« 作画崩壊について | トップページ | バグの許容範囲 »

2007年4月30日 (月)

最近の読書傾向

 最近読んでいる(ハマっている?)漫画と小説を紹介します。

怪物王女

 アニメ化しているのでご存知の方も多いことでしょう。ほとんど「怪物くん」の女の子バージョンですね。でも、それがいいw 絵がうまいわけでもなく、飛びぬけて面白いわけでもないけど、化ける可能性がある漫画です。吸血鬼ブームって全然終わってなかったんだね。

ユーベルブラット

 ファンタジーなのですが、正義ではなく復讐のために戦う主人公が熱いです。復讐相手が英雄なのも面白い。スクエア・エニックスなのにときどきエロ描写があるのはなぜ?と思いますが、主人公は大人なので仕方ないのでしょう。地図や同盟関係などの大局は提示できていませんが、英雄の数が7と決まっているので、かなり分かりやすい構造になっていると思います。

ドロテア~魔女の鉄鎚~

 魔女狩りな戦争話です。あまり詳細は知らないのですが、なんとなくジャンヌダルクっぽいですかね?
 ファンタジーではなくリアル世界での魔女話で、正義とは何か、戦争とは何か、という重いテーマを扱っています。主人公の心の描写が丁寧で、かなり感情移入しやすい漫画だと思います。

幻獣降臨譚

 1巻からして処女を守れというファンタジー小説です。女性の少ない世界で、主人公は美男に囲まれてます。作者は女性なのに、「汝は人狼なりや?」にハマっていたり、「吉里吉里」という単語を発したりと、さすがゲームライターって感じです。さらに「Pumpkin Scissors」や「フルメタル・パニック」にハマれるあたり、この小説は「彩雲国物語」よりも重厚で「十二国記」並にシビアなファンタジーになりそうです。

ダイヤのA

 熱血っぽいけどそれだけじゃない野球漫画ですね。作者が経験者だけあって、漫画的な熱血の中にリアルな熱血が見えます。ひょっとすると野球のスラムダンクになれるかもしれません。週刊連載でこういう良質な野球漫画が増えると底辺拡大になるのでいいですね。

 他に、「ヨルムンガンド」を読んでみようとしてます。また、このところ戦記モノ好きなんだなあと実感してます。萌えよりも燃えで、ロボよりも剣が大好きみたい。銃の話はあまり好きでもない。剣の話でアニメ化されるのは「そこは見知らぬ戦乱の異世界だった」で、燃えるよりは笑える(例:シャニティア)んだよね。どうにかならないかなあ。

|

« 作画崩壊について | トップページ | バグの許容範囲 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

怪物王女はカレー聖人が持ってるので読ませてもらってる。ユーベルブラッドは桜氏がもってるので読ませてもらってる。どっちも面白い。
ドロテアは自分で買ってるけど、ジャンヌダルクの話をもうちょっと先鋭にした感じですな。迫害される要因を明確にはっきりしたというか。
ダイヤのAは立ち読みだけど、普通に高校野球やってるよな、って感じ。ラストイニングが監督の頭脳戦中心なら、こっちは選手のドラマ中心って感じで。
ヨルムンガルドは何となく電波買いした一品。これもある意味勢いの作品ですな。ただ、ストーリーに何となくブラクラの影響を感じるのが微妙かナァ。

投稿: みなみうり | 2007年4月30日 (月) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/14893418

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の読書傾向:

« 作画崩壊について | トップページ | バグの許容範囲 »