« アニメファンにとっての著作権 | トップページ | 声優を考えてみる »

2007年7月 1日 (日)

世界に広がるオタク文化ってやつ?

 声優ネタを追いかけていると、声優に詳しくなっていくw オタクとしてはおいしいから、まあいいか。影響を受けて散在しないように注意しよう。(楽しい声優ネタって取り上げにくいよなあ。どうしよう?)

宇多田ヒカルさんが劇場版「ヱヴァンゲリヲン」のテーマソングを歌うことが決定!

 さて、これはどう評価していいものか・・・何でそうなるの?w 宇多田ヒカル(ここまで立派にオタクなのに、オタダヒカルと言われてないねー)は嬉しいかもしれないけど、オファーは庵野から? 大月Pから? でっかい賭けに出たなあ。

 そりゃあ、こんな感想になるよねえ。

実写版「エヴァ」を手がける、ADV FilmsプロデューサーMatt Greenfield氏インタビュー

 実写版って生きているんですね。マッハGOGOGOも銃夢も生きているのか。実写版ってチキンレースだと思うんだよね。ゴジラがこけたからなおさら慎重だったりしないかなあ?

海外アニメファンが語る「なんで漫画やアニメを見始めたの?」
海外アニメファンが語る「なんでアニメを見るようになったの?」第2弾

 やっぱり友人の布教活動ですよね。アニラジをちょっと聞いていた(自分はラジオドラマが好きだったんだが……って、ここから声優さんを意識するようになってるんよね)のをきっかけに少しずつ色々なオタク知識を吹き込まれた気がするw 海外ではドラゴンボールとナルトがきっかけな人が多いのかな? フランスとかスペインではセーラームーンがもうちょっとありそうな予感。漫画もきっかけになっていっているようなので、漫画のアニメ化がうまく機能すれば爆発する可能性は秘めてますね。

中国で国産の少女漫画がブーム

 そういう過渡期だからこそ、このニュースは嬉しい。こういう漫画が評価されて、ローゼン閣下肝入りの国際漫画賞を受賞できたら、海外の漫画家も日本で支持される漫画の水準というものを認識できてお互いに幸せじゃないかと思います。日本食とかも、海外のものを全否定するのではなく、水準維持のための賞とかならあってもいいと思うな。

作家の読書道 第68回:有川 浩さん

 デビュー作の「塩の街」を買ったものの読んでないぞー。電撃って、軍事を書ける女性作家がかなりいるよねえ。その幅の広さが、電撃の好調の秘密なんだと思います。旦那さんの「電撃ならデビューしたらとりあえず第二作目をすぐ書かせてくれるから」という分析は鋭いし、そこはかなり評価されるべきだと思うわ。書かなきゃ物語を上手く書けるようにならないしねえ。

ワールドコン

 ついに誘われちゃった。2007年8月30日~9月3日ね。仕事の関係上、行けるかどうか分からないんだよなあ。料金は高いけど参加できたらきっと楽しい話を見聞きできると思うんだけどなあ。
 休暇と懐にゆとりのある方は参加してはいかがでしょうか? 今回はワールドコンなので、世界的な作家さんも来日されるんじゃないかと思います。もちろん日本の作家と漫画家も参加するはず。詳細は上記サイトでw

|

« アニメファンにとっての著作権 | トップページ | 声優を考えてみる »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/15610610

この記事へのトラックバック一覧です: 世界に広がるオタク文化ってやつ?:

» アニメ ソング [アニメ ソング]
アニメソング好きですか?アニメの主題歌や、挿入歌やイメージソングなどをアニメソングっていうんですね! [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 21時48分

« アニメファンにとっての著作権 | トップページ | 声優を考えてみる »