« 考える野球漫画 | トップページ | これはいいものだ! »

2006年11月17日 (金)

エヴァンゲリオンというインパクト

アイドルマスターってアメリカでも出ちゃうんだ。(参考

アメリカのゲーマーにとって、こういうゲームってどうなんだろ? FFとかDOAがあるから、キャラは問題ないのかな? それにしても、さすが日本人という3DCGの進化のさせ方だよね。技術の無駄遣いなのか、有効活用なのか……


では本題。

『エヴァンゲリオン』人気が根強いのはなぜ

むしろ、アメリカでは人気がないと思ってました。地味に信者を増やしているのかなー? 自分もエヴァ厨で、エヴァブームのときは意識的にエヴァ狂いしてたので、信者の気持ちは分かるつもりです。

ぶっちゃけエヴァは敷居が低いです。序盤は普通に面白いロボットアニメです。燃えと萌えが分かりやすく配置されており、シンジやミサトの知りうる世界観を視聴者に提示しているので、誰でも理解して感情移入して楽しめるつくりになってます。しかし、話が進むにつれて、感情移入したキャラは壊れていくうえに、それまでの世界観を否定して謎を生み出していくので、本当のことを知ろうとした情緒不安定な視聴者がエヴァ中毒になってしまう構造なんです。

同人的には、キャラの設定が細かくなくて自由度が高いのも特徴です。妄想の余地があるんですよね。視聴者の妄想でストーリーや設定を補完できるようになっています。

日本ですら異質なアニメだったのですから、海外のアニメファンは強烈なインパクトを受けたことでしょう。もしくは、日本同様にエヴァを見てアニメに目覚めた人もいることでしょう。実際は異質で面白いアニメはすごく少ないんだけど、どうしても幻想を抱いちゃうんだよね。

アメリカでエヴァといえば、実写のエヴァってどうなってるんでしょ? ハリウッドはアニメの実写化に積極的なのか消極的なのかよくわからないんですよね。今のところ、消極的というよりもチキンレースになってるみたいですけど。

また、「REBUILD OF EVANGELION」も気になりますが、どこまで期待できるんでしょうねー。当時のテンションは再現できるはずもなく、冒険なのではないでしょうか? 個人的には、庵野監督が結婚して心境がどのように変わったのかに注目したいと思っています。

エヴァで自分が最も作成してほしいのは、ゲンドウが主人公のネルフ運営ゲームです。ゲンドウが主人公だとエロゲになっちゃうのかなぁ?(ミサトとアスカは落としにくそうw)それはさておき、ゼーレを騙しつつ、使いにくいシンジをうまく使って、トゥルーエンドである人類補完計画後のユイさんとの再会、そして……を目指すようなゲームならやってみたいです。

|

« 考える野球漫画 | トップページ | これはいいものだ! »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/12715814

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァンゲリオンというインパクト:

« 考える野球漫画 | トップページ | これはいいものだ! »