« 雑記? | トップページ | かわいいは正義なのか? »

2006年11月25日 (土)

野球を軍事用語で例えてみる

まずは、GONZO特集。

DVDが売れず、赤字になったのはYoutubeとWinnyのせい(GDH談)

かつて、音楽レーベルが「CDが売れないのはmp3とWinnyのせい」と言ってたのと同じですね。涼宮ハルヒの憂鬱は売れてますから、YoutubeとWinnyに赤字の原因を求めるのは無理があります。アニメ関連企業は無料で宣伝してもらっていると考えた方がいいですよ。よほど思い入れがないと、やたら高価なアニメDVDは買わないものです。

「何故、日本の『ANIME』は世界的に競争力が強いのでしょうか?」

「日本に漫画があるから」。一番の理由はこれだと思うな。リミテッドなのは手塚治虫が鉄腕アトムをヒットさせたからだし(ちなみに、アニメ業界が自転車操業になったのは手塚治虫のせいではないらしいですよ)、表現が豊かなのは漫画原作アニメで色々と試行錯誤できたからでしょう。海外でもマンガとアニメが相乗効果で売れるようになったら、オタク商品の輸出が本格軌道に乗ったと言えるようになると思います。

次に、MADムービー。

舞-乙HiME×涼宮ハルヒの憂鬱「夢宮アリカの憂鬱」

最近のMADは上手いんだけど、落差が足りないんよね。とはいえ、「夢宮アリカの憂鬱」はそこそこ好きです。

おまけ。

映画評「エコール」 -ロリ映画の最高峰!!

各所で絶賛の嵐。何だか凄いらしいです。


さて、本題。雑記でもよかったんだけど、2回連続はどうかなーということで、ネタらしきものを書いておきます。そうは言っても軍事オタクじゃないんで、間違っていたら訂正願います。野球でたとえないと軍事用語が分からないんですよw

「巨人軍」「若鷹軍団」といったチームの愛称だったり、「1軍」「2軍」といった区分だったり、「死球」「刺殺」といった記録だったり、日本の野球ってやたらと軍事と相性がいいように思えます。ちなみに、「捕殺」は存在しなくて、「刺殺」が直接的にアウトとなるプレイで、「補殺」が間接的にアウトになるプレイらしいです。だから、ダイビングキャッチは刺殺で、レーザービームは補殺です。

レギュラーシーズンを戦争とします。クライマックスシリーズはゲリラ戦ということで。試合は戦闘になるんじゃないかと思います。

犠打やヒット・エンド・ランが戦術なのは同じですね。ちなみに、セイバーメトリクスなどをもとに犠打を全否定する動きがありますが、同じ戦術を取り続けると相手に読まれるので、いろいろな戦術が必要だと思います。

初球打ちや狙い球を決めるのが作戦なのかなぁ? 愛工大名電高校がバント攻撃でエラーや投手の疲れを誘ったり、去年の千葉ロッテマリーンズがよく行ったファール攻撃で先発投手を降板させるのも作戦だと思います。

前進守備などの守備位置を変更するのが陣形なのかな? 打順も陣形みたいなものだね。陣形はサッカーなどのフォーメーションの方が分かりやすいですね。そもそも、現代戦争における陣形を知らないんだよなぁ。

また、1軍・2軍に選手・監督・コーチを登録するのが編制で、スターティングメンバーを決めるのが編成じゃないかと思います。打力重視や投手力重視などのチームの方向性は戦略でしょうね。

そして、ドラフト・外国人・FA・トレードなどで戦力を維持・発展するのが兵站(戦略上の兵站だね)です。2軍の育成能力やトレーナーの能力も兵站(編制上の兵站かな?)でしょうね。兵站は後方支援とも言うらしいです。自分は兵站を語れない人は軍事オタクじゃないと信じてます。

軍事上で兵站が重要なように、野球でもドラフトなどの補強が重要です。ぶっちゃけ補強に成功すればAクラス入りが可能ですし、失敗すれば暗黒時代に突入です。

ホークスはドラフトで、ライオンズは野手育成で、タイガースはFAと投手育成で、ドラゴンズは焼き畑ドラフト(大量解雇・大量獲得)で、その強さを維持しています。巨人はFAでもドラフトでも補強しているのに、なぜ強くないんだろ? 2002年のパ・リーグタイトルホルダーがほとんど巨人にいるらしいのですが、年齢による衰えを考慮していないのが問題なのかもしれませんね(とはいえ、来年の巨人は怪我人がいなければ強そうだね)。

小笠原が巨人に行ってしまったのが非常に残念です。そういうことをやっていると、北海道の巨人人気が急落するぞー。

|

« 雑記? | トップページ | かわいいは正義なのか? »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

初球打ちや狙い球を絞るのは作戦じゃなくて戦術の方かと。その前の「初回攻撃」とか「中盤での打ち込み狙い」とかが作戦かと。
あと、軍事オタクに留まってる限りは兵站は語れない気がします。そこから+αがないと。

巨人に関しては、現場が駆逐艦や潜水艦を欲しがってるのにいつまでも大艦主義なのが問題かと。いつまで護衛戦力を疎かにする気なんだか・・・

投稿: みなみうり | 2006年11月27日 (月) 09時49分

ご指摘感謝です。

はたして巨人の現場は駆逐艦や潜水艦を欲しがってるのかな?という疑問があるなぁ。今はやりたいことが分からないんじゃないかと。とりあえず手札を増やそうとしているように見えます。

セイバーメトリクスの考え方からすると、大艦巨砲主義は間違ってないようです。スモールベースボールって、バントや盗塁よりも、出塁とホームランを重視する野球だもんね。

投稿: せつな朱遊 | 2006年11月29日 (水) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/12812397

この記事へのトラックバック一覧です: 野球を軍事用語で例えてみる:

« 雑記? | トップページ | かわいいは正義なのか? »