« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月28日 (木)

アニメファンにとっての著作権

ANIMEがここ米国では人気作品でないとまるで売れなくなっていますが(その1)(その2)(その3)

 ニコニコ動画やYoutubeで、ハルヒ・らき☆すたなど角川系アニメの削除祭り開始(角川削除祭り)

 ファンサブに関してはこれと比較すると面白いですね。反応違いに層の違いを感じます。
 個人的には「企業側は著作権を厳しく取り扱わずに遊び場を提供する方がよく、消費者側は企業のお目こぼしに甘えることなく対価を支払う方がよい」という考え方ですね。その方がヌルい世界でお互いに幸せでいられると思うんだよなあ。角川はファン活動というコントロール不可能なコマーシャルをうまく利用してきたと思うんだが、ここに来て方針転換なんですね。著作権違反を指摘するのは簡単だけど、失うものも大きいんだよなあ。

 ファンサブは地方におけるYouTubeと同じで、ファンが勝手にアニメを放送しているようなものですよね。その結果、売れるアニメだけが突出して売れているみたいです。ジョンは「自分たちが買い支えてこそANIME産業が成り立っている」という立場のようですが、「自分が一番好きな作品のみ買い支える」という姿勢が正しいと思います。アニメファンが成熟してきたことと、ライトなアニメファンが誕生したことの現われでしょう。そのうえで、「時をかける少女」や「電脳コイル」などの、毛色の異なるアニメがヒットしてくれたらうれしく思います。(もちろん日本でも)

「時をかける少女」フジテレビ系にてテレビ放送決定!!

 忘れそうなのでメモ。7月21日(土)夜9時から全国フジテレビ系にて放送。
 劇場でDVDで見てない人がいたら絶対に見よう! 細田守信者からのお願いだぞっ!
 ※気に入ったら、過去の細田守アニメも見てくださいw

X JAPANが「恋のミクル伝説」をライブで熱演した!?

 ・・・ニコニコでは消えてる? 綺麗に見れたのに。
 これは完成度がなかなか高いMADだと思います。X JAPANって復活するのかなあ?


 角川の動向にちょっと注目しておこう。ファン活動をコントロールできないことに神経質になっちゃうのはどこも一緒かもなあ。それにしても角川がこういう行動に出るとは思わなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

夏アニメ ’07

 ちょっと調子良かったのに、なんでホークスは負けるのですか? それも巨人相手に4連敗とか・・・orz
 また負けてるので現実逃避w(完封負けとか…今シーズン2回目かな?)

 春アニメは、やっぱり電脳コイルが面白いですね。アイドルマスターが予想以上に面白いのはサンライズの底力ですか? 他には、グレンラガンとかハヤテとかクレイモアとかぼくらのとかは何とか見れてます。(ちょっと追いついてないけど)他にも面白いアニメはあるんだろうけど、かなり脱落気味。

 さて、本題。夏のアニメ新番組特集です。(参考サイト:MOON PHASE
 ※放送局ごとに分けてるけど地方によって異なるのでご注意ください。U局アニメがテレ東系で放送されたり、CSアニメが地上波(U局が多い)で同時に放送されていることもあるので、あわせてご注意ください。
 ……地デジになると、ひょっとしてみんなU局じゃね? どうやって記述しようかな?

<地上波>
【日本テレビ系】
 ○BUZZER BEATER

【フジテレビ系】
 ○モノノ怪
 ○ミヨリの森

【テレビ朝日系】
 ○ZOMBIE-LOAN

【テレビ東京系】
 ○トレジャーガウスト(06/11~)
 ○ファイテンション☆スクール

【U局系】
 ○ななついろ★ドロップス
 ○ドージンワーク
 ○ケンコー全裸系水泳部 ウミショー
 ○School Days
 ○CODE-E
 ○スカイガールズ
 ○ぽてまよ
 ○ひぐらしのなく頃に解
 ○さよなら絶望先生
 ○ゼロの使い魔~双月の騎士~
 ○もえたん
 ○撲殺天使ドクロちゃん2

<BS・CS>
【WOWOW】
 ○Devil May Cry(06/14~)
 ○ムシウタ
 ○シグルイ(スクランブル放送)
 ○バッカーノ!

【アニマックス】
 ○湾岸MIDNIGHT(06/09~)
 ○東京魔人學園剣風帖 龍龍 第弐幕

【キッズステーション】
 ○はぴはぴクローバー

【スカパー!PPV】
 ○鴉 -KARAS- 第4話(先行放送)

【ファミリー劇場】
 ○鉄子の旅

【不明】
 ○装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ

 今期はあまり原作を読んでないものばかり。だから、予想が難しいです。
 TBSは春アニメに2クールが多いので(たぶん)、秋のガンダム00待ちでしょうか?
 どうせほとんど当たらないんですけど、適当な予想でもやってみます。

本命:
 ・BUZZER BEATER
 ・さよなら絶望先生
対抗:
 ・ひぐらしのなく頃に解
 ・ゼロの使い魔~双月の騎士~
 ・撲殺天使ドクロちゃん2
注意:
 ・装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ
 ・ZOMBIE-LOAN
 ・スカイガールズ
穴:
 ・School Days
 ・もえたん
 ・ドージンワーク
大穴:
 ・ムシウタ
 ・バッカーノ!

 本命は、(読んでないけど)有名漫画のアニメ化じゃないかなあ。対抗に続編を配して、注意に原作などで化けてもいいものを置いてみました。あとは、自分の好みです。バッカーノも期待したいんだけどWOWOWなんだよね。

(※ここから先は、アニメファンの夢を壊す可能性があります。アニメを純粋に楽しめなくなる危険性がありますので、覚悟がある方のみお読みください)

 それはさておき、アニオタはこの問題にもうちょっと関心を持つべきだと思います! その理由を以下に列挙します。

1.所属声優を排除する動きがあるらしいぞ!
 未確認情報ながら、サンライズやスターチャイルドのアニメで、アーツビジョンとアイムエンタープライズの声優を排除する動きがあるらしいです。現在放送中のアニメや続編では、アニオタの反発を避けるためなのか変更はないようですが、ガンダム00にアーツビジョンとアイムエンタープライズの所属声優が出演できないかもしれないのです。所属声優をちょっと調べてみれば、すごい事態だと気づくことでしょう。(ちなみに、堀江由衣さんはフリーになったので出演可能です)

2.声優になりたいアニメファンは身近にいないか?!
 ちょろちょろと調べてみたところ、声優業界はやばいです。特に女性にはやばすぎます。後ろ盾のないまま声優になろうとすると、被害女性のようになりかねません。セクシャルハラスメントとパワーハラスメントが当然のように存在し、被害を訴える機関は一切ありません。それどころか、拒否すると声優を続けられなくなることや妨害を受けることもあります。(過去に消えた声優さんがいるでしょ? あとはゆりしーとか)さらに、今回のような問題が起こっても、業界は対策を打とうとしません。声優業界の現状は、キラキラとした夢や幻想に誘われた少年少女を悪魔が喰らうアニメそのものです。

 声優になりたい方へ。
 声優業界は芸能界だと認識した方がいいです。自分が知っているのは声優という職業だけではほとんど食えないということぐらいですが、少なくともある程度の情報(たとえば、こんなのとかこんなのとか)は仕入れて、それでもどうしてもなりたい場合は挑戦しましょう。
(成功するためには運の良さが必要って、ほとんど人間関係に恵まれるかどうかってことなんだろうなあ。業界に入ったあとに憧れている人に幻滅するとか容易に考えられるんだがw)

3.好きな声優はいないか?!
 好きな声優さんがパワーハラスメントを受けている可能性だってあります。妄想話にあった枕営業にしても、今回の事件と同様に、偉いおじさんが「アニメ出演を見返りにみだらな行為に及んでいる」可能性だってあるのです。そして、見返りのないセクハラも恒常的に存在する業界のようです。ちなみに、この妄想話は、関係者の話では脚色されているらしいので、すべてを信じないように。(しかし、完全に否定する人はいないみたいなので、悲しいかな、枕営業はあると思うしかないみたいです。若手声優が端役に出演するときに行われるみたいですよ。貧乏な若手声優の弱みに付け込んだ取引ですね。とりあえず、妄想ですが……)

 声優ファンは純粋すぎて、声優に裏切られたと感じたようです。しかし、アニオタにとっては中の人の問題です。だから、声優ファンより冷静に問題を分析できるはずです。そのうえで、青少年に夢を売っている裏で、声優の卵と若手声優の夢をつぶす行為(=セクハラ、パワハラ⇒泣き寝入りor業界から干される)が行われている。この事態をこのままにしていいのか?!という疑問があります。それに、上手い声優が消えてしまうような事態が起きてほしくありません。

4.アニメの質を低下させるな!
 仮に枕営業が頻繁に行われるようになると、下手な声優が声をあてることが多くなるはずなので、アニメの質が低下します。さらに、枕営業を行う声優に役を与えるためにアニメを新しくつくる可能性もあります。ひとつのアニメを作る予算で2つのアニメを作っちゃう可能性です。ひょっとしたら、アニメファンにとってはこれが一番深刻な事態かもしれません。自分は、上手い声優が干されている可能性とか考えると、すごく許せないんだよなあ。(実際に干されていたって発言している声優さんもいるしね)

 多くのアニオタがこの事件を知り、監視の目を強めることで、声優業界が変わってくれたらと切に願います。

(6/23 一部修正)
(7/2 追記)

| | コメント (7) | トラックバック (4)

2007年6月16日 (土)

ラジオと声優

 去年からちょくちょく都内で仕事をしているんだけど(今は詳しく話せません)、アーツビジョンやらラムズやら青二プロダクションやらが近所にあったんだと今更ながら気づいたり。(地図上に表示して、あそこかって分かるようになってる)仕事で苦しんでいたときに、近所でアーツビジョンの社長さんが事件を起こしてたんだろうか? 

 今回の事件を契機に様々な情報を得ましたが、特にアニラジ関係の情報に驚いた。声優ファンだったら知ってて当然なのかな?
 まず、國府田マリ子のラジオでディレクターをやっていた「さとDue」こと、佐藤卓也ディレクターが消えてる。次に、アニラジ業界(?)を席巻していた「おたささ」こと、おたっきぃ佐々木も消えてる。
 さらに、鷲崎健はアトミックモンキーという声優事務所に所属してる(その前におたっきぃ佐々木が社長のライトニングスカーレットにも所属していたらしい)し、ポアロというユニットを伊福部崇と組んでいる。(大阪芸術大学マスコミ研究部の先輩後輩の関係みたい。鷲崎が先輩かな?)
 伊福部崇はアトミックモンキー所属の放送作家(アニラジ構成作家)で、田村ゆかりととっても仲が良い(良かった?)らしいw ふたりとも伊集院光のラジオが好きなんじゃないかな?
 ちなみに、ゆかりんは「中島浩二アワー・THE3P」で3Pギャルをやっているんだけど、その時期に友人とKBCに番組表をもらいに行った記憶があるんだよね。でも、番組表とか整理できない体質なので行方不明w 探せばあるのかもしれないけど、3Pギャルも何度か代替わりしているし、ゆかりんが載っているかは分からない。斉藤ふみはすっごく覚えてるんだけどなー。

 それにしても、今回の事件に関して、某スレッドを業界関係者は注目しすぎ。実際に声優さんから「アイムからテンプレ指示を受けた」とか「おじいちゃん(現社長?)からセクハラを受けている」などという告発があるし、今後のアーツビジョンの動向を見るのは重要なんでしょうが、養成所は声優の卵を安心させるようなコメントがあってもいいじゃん。「パワハラ対策を行っている」というメッセージがほしい。
 告発してる声優さんは、ほんとかわいそうだよ。「事務所を離れるときは芸能活動を辞めねばならない」という契約を結ばされるらしい。どれだけ所属声優さんが事務所に反抗できないような体制になってるんだよー。そりゃあ、セクハラとかパワハラが横行する罠。
 証拠いらねの流れにできて良かったよ……これで告発を増やせる。

 アーツビジョンやアイムエンタープライズがユニットなどを組んで売り出す声優と売り出さない声優の違いは気になるんだよね。今までのユニットって、ハミングバード(三石琴乃・玉川紗己子・天野由梨・草地章江・椎名へきる)、ウェディングピーチ(氷上恭子・宮村優子・野上ゆかな)、やまとなでしこ(堀江由衣・田村ゆかり)、エクセルガールズ(小林由美子、高橋美佳子)、Prits(桑谷夏子、望月久代、小林由美子、水樹奈々)、みっくすJUICE(中原麻衣、植田佳奈、斎藤千和、森永理科)、Aice5(堀江由衣、神田朱未、たかはし智秋、浅野真澄、木村まどか)、クローバー(宮崎羽衣、井ノ上奈々、斎藤桃子、庄子裕衣)とかですか?(意図的にアイドル売りのユニットだけ選んでみました)
(↑Prits(桑谷夏子、小林由美子、水樹奈々、望月久代 )、Chiffons(氷上恭子、増田ゆき、小島幸子)、DROPS(國府田マリ子、金田朋子、神田朱未、野中藍、白石涼子)は入れるべき?)
 アーツビジョンとアイムエンタープライズとラムズが主導だと思うんですけど……基準が分からないw ユニットを組むとその後活躍する人が多いんだけど、中には声優としての技量が高いと思えない人もいるしなあ。2軍だと公式サイトとかで名前を載せてもらえないらしく、声優事務所には見えている以上の声優さんが所属しているみたいだし、誰を売り出すかって逮捕された社長の思いのままだったんじゃないかなあ。(初期のアーツビジョンはその余裕がなかった可能性はありますね)
 売れていない声優さんは貧乏なので、バイトしていない声優さん(親の援助を受けている人は除く)は、お偉いさんに飼われてるんじゃないかなあと妄想してます。
 そういえば、高橋美佳子のマネージャーって逮捕された社長の息子らしい。エクセルガールズのどさまわり時代から考えると、すごい出世(?)したんだねえ。個人的には、小林由美子の方が好きだったりするw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

声優とアニメ

 アイムと声グラの爆弾投下で休日をつぶしてしまった・・・

アーツビジョン騒動関連まとめwiki

 とりあえず、今回の事件については、ここが一番詳しいみたいです。
 推測や憶測もありますので、情報の真偽の判断は皆さんにお任せします。

 個人的に、一番問題だと感じたのは、声優ファンの声優への個人攻撃とアーツ・アイム・日ナレの対応ですね。

 今回の事件で、枕営業の有無についてはすべてグレーです。敵か味方かも分からないのに、声優を個人攻撃するのは、声優ファンがすべきことではありません。裏切られた感情はある程度分かりますが、メールで非難したりするのは対応が間違っています。(相手は弱者である女の子だよ)

 次に、アーツ各社の対応ですが、これはお粗末すぎますよね。声優に情報を出さないことで声優が逃げるのを食い止めようという意思が垣間見えます。声優に情報を出さないということは、声優ファンにも情報はおりてきません。
 特に、内部告発:アイム所属タレント説明会詳細で、
>私達だって素直に謝罪したくても、すれば怒鳴られる
>私は移籍先が見つかったので首も覚悟できました
>でも移籍先が見つからなくて、黙って従うしかない子も多いです。
という切実な悲鳴が象徴的です。

 一部を除いて、声優は派遣と同等の扱いだと思います。正社員(?)として扱われているのは、一部の有名声優だけでしょう。
 いち早く堀江由衣がアーツ脱退するのって、ほっちゃん本人が何もできない状態だったとしても、他の声優のことを考えると許せない行為に思えてしまいます。枕営業はよく分かりませんが、ひとりの人間として、それってどうよ?(何も知らされていない声優は怒って当然だと思う。内部告発の一因かも? この内部告発って声優とマネージャーが組んでそうだなあと自分は思ってるんだけどどうかな?)

 枕営業できるようなしたたかな女性ならば、次の枕営業先を見つけると思います。中堅声優もコネで移籍先を見つけることでしょう。もっとも被害を受けるのは、まじめに声優活動を続けている若手声優です。不当に叩かれそうで、それが心配です。
 声優間で情報交換できるように、誰か音頭をとらないのかなあ? 見つかったら首にされそうですが……全員首にはできないでしょう。(ポイント稼ぎのために裏切る人もいるのかもなあ)

 業界の体質改善のための署名運動とかあれば参加したいなあとは思うよ。このままだと、今回の件が風化するまで待とうという姿勢に終始することになるんだろうし。それでいいとは到底思えない。

キミキス

 ゲームやってないけど、超期待。声優さんが豪華です! 最初に見たときには古臭いキャラデだなあと感じたんですけど、今見ると古臭く感じないなあ。表現によっては、かなりエロいキャラデです。(漫画の影響が大きい?)

ドージンワーク

 こっちもアニメ化なんですよね。あずまんが大王とか、ぱにぽにとかのノリに、同人誌をくっつけたような感じです。売れない同人誌の方が楽しいんじゃないかなあと思います。(お金目的だと好きな漫画を描けないんじゃ?)

さよなら絶望先生

 新房アニメなのに千和がいない・・・。アーツ・アイム外しが囁かれているアニメです(真偽は不明)。
 声優騒動がアニメにまで波及してきています。ゆかりんファンやくぎゅファンは特に要注意だぞっ。
 それにしても、講談社に移ったらアニメ化とは・・・小学館を抜けたのって?

もえたん

 もえたんまでアニメ化です。ゆかりん主役です。絶好調・・・かなー?(今回の事件でどうなるかな?)

清水愛、能登麻美子、山本麻里安、TVアニメーション「桃華月憚」で脚本家デビュー

 ミンキーモモ?w 面白い試みですね。こういうのは演劇出身者の方が強いんじゃないかな?

『eXceed3rd-JADE PENETRATE-』公式サイト

 豪華声優を起用した同人ゲーですね。同人じゃないだろ、これw

電脳痛車祭り(ヤンデレもあるよ)なのですよ

 AAを重ねて描いているらしい。すごいなあw

北米版ハルヒの声キャストがみんな神がかっているらしい件

 やっぱり配役は重要だよね。枕の有無で決めちゃいけないよね・・・と思います。自分は枕営業している声優さんでも役に合ってて上手けりゃあ文句はないです。性格が悪くても役に合ってて上手けりゃあ文句はないのと同じ。

以上(アーツ・アイムがよく使うらしいw)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

声ドルバブル崩壊、その後・・・

 最近、ホークスが弱いもので、声優ネタに現実逃避中。西武とソフトバンク以外のパ・リーグ球団はがんばってるというのに、何やってるんだよー!

 そんなわけで、声優情報を眺めているわけですが、予想以上に面白い。アーツとアイムと日ナレが同系列って知らなかったし、声優に関する知識が根本的に不足していることに気づかされました。エヴァって角川書店×キングレコード×アーツビジョンだったのね。
 ちなみに、いろいろな噂がありますが、すべてグレーらしいので、ファンは声優さんを応援してあげる方がいいと思うよ。(2chでは信者を「儲」と書くことを今回知った)

 今回の事件で分かったことが4つあります。
1.声優を天使のような存在だと考えているファンが少なからず存在する。(もっと言えば、処女崇拝している声優ファンがいる)このようなファンが、今回の事件で「裏切られた」と落胆したのだろうと推測する。シンジ君@エヴァの「僕の気持ちを裏切ったんだ」という感じでしょう。
2.音響監督が声優を選ぶことが多いらしい。従って、音響監督によって声優に偏りが生まれる。劇場版Zガンダムの一件も記憶に新しいので、ここに疑念が向けられているのだろうと想像する。
3.声優の社会は非常に狭く、コネで配役が決まることもある。コネには、ファン・知人・同僚・先輩・後輩・友人・師弟・仲間・派閥・恋人・愛人など様々な形態がある。つまり、何をもって汚いことをして役を得たと言うのか難しい。
4.事務所をやめると、仲間からライバルに変わる。所属していた事務所の関係者から陰口を叩かれたり嫌がらせを受けたりすることがあるらしい。

 要するに、声優業界はドロドロしているってこった。
 夢がある職業ではないかもしれないね。

 では、次に関連ブログを紹介。

ゆり花日和

 落合祐里香さん(ゆりしー)のブログ。MMRになってるらしい。詳細はこちら。アーツビジョンを辞めて大変だったようなので、今後はのびのびお仕事をがんばってほしいですね。ITmediaの中の人もよくがんばったと思う。(自分はこれでゆりしーの活動を知りました)

すたちゃまにあ内の堀江由衣の日記

 もっとも疑念をもたれている声優さんの堀江由衣さん(ほっちゃん)の日記です。 「ファンのみなさまへ」というタイトルで、今回の事件に関する記述があります。あまりにも綺麗なイメージで売りすぎたので、ダメージも大きいはずです。HEY!HEY!HEY!に出たあと、ここまで半狂乱状態になるとは、一寸先は闇ですね。

田村ゆかりOFFICIAL SITE

 田村ゆかりさん(ゆかりん)のオフィシャルサイトです。2007年06月04日(月)(6月5日更新)の日記(Diary)に、今回の事件に関する記述があります。アーツビジョン声優の人気では、ほっちゃんについで2番目なので、2番目に疑われている声優さんです。「やまとなでしこ」というユニットで、ほっちゃんと組んでいた時期もあります。ほっちゃんファンよりもゆかりんファンの方が耐えている印象です。
 ちなみに、般若だけど自分もそこそこファンですw 声優としてはかなり上手いと思います。

ますみんのへや

 浅野真澄さん(ますみん)のサイトです。ラジオ(生放送)で今回の事件に言及した声優さん(アーツ・アイムでは唯一かな?)です。DIARYにも記述があり、さらに意味深な文章も綴っています。声優としては特徴に欠けますが、奔放な性格を生かしたラジオは面白いです。相方の鷲崎健がしっかりフォローしてくれることを願っています。


 最後に。
 今回、個人的に最もびっくりしたのは、中原麻衣さんですよ!

 何がびっくりしたって、Wikipediaにある次の2文。
 ・現在の芸名はデビューの際に、事務所の社長から出身地の地名を基に付けられた。
 ・北九州市戸畑区に「中原(なかばる)」という地名がある。
 ちょwww 実家の近所www JRの最寄り駅が同じですが何か? 中原東と中原西があるんだけど、どっちだろ? スピナ(旧テツビルストア)の「堅パン」とか「みつわ→シアーズ」とか「ソオカナパン」とか、超ローカルネタが通用するというのか?!
 というか、そもそも同じ校区だろ? かなりの確率で中原中学校だろ? 中原麻衣が中学生のときに、中学校の周囲は通学路だったぞw 妹と同年代らしいが、いかせん妹はリアルごきげんようだったからなあ。接点はないか? それに、剣道初段って…自分も子供の頃は剣道やってたってのw これもニアミス?!
※中原さんが戸畑に来たのは中3らしいです
 九工大の学祭では声優イベントがあるみたいなので(行ったことがない)、故郷に錦を飾ってくださいな。
 ともかく! ご近所さんなら応援する義務があるっしょ。麻衣たん、がんがれw
 (この芸名、逮捕された社長が考えたんだよねw)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

秋アニメの核

 スパムが多すぎなので許可制にしてみた。といっても、何を許可するかとか難しいよなあ。
 適宜判断ということで。判断ミスがあったら正直すまん。

 さて、本題。

機動戦士ガンダムOO

 新作ガンダムですね。ガノタじゃないので、深いところに言及できないけど、ガンダムは売れるしなあw

 2007年10月より TBS系 毎週土曜18時放送
 監督・水島精二
 シリーズ構成・脚本:黒田洋介
 キャラ原案:高河ゆん
 キャラデザイン:吉田健一
 プロデューサー:竹田P
 ナレーション:古谷徹
 
 水島さんと黒田さんと吉田さんの関わったアニメは好きなんだよ。むしろ、ガンダムできておめでとう。

 今回は、富野ガンダムにはあると思う、子供の論理と大人の論理のぶつかり合いを見たい。黒田アニメ的には「リヴァイアス」+「ガングレイヴ」ぐらいが理想的。「大運動会」ぐらいの努力熱血もOK。
 水島さんも熱いアニメが多いから、汗臭いガンダムになりそうな気もする。というか、汗臭いガンダム希望w でも、キャラ原案が高河ゆんなんだよね。腐女子狙いか~。腐女子アニメ×黒田脚本もまた相性いいんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »