« 電波ソングって何だろ? | トップページ | 漫画のグローバル化 »

2006年11月 9日 (木)

雑記

これって……なんというか、これって要するに雫なの? 原田宇陀児さんが作家になってたのをはじめて知りました。(Leaf退社は2・14事件で知ったんだけど、昔も今も葉っぱ信者じゃないからなぁ……そういえば、ホワルバはアニメ化しないね)


スペインでとある日本人の人気が凄い事になってる

こんな事件もあったしスペインはさすがです。最近はアメリカのオタク界が活発な活動をしていますが、アメリカが始まったのはポケモン以降。それまでは、スペイン、フランス、イタリアが欧米の3大オタク国だったはずです。

バルセロナオリンピックのときなんかスペインがセーラームーンに染まっていたらしいんだけど、オタクじゃなかったためか、当時はそういう映像をテレビで見た記憶がないんですよね……ぜひとも当時の光景を映像で見たいなぁ。


「百合」をもっと楽しむための土壌づくり。

百合ブームの元凶はセーラームーンにあり。幼少期にセーラームーンを見ると百合に抵抗がなくなるらしいですよ。本当かなぁ? なんにしても、海外でも女の子同士が受け入れられるのはいい傾向ですね。欧米のファン傾向も日本とあまり変わらなくなってきたし、これが「オタクのグローバル化」というやつですかね?

こうなってくると、海外にもレズ声優に萌えるオタクとかも出現するんかな?(声優ネタでは、最近くぎみーがツンデレ専用声優になってるよね。ちょっともったいない)


ANIMEのマッド・ビデオはUS著作権法では合法ですか

MADはファンサブや同人誌同様に業界が訴えないだけで違法じゃないかなぁ?(ファンサブが一番違法性が高いと思う)訴えた企業はファンに反感をもたれるし、もちつもたれつの関係を理解しているので企業側が見逃しているだけでしょう。完全に白ではなく、せいぜい黒に近いグレーぐらいだと思います。ただし、パロディが法律で定義されている国ではおそらく白でしょうけどね(フランスにはパロディ法があったよね)。

|

« 電波ソングって何だろ? | トップページ | 漫画のグローバル化 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

 WAの作者によるオモイデ教のノベライズか。びっくり。
ホワイトアルバムが、リーフにおける鬼っこ扱いされているのは、男が誠実だけど忙しい恋人がいるときに浮気したときの修羅場がテーマなので、色々と展開しにくいからでは、と予測しています。アニメにすると、ゲーム本体の設定を相当削らないと駄目だし。

投稿: ふくいけいじ | 2006年11月 9日 (木) 07時23分

実際にガガガ文庫で発売されてから判断ですかね。

ホワイトアルバムはアニメ化可能だと思いますよ。たぶん、今はアイドルアニメが流行しつつある時期だと思います。修羅場というと君が望む永遠(これは強制的に浮気する設定だし……)もあることですし、展開は可能じゃないかな? 単純に、Leafがどうしたいかでしょうね。

投稿: せつな朱遊 | 2006年11月 9日 (木) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/12613197

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記:

« 電波ソングって何だろ? | トップページ | 漫画のグローバル化 »