« 春アニメ ’07 | トップページ | 最近の読書傾向 »

2007年4月30日 (月)

作画崩壊について

 「グレンラガン」4話の騒動がもとで大変な状態になっているようです。ガイナ側の対応にも問題があるわけですが、アニオタ側にも問題がないでしょうか?

 そもそも作画崩壊ってそんなに生易しいもんじゃないっしょ? 見るからに「間に合ってないな」感があるでしょ?
 個人的には劇場で見せられたせいか「ガンドレス」が最もひどいと思っていて、その次に「ヤシガニ」ぐらいかな?と思っているのですが、作画崩壊には次の条件を少なくとも過半数を満たしていないと起こらないと思ってます。

・予算を確保できなかった
・声優に予算を使いすぎた
・制作期間を確保できなかった
・作画監督が引き抜かれた
・作画監督がダウンした
・スタッフが逃げ出した
・海外に丸投げした

 こういう状態の場合、作画監督がほとんどの原画を修正することになるみたいです。「ヤシガニ」は丸投げした原画+動画が放映直前にメインスタッフのもとに届いたそうで、ほとんど修正できなかったらしいです。つまり、「ヤシガニ」は丸投げした場合のアニメそのものなんですよ。こういうアニメを作画監督が修正──というよりも描き直しているんですね。ちなみに、修正量から考えると、作画監督は固定給なので割に合わないみたいです。
 デッサンのおかしいキャラがいたら、修正が間に合わなかったんだな~と生暖かくチェックを入れたり、どのように修正しているのかに注目したり、作画監督の頑張りに敬意を示したいものです。

 しかし、最近は工業製品みたいにキャラデザと似た絵が好まれるようで、上手いアニメーターの特徴が消えるのが残念だったのですが、特徴を出したら一部のアニオタが作画崩壊と言ってそれを潰そうとするなんてふざけるなと言いたいです! オリジナルアニメなんだから、なおさら自由に作ってほしいんだよ。
 「グレンラガン」4話ってちょっと輪郭が太いぐらいだったんだけど、なんで過剰に叩かれたんだろう? ちなみに、4話の演出、作画を担当した小林治さんが監督の「BECK」はかなり面白かったと思ってます。
 そういえば、「らき☆すた」の監督にも何かあるようですね。今後、この2つの人気アニメはどうなるのでしょう? 消費者の声が単なるクレーマーになったら、サイレント魔女リティにとっては迷惑なんですよね。

○おまけ

 忘れそうなので、マッドムービーを追加しておきます。(前掲
 マッドムービー的には第4弾かな?

CR涼宮ハルヒの憂鬱2nd その1

CR涼宮ハルヒの憂鬱2nd その2

CR涼宮ハルヒの憂鬱2nd その3

|

« 春アニメ ’07 | トップページ | 最近の読書傾向 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/14893332

この記事へのトラックバック一覧です: 作画崩壊について:

» グレンラガンの「作画崩壊」と綾波の変顔 [名探偵西園寺万五郎がアニメを斬る!]
私はこのグレンラガンっていうアニメを見たことないんだけども、敢えてこの話題に触れてみる。 まずは、知らない人のために事の経緯から。 といっても、私も大して詳しくないんですが。 グレンラガンというアニメがあって、その四話目の作画監督が多少絵柄を変えて書いた..... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 14時37分

« 春アニメ ’07 | トップページ | 最近の読書傾向 »