« 涼宮ハルヒとポストエヴァ | トップページ | MADビデオで楽しもう »

2006年10月 2日 (月)

小説のアニメ化

本題に入る前にオタクにとってどでかい訃報が飛び込んできたので・・・

マンガ評論家の米沢嘉博さん死去関連

コミケの生みの親がお亡くなりになりました。あまりにも早すぎる・・・
ご冥福をお祈りします。


では、本題。

『イリヤの空、UFOの夏』の北米お目見え可能性は

自分は『イリヤの空、UFOの夏』の小説が好きですが、ドラマCDを聞いていまいちだったので、アニメには手を出せませんでした。

ライトノベルなどの小説のアニメ化って漫画のアニメ化よりもリスクが大きいと思うんですよね。漫画をアニメに翻訳するときに問題となるのは時間のコントロールだけですが、小説をアニメに翻訳するときには空間と時間のコントロールが問題になるはずなんです。時間のコントロールでも、小説だと省略されていることが多いので、漫画以上に難しいと思います。

そのため、小説をアニメ化する際には、一度漫画化するという手法がよく使用されているように思います。小説を漫画化して、その漫画をアニメ化する。そうすれば、通常の漫画のアニメ化と変わらないわけですね。たとえば、富士見ファンタジア文庫でアニメ化しそうなライトノベルは、漫画化されているかどうかを調べればよいわけです。

最近では上記の手法を他社も使用しているようで、メディアミックス展開ということになっているようですので、漫画化されたライトノベルはアニメ化が近いかもと思ってよいのかもしれません。

そして、『イリヤの空、UFOの夏』は漫画化されずにアニメ化されました。Johnさんの感想を見る限り、思いっきり失敗しているみたいですねえ。

『イリヤの空、UFOの夏』って結果的に『最終兵器彼女』に似てしまったけど、エヴァに近いと思うんだけどなあ。確か「UFO綾波(仮)」が当初のタイトルだったはずだし……。浅羽の一人称で、へたれっぷりを見せればよかったんじゃないのかなあ?

できることなら、『イリヤの空、UFOの夏』の小説をアメリカで出版してほしいなあ。そして、アメリカで『涼宮ハルヒの憂鬱』がどのように受容されるのかに興味があります。(ハルヒは原作ファンの理想通りアニメ化されたアニメですし)


結局、同じような表現をしようと思っても媒体によって手法が異なるので、同じタイトルで同じキャラで同じ内容の話でも全然違うものになります。自分も含めて、ファンには理想とするイメージがあるので、それとのギャップも生まれます。原作とアニメは別物と思わないと、アニメを見るたびにがっかりしたりちゃぶ台をひっくりかえすことになり、それは不幸なことだと思います。自分は「理想通りに(もしくは、理想を超えるように)アニメ化してくれたらラッキー」ぐらいの軽いスタンスでいることにしてます。

イリヤの空、UFOの夏』の小説はすごく面白いですし、『最終兵器彼女』のテレビ版はすごく切なかったです。いろんな媒体の中で一番好きなのを選べばいいんじゃないですかね?

|

« 涼宮ハルヒとポストエヴァ | トップページ | MADビデオで楽しもう »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/12119319

この記事へのトラックバック一覧です: 小説のアニメ化:

« 涼宮ハルヒとポストエヴァ | トップページ | MADビデオで楽しもう »