« 天才あらわる | トップページ | 原作とアニメ化 »

2006年10月31日 (火)

作画の すごい バトルシーン

バトルシーンが凄いアニメ教えてくれ

ノエインのアクションは見てなかったし、知らないアニメが結構あるなぁ。

自分が最近見た中では、NARUTOがガチですごかったです。笑ってしまうアクションシーンというのが結構あったように思います。今の作画はちょっと落ち着いていますが、大蛇丸やサスケがらみの話だと急にクオリティがあがりそうだから注意が必要かな? そこそこ布教活動をしてたんですけど、身の回りのアニオタで見てたのはそんなに多くない気が……。松本憲生さんというアニメーターはチェックしてなかったので、チェックに入れるようにしよう。(ぬるいなー。そういえば、すごいアニメーターはなぜかフルネームで呼ばれるよね)

また、エアマスターもいい動きしてたと思います。萌えよりも燃えの方が好きだからでしょうけど、プリキュアより好きでした。(無印プリキュアのOPは好きです)

映画はクレヨンしんちゃんですね。無駄に動く。これぞアニメの醍醐味って感じです。

メカだと、マクロスマクロスプラスは文句なくすごいです(マクロスゼロは見ていません)。納豆ミサイル(正式名称って何?)は、画面の手前から奥に進むよりも、カメラが回り込んでミサイルをなめたり、奥から手前に向かってきたりの方が断然かっこいいと思います。

カウボーイビバップも地味に見えるけど動きがすごいですよね。アニメ的な過剰な表現でなく丁寧にアクションを見せるって、相当大変なはずなんだよな~。エウレカの動きもすごいし、今やってる妖奇士も大変なことをやってるなぁと思います。

でも、作画レベルが高いからといってヒットするとは限らないのが面白いところ。作画、演出、背景、声優など様々な要素がうまく噛み合わないとヒットは難しいのでしょう。(メダロット無印やるろうに剣心の追憶編も作画・演出ともにレベルが高いように思うけど、ヒットはしてないと思う)

といっても、作画的に最低レベルはあるんじゃないかなー? アニメ業界のリソースは限られているし、アニメで重要なのはクオリティコントロールなんじゃない? 演出がすぐれているアニメーターは、止め絵とバンクの使い方が上手ですし、京都アニメーションがすごいのは、クオリティコントロールがすぐれているのだと思います。野球のピッチングと同じで、映像は緩急が重要ですよね。(スイカに塩理論とも言う)

|

« 天才あらわる | トップページ | 原作とアニメ化 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

そうそう。はじめの一歩もボクシングシーンの動きがよかったよ。なんで、ゴールデンじゃなかったんだろ? あれだけ動きがよければ人気アニメになれたのに。

投稿: せつな朱遊 | 2006年10月31日 (火) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/12497745

この記事へのトラックバック一覧です: 作画の すごい バトルシーン:

» 作品紹介 [やまと 1/60 完全変形 YF-19 マクロス・プラス]
2040年、人類の移民惑星エデンでは、統合宇宙軍の次期主力可変戦闘機の採用コンペティション「スーパー・ノヴァ計画」が行われていた。 競合メーカーのテストパイロット、イサム・ダイソンとガルド・ゴア・ボーマンは幼なじみの音楽プロデューサー、ミュン・ファン・ローンを巡る三角関係でも火花を散らす。 彼女は人工知能のヴァーチャル・アイドル「シャロン・アップル」の秘密に深く関わっていた。... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 17時51分

» るろうに剣心ファン [るろうに剣心ファン]
るろうに剣心のファンサイトです。アニメ、小説、ゲーム、画像、るろうに剣心アニメ主題歌を紹介 [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 22時57分

« 天才あらわる | トップページ | 原作とアニメ化 »