« 感想:鉄コン筋クリート | トップページ | 最新MADムービー »

2007年2月13日 (火)

バーチャルと真実

 長らく更新してないけど、ネタらしいネタが見つからないw

水樹奈々、初のベストアルバム、DVD付で発売!

 水樹奈々の歌は、「ビブラート」というか「こぶし」が効いていることがよく分かりました。長音(?)のときは、声がうねうねしてるね。

菊池凛子さん

 話題の菊池さんがDHよしこだったとは! かなりびっくりでした。

多村ブログ

 鷹ファンとしては赤裸々でかなり面白いです。
 でも、もうちょっと古巣に気を使った方がいいと思います。


 では、本題。

 日本語の本来の意味とは別に、自分だけの意味を持っている言葉がいくつかあります。
 たとえば、
  天才:たいした努力をせずに目標に到達できる才能
  秀才:努力して目標に到達する才能、努力できる才能
 こんな感じです。
 天才って絶対思考パターンが違うって思うし、ある程度までは直感的に分かってしまうので、天才は努力できないと思います。だから、壁にぶつかると非常に弱いはずです。
 秀才は努力する才能を持った人で、壁を乗り越える力を持っている人です。でも、努力を超える天才がいたらお手上げです。
 とはいえ、努力できる天才が一番強いんでしょうけどね。

 こんな感じで自分語があります。そして、以下の自分語を最近強く感じてしまいます。
  真実:ほんとうにあった出来事
  事実:「真実」をある方向から観察して得られた情報
 事実が自分語ですね。結局、真実なんて分かるわけないので、いかに真実に近い事実を提示できるかが重要だと考えています。歴史は両論併記のほうがいいと思うし、多面的であるべきだと思います。(絵画のキュビズムっぽい考え方なんかなあ?)

 そして、バーチャルリアリティと言って漫画・アニメ・ゲームを批判する人がいました(最近はゲーム脳ですか?)が、そういう人の方がフィクションの影響を信じているように思います。おそらくオタクは影響をあまり信じていません。感動すれども割り切っているはずです。
 また、バーチャルリアリティと言って批判する人は、小説を読んで感動して主人公に憧れることに違和感のない人だと思います。司馬遼太郎の小説を真実だと錯覚したりするのもそういう人じゃないかな?(それだけ小説が上手いわけですが)
 しかし、オタクの大多数(特に密教オタク)はそういうことに違和感を覚えると思います。むしろ斜に構えて批判する人が多いかもしれません。二次元という言葉も、漫画・アニメ・ゲームと現実は違うんだという意識の表れでしょう。コスプレも現実と切り離して楽しんでいるはずです。

 結局、マスコミのオタク批判は的外れだったように思います。「現実はリセットできない」ではなく、むしろ「現実でもリセットできる」と言う方が、社会でオタクの能力を発揮しやすいと思いますが、いかがでしょうか?
 また、ここ数年のオタクブームは、顕教オタクが出現したため、世間がオタクを分かりやすくなったからだと思います。

 それにしても、「魂のレベル」とか言っている人はゲーム脳だと思うんですけど、どうなんでしょうね。経験値をためたらレベルアップするのかよw オウム事件があったのに、日本人とテレビ局は懲りないよね。

|

« 感想:鉄コン筋クリート | トップページ | 最新MADムービー »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/13890095

この記事へのトラックバック一覧です: バーチャルと真実:

« 感想:鉄コン筋クリート | トップページ | 最新MADムービー »