« 秋アニメの評価 | トップページ | なぜかロケットガールが熱いらしい »

2006年10月21日 (土)

Web2.0について考えてみる

Web2.0とは、従来のWWWにおけるサービスやユーザ体験を超えて次第に台頭しつつある新しいウェブのあり方に関する総称である──このように、Web 2.0の定義はひどく曖昧です。

ブログ、Wikipedia、Googleマップ、YouTubeが、おそらくWeb2.0の代表でしょう。これらのコンテンツに共通する要素は何か、ちょっと考えてみることにします。

私は、Web2.0とは「XMLを使用した技術」と「表示とデータの分離」だと思っています。「XMLを使用した技術」はブログのトラックバックやRSSリーダーやポッドキャスト、「表示とデータの分離」はAjaxRuby on Railsがよく知られていると思います。

XMLとは、文書やデータの意味や構造を記述するためのマークアップ言語の一つ──といっても本質が分からないので、簡単に言うと「文字で書かれたデータベース」です。つまり、Web2.0では「ネットワーク上のデータベースを使用した技術」を使用しているのです。

データベースなので、XMLを使用すると「検索」「追加」「変更」「削除」が容易に行えます。データベースでないと、「検索」ではヒットしにくくなりますし、「変更」や「削除」では管理が難しくなります。そのため、Web1.5でのデータ管理でも、内部ではデータベースを利用していると思います。Web2.0では、末端のユーザーが「追加」「変更」を行って、データベース全体を作り上げていくという思想が強いみたいです。(Wikipediaが分かりやすいですね)

ネットワーク上のデータベースとしての最大のメリットは、XMLを送受信できることにあります。自分は詳しいことは分かってませんが、RSSAtomなどのXMLには、データの内容とデータの場所(URI)が記述されるようです。つまり、XMLを受信さえすれば、他のコンテンツでも同じデータを利用できるようになります。(この部分だけを活用すると、RSSリーダーになるみたい)

また、GUIプログラミングでオブジェクトの配置方法にMVCモデルというのがあって、おそらくその派生だと思うのですが、表示とデータを分離すると非同期にデータやデザインを変更することができます。(MVCは「データは頻繁に変わる」「表示だけを独立して変えたい」という状況から発生したモデルなんだろうな)

表示とデータの分離をXMLと組み合わせると、ユーザーが操作することなく、表示を更新できるようになります。例えば、「あるブログの最新の記事のタイトルを表示する」というデザインにしておくと、定期的にそのブログを監視して、記事が追加されると記事のタイトルを更新してくれるわけです。

おそらく、mixiの技術のベースはこういう部分じゃないかな? 紹介制度はねずみ講っぽくてどうも気味が悪いんだよなぁ。誰でも会員になれて、公開範囲をユーザーが決めるようにすればいいのに。

次のWeb2.0的展開を考えてみるに──YouTubeの派生としてFlashアニメやFlashゲームの公募とか、Googleのやっているネットワークを利用したWordやExcelとか、RSSリーダーをWeb上に置くとか、メールのデータをネットワーク上に残してRSSリーダーで読み取るとか、漫画をコマのデータと絵のデータと文字のデータを分けて管理するとか──どこかで見たことのあることしか思いつかないorz 多分、Googleマップのように予想外の組み合わせを発見する人が出てくるんだろうな。

文字→画像→音楽→映像と移行していったから、マルチメディア展開はそろそろ完了します。あとは、予想外の動きをしたところが勝つでしょう。(Googleが最有力ですね)データはネットワーク上において、ブラウザでXMLファイルを読み取るという流れになるはずだけど、セキュリティ管理の視点からは逆行しているんだよね。セキュリティに強いXMLってあるのかなー?

|

« 秋アニメの評価 | トップページ | なぜかロケットガールが熱いらしい »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ブログのトラックバックを利用した感じでは、はてなのトラックバックではリンク先にしかトラックバックできないようになっているため、スパムを防ぐ仕組みになっているように思います。(日本では、はてなが一番Web2.0的にはがんばっている印象がありますね)

また、ココログのRSSの利用方法はおそらく間違っていると思います。ブラウザの表示件数とRSSの表示件数は分離できるんじゃね?

RSSリーダーの世界って、RSSリーダーをブラウザに集約するか、メールに集約するか、RSSリーダーがブラウザとメールを取り込むのかという覇権争いになってるんだね。

ブラウザベースだとログインが必要なので、専用ソフトの方が使い勝手がよさそうに思います。

ブラウザベースにするなら、紹介制度のないSNSで、メールとブックマークとRSSリーダーとニュースとブログとコミュニティを全部選択可能で、自由に配置できるような感じじゃないと便利が悪いんじゃないかな?

投稿: せつな朱遊 | 2006年10月22日 (日) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/12361515

この記事へのトラックバック一覧です: Web2.0について考えてみる:

« 秋アニメの評価 | トップページ | なぜかロケットガールが熱いらしい »