーマット形式で、PDAの他にiPodやPSPでも閲覧できるらしいです。また、無償で使用できるのがうれしいですね。

ドットブック
ボイジャー社のフォーマット形式で、PDAやΣBookで閲覧できます。漫画に適したフォーマット形式のようですね。

最後に。
Words GearとNINTENDO DSはカラー大画面というのが魅力ですね。個人的にはフォーマットは無償にして、スクリプトで同人ゲームを作成できる(簡単なアニメーションも可能)ようなフォーマット形式があれば、同人ゲームが大量に生まれてハードの展開に弾みがつくのではないかと思います。また、iPodのヒットの一因としてiTunesの使い勝手のよさが考えられるので、同様に専用ソフトの使い勝手がよいことが今後の普及の鍵となるのではないかと考えています。

|

« 2ちゃんねるを2.0にすると? | トップページ | 天才あらわる »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ΣBookは終了している模様。Words Gearに期待。

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20061114/novelgameservice
同じようなことを考えている人はやっぱりいるよね。

「フォーマットフリーで同人誌作れるようにならない?」というようなことを関係者に訊いてみたけど権利の関係上難しいみたいですね。メーカーが電子書籍のフォーマットの権利を持っているのはシャープだけかも。

投稿: せつな朱遊 | 2006年11月15日 (水) 02時08分

電子書籍って最近やたらKeyring PDF形式が多いのです。
著作権を守るのに便利なガードの堅い形式なのかも知れませんが
Windowsでしか読めないって致命的な気がします。
誰がわざわざ本読むためだけにパソコン立ち上げるんだー。
PDAとか携帯で利用できてこそ電子書籍なんだと思うのですが。

投稿: 通りすがりです | 2006年12月 7日 (木) 20時42分

はじめまして。

著作権を保護する仕組みは出版社に協力を仰ぐうえでは必須なので仕方ないことですが、Keyring PDF形式ですかー。Windows搭載の端末やWordやExcelを読める携帯電話があるので、携帯端末で読めるのかもしれないですけど、もともとパソコン用のファイル形式なので厳しいでしょうね。モバイル用には別の今はまださほど有名ではないファイル形式が主流になるのではと思っています。やっぱり本は電車やバスで読めないとね。

貴重な情報ありがとうございました。

もっとも、アップル社のiPodのように著作権保護がゆるゆるで、iTunesのように文書を簡単に対応ファイル形式に変換して持ち運べるようなソフトがついている携帯電子書籍がでたら、それがいいんですけどね。(とはいえ、日本企業はまじめなので、著作権ゆるゆるな電子書籍は発売しないだろうな、と思ってます)

投稿: せつな朱遊 | 2006年12月 7日 (木) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/12469166

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍について調べてみる:

« 2ちゃんねるを2.0にすると? | トップページ | 天才あらわる »