« かみんぐあうと? | トップページ | バーチャルと真実 »

2007年1月28日 (日)

感想:鉄コン筋クリート

※いつものように、本題は最後で。

 ニュートンが「リンゴが落ちるのを見て万有引力を発見した」のは、きっと「考えをまとめるときに歩く癖があった」からだと思っている今日この頃。というか、自分が歩いて考えちゃうんですよね。体が止まっていると思考も止まっちゃうんだよなぁ。

TVアニメ『おおきく振りかぶって』キャスト決定

 漫画の7巻も面白かったです。でも、試合が終わってないーっ! これでアニメ化していいのか?!
 さて、キャストについてですが、有名な声優さんが谷山紀章ぐらいで個人的にはいい感じです。ごくせんの印象しかないけど、モモカンの早水リサさんには期待したい。下野紘はへたれ声優を返上できるかなー?

「キャラを立てる」とはどういうことか

 そうそう。すごい面白いことを難しく言っているんですよね。せめて、キャラとキャラクターの違いを字面でも明確にしてほしかった。例えば、「静的キャラクター(=キャラクター)」と「動的キャラクター(=キャラ)」とか。
 静的キャラクター:リアリティの追求、ストーリー漫画、オリジナリティ
 動的キャラクター:リアリティの放棄、キャラクター漫画、パロディ

萌えて学べる「萌える解説書」まとめ

 様々な萌え解説書がありますが、「萌えオブジェクト指向本」はないような。正直、萌えキャラで解説してほしいです。例えば「でじこ」で考えると、「でじこ」は「少女」「メイド」「ねこみみ」で成り立っています。このとき、「少女」クラスを継承して、「メイド」クラスと「ねこみみ」クラスを内包しているとか、そういう解説があったら分かりやすいと思うんですけどねw 「メイド」クラスは「衣装」クラスを継承しているかもしれないし、「ねこみみ」クラスは「アクセサリー」クラスを継承しているかもしれません。それぞれ「アンミラ」クラスと「うさみみ」クラスに変更すると「うさだ」クラスになるのか?とか、髪の色が違うから「うさだ」クラスにはならないだろうとか、そういう感じでオブジェクト指向を学習できます。
 そして、上記の「キャラ」と「キャラクター」の違いも、BCEパターンとかMVCパターンなどのアーキテクチャパターンで説明できるのではないかと思います。もしくはWeb2.0で説明できる感じがします。「ストーリー」はデータと処理で「キャラ」が表示なのに対して、「キャラクター」はデータと処理と表示が一体になっているんですよね。つまり、「キャラ」はWeb2.0的で「キャラクター」はWeb1.0的。そして、萌えは「キャラ」からしか生まれない。違うかなー?

ラノベ出版社を擬人化した新機軸4コマ「今日の早川さん」

 出版社の傾向を知っていると一層楽しめますね。良い擬人化です。(当然、擬人化はキャラです)


 さて、本題。

 鉄コン筋クリートの映画を見てきました。原作は読んだことがありません。ネタバレしそうなので、ご注意ください。

 面白いというよりは、すごいなーという感じでした。ジャンプ漫画では、カタルシスを与えるべく、一度は暗黒面に落として復活させるものですが、鉄コン筋クリートのクロは暗黒面には落ちずに踏みとどまるんですね。おそらく、これが物語に深みを持たせていると思います。
 また、噂には聞いていたのですが、声優に俳優さんが多いのに皆すごく上手いことに驚きました。クロの二宮和成がうまい。それ以上に、シロの蒼井優がうますぎる。プロの声優さんにとって、この演技は脅威でしょう。最初の「おっぱいぼいーん」でびっくりしたけど、演じてて気が狂いそうになる役を演じきってます。声優さんでも自分を捨てて演じるところまでいくのが大変なのに、蒼井優はプロ意識が高いですね。
 そして、作画もまたすばらしい。エンディングテロップを見ていると、韓国人や中国人がいなかったように思います。といっても、下請けのスタジオにはいるのかもしれないんですけどね。それでも、かなりの日本人アニメーターが参加しているというのは嬉しい限りです。
 さらに、動画監督を置いているだけあって、動きがすばらしいです。このところのアニメ映画はクオリティがすごく高いですね。スタジオジブリ、プロダクションI.G、マッドハウス、スタジオ4℃がその主役と言えそうです。シンエイ動画も安定してるかな? 高クオリティのアニメ映画は最低2年程度の準備期間が必要なので、東映アニメーション、サンライズ、ガイナックス、GONZOなどが後に続けば毎年大作を見れるようになりますね。アニメーターの人材に限界があるし、テレビでは年間100本も放送してるので厳しいとは思いますが、日本で売れたものは海外でも売れるはず。今は売れなくても、近い将来売れるようになるはずです。テレビアニメの本数を多少減らしてでも、高クオリティアニメを見たいです。

|

« かみんぐあうと? | トップページ | バーチャルと真実 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

二宮和成と蒼井優はそもそも演技力に恐ろしく定評があるので。これに栗山千明を含めた辺りが若手俳優の最強どころじゃないかと。
声優さんも舞台と掛け持ちの人多いし、その辺は持ちつ持たれつじゃないですかね。

投稿: みなみうり | 2007年1月30日 (火) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/13687106

この記事へのトラックバック一覧です: 感想:鉄コン筋クリート:

« かみんぐあうと? | トップページ | バーチャルと真実 »