« ドコモ2.0じゃないよ | トップページ | アニメの表の話題と裏の話題 »

2007年7月 8日 (日)

アニメの見所

 solaが良作だったらしい。気付くの遅すぎ。何とか見る機会を作りたいなあ。
 電脳コイルを見ていると野田順子成分がほしくなってw、灰羽連盟を買ってしまった。作画崩れはあるけど、なかなかに面白いね。広橋涼ちんの演技もかなり良い。(広橋と水橋ってキミキスラジオをやってるけど、声質に明確な特徴があってハマれば良い演技というのは共通してる?) LAST EXILEはスルーすべきじゃなかったかなあ。今さらほしくなってるw
 そういえば、ネギまって実写化されるんだ。茨の道を自ら歩むのかよ?!

オトナアニメ Vol.5 緊急超独占企画 山本寛INTERVIEW

 今回のオトナアニメは面白そうだ。グレンラガン、山本寛、梨田昌孝@おお振り、山本弘@電脳コイル……とかなり興味深い内容。アニメ雑誌はアニメの内容に左右されるんだなあ。

「フリースタイル」vol.7 特集 細田守…『時をかける少女』を作った男

 細田守特集が続々じゃんか。琴線に触れる層が広いアニメはいいものだ。

キネマ旬報2007年7月下旬号

 あのキネジュンまでも「対談:原恵一×細田守」をやっちゃうのか。「河童のクゥと夏休み」も期待しているんだよなあ。

 おそらくアニメの流れが萌えから違う何かに変わったな、と思う。それでも萌えアニメは作りつづけられるだろうけど、萌えって本来視聴者が判断すべきものなんだよー。作り手が狙った段階で作り手の萌えでしかないんだけど、ギャルゲの氾濫で最大公約数な萌えを持ったキャラを作成できるようになってるから、結局作り手が典型的なツボを分かっていればヒットするんだよね……

「時かけ」と世界の狭さ

 そんな売れまくっている時かけだけど、世界の狭さが指摘されてるみたい。セカイ系って批判的に使われるけど自分は大好きで、世界観の耐性のなさを物語の展開でうまくごまかす(でも、ごまかしきれていない)のが気持ちいいw そもそも、どこからセカイ系よ? ラピュタだってセカイ系じゃないのか?!

○春アニメの見所

 まずは、電脳コイル。
 9話が終わったので、ガイドブックを開封w(9話ネタバレがある) 世界観や専門用語の把握には役立ちますね。でも、これってアニメージュの付録でもいいんじゃね?w(アニメファンじゃないと買わないでしょうし)
 電脳コイルの魅力は、なんといってもハッキング戦闘シーン! 通常はキーボード越しでの文字の戦いになるところを、「メタタグ」「メガビー」などで実体化して映像的に面白いものにしたところが魅力的です。行政の管轄があって、神社に「サッチー」が入れないというところも面白いよなあ。
 見たことがない人向けに説明すると、キテレツ+攻殻機動隊+学校の怪談+デジモンみたいな感じです。キテレツの発明要素、攻殻機動隊の電脳世界、学校の怪談の怪談要素、デジモンの向こう側の世界。上手く説明できてないぞw とにかく、世界観や専門用語がSF脳をほどよく刺激するし、よく動くし戦闘シーンはかっこいいしキャラは魅力的なんだよ。「SFは絵だ!」と言う偉い人もいるから、四の五の言わず見るがよい!(えー

 続いて、グレンラガン。
 グレンラガンって光と影の使い方が面白いと思うんだよなあ。バンクでの光の使い方とか、光源不明な影の使い方とか、漫画の技法からの引用なんじゃない?(少女漫画のような) 矛盾を許して強引な展開と動きで主張するSFアニメだからこそ、このような表現を使用できているように思います。
 他にも、戦闘シーンの会話を挿入するのはガンダムかスパロボかって感じだし、その会話中に前面にキャラを配置するのも少女漫画の3次元表現手法(古くは絵巻物での3~4次元表現かな?)なんじゃないのかなあ?
 最近では少女漫画以外でもコマを超えたキャラのぶち抜きがありますが、この表現手法が大好きです(名前があるのかなあ?)。これがないと「見つめ合っているキャラなのに、どちらも読者側を見ている」ということができない! 後頭部を見せるか、横からの構図になっちゃうんだよね。少年漫画は大抵コマを複数使って対処してるのかな? それにしても、こんな手法を誰が発見したんだろう? そして、この手法をアニメに持ち込むのは大賛成。何よりかっこいいもんw

 最後に、アニメ版アイマス。
 舞HiMEシリーズと言うよりは、むしろエヴァと言うべき(設定とか構図とかミッションとか)だけど、これはこれでいいんじゃないかなあ? また、ゲームの声優のままだと、余計にゲームファンを怒らせる結果になったと思う。アイマスを利用しなくても良かったんじゃね?とも思うけど、女性パイロットのロボットものという企画が通りにくそうなので、個人的には大満足だったりするんだよなあ。
 エヴァと違うのは、サンライズらしく敵キャラが明確に提示されている点と、アイドル(=ロボット)とアイドルマスター(=パイロットの女性キャラ)の恋愛wが描かれている点ですね。アイドルがアイドルマスターを録画(盗撮?)しているのがかなりツボだったので、「インベルがんばれ」「ネーブラがんばれ」ですよw
 エヴァ同様に大人の都合が描かれているのも嬉しいなあ。もっとドロドロしてほしいので、今後の裏切りが楽しみです。

 さて、夏アニメはどれが面白いんだろう?

|

« ドコモ2.0じゃないよ | トップページ | アニメの表の話題と裏の話題 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/15689170

この記事へのトラックバック一覧です: アニメの見所:

« ドコモ2.0じゃないよ | トップページ | アニメの表の話題と裏の話題 »