« 今日は「時をかける少女」の日! | トップページ | そして、アニメ三昧 »

2007年7月22日 (日)

サイゾー買ってきた

 自分の声を録音してみた。やっぱだめぽw 何度やってもへこむ。骨伝導と空気伝導だとこうも違うものか。低い声の方が濁りがなくて聞きやすいんだなあ。それでも面白いから色々試してみよう。
 声優さんはマジですごいから、すごいままでいてくださいw

 オールスターでは最近パ・リーグは弱いんだよなあ。お祭りとは言え、ドラフトを考えると勝ってほしいんだが。
 サッカーのアジアカップでは、日本がPK戦で勝ったようで。川口が神だったようで。当然のように「時をかける少女」を見ていたので、結果を知って良かったねえと安堵した次第。つーか、オーストラリア強くね?

 さて、本題。

サイゾー8月号

 表紙から「オタクギョーカイの闇」ですよ。どんなもんかと思ったら、声優業界だけが突出しているようなw
 他は業界よりもむしろファンの問題が多く、オタク市場なんて閉じた世界だからなあという閉塞感を感じますね。「オタクの敵はオタク」という究極の命題にぶち当たるというねw 同人関連のトラブルは、大金がからむことがあるし青田買いの側面も強いから、別に驚くこともないという気がするなあ。
 オタクは金になるということが周知されたから(といっても、儲けるのは一部なんだけどね)、余計にオタクを馬鹿にしている層が流入しているんだろうね。オタク再生産だとそれはそれで問題だから、オタクを馬鹿にしていても作品の完成度を上げられる人ならば入ってきてもらった方がいいように思うなあ。その方がオタクとして嬉しいぞw

 それにしても、事件以降、声優業界関係者の口が軽くなったんじゃないんかなあ? 枕営業・セクハラ・パワハラの存在は認められたと思っていいよね?

 大物声優Iって、おそらく「パイプカット先生」のことで、現在は「かかし先生@ナルト」役の井上和彦さんでしょ? どこまで本当なのか分からないけど、伝説だけでもすごいもんだよなあ。(マネージャーもやってたらしい、たてかべジャイアンもすごいみたいだよね。マネージャーの仕事ってスケジュール管理なのかと思ったら営業も含むんだね。マネージャーが力を持つ理由がよく分かりました。そりゃあ青二とか新人声優さんがマネージャーの指名を待つ状態になる罠──と鹿野さんのNHK出演番組を見て思った)

 また、掲載されていたのはハルヒの主要キャストだけど、養成所時代のセクハラってよくある話らしいんだよねえ。演技指導というのは、そういう要素があるのかもなあ。若い先生と高校生~大学生ってそういう話がよくあることなんだから、セクハラじゃなくってまともに恋愛にしようぜと思うんだが、どうよ?

 「以前飲み屋でホステスをしていた新人声優にすり寄られて、一度だけ映画に脇役で出してあげたことがあるんですよ」──なんというか、ある映画プロデューサー氏も「大したことのない話」として簡単に話すもんだ。そんな決め方でいいんかいw あとは元ホステスって本当にいるんだね。

 声優雑誌ライターのA氏は声優という職業とか声優さんを信念を持って愛しているね。それは感銘を受ける。しかし、実態をあまり知らないようにも見えるんだよね。「信念を持ってまじめに取り組んでいる人も大勢います」というのは、自分もいると思う──というより、そうであってほしい。そういう人は声優とバイトの両立って大変だろうなあ。

 枕営業よりも、むしろ玉の輿狙いという声優さんがいてもおかしくないというのは昔から思っているから、それは問題ないんだけど、あとはキャストを決める側がどこまで公明正大な姿勢を貫けるかだと思う。同じような声の中からひとりを選べっていう難しい選択だけど、同じようなキャラの中からキャラクターデザインが決定されているんだから、それも可能なはず! むしろ、プロなんだからがんばれw

 こんだけgdgdっぽいのに、これだけのレベルを維持できているのって相当にすごくね? 萌え声に特化しすぎて外画吹き替えとか実写寄りのアニメとかナレーションなどで使いにくいなどの弊害は出ているようだけど、それは声優さんと事務所の戦略ミスでしょう。技術はすごいのに作品に合わないって、努力の方向が間違っているとしか思えんw やっぱり、萌え声で通用するのは、ほんの一握りでしょうねえ。むしろ自分はドスがきいた声の方が好きでして……以前、友人からドMだと指摘されたけど、やっぱりそうなのか?!
 あとは、「大手声優プロダクションの傾向」って掲載されているけど、間違っているように思うんだけどなあ。「アニメに強い」⇔「ナレーションに強い」だけど「外画吹き替え」はどこに?とか、「アイドルチック」⇔「地味め」だけど、川澄・能登コンビはそこでいいの?(事務所の位置はそこなんだろうけど)とか、アイムとラムズの位置関係はそうなんかなあ?とか、なんか釈然としなかったり。
 むしろ、最近の芸能事務所(スペースクラフトとか)や映像ソフト系事務所(ボイス&ハートとか)の進出を取り上げてほしいような……って、サイゾーには無理な話だよなあ。異業種の声優業界への進出って、業界にとっていいことなのかな?悪いことなのかな?(JTBも進出するんだよね)

 絶望先生を見て沢城みゆきを上手いと思い、ひぐらしを見て雪野五月と田村ゆかりを上手いと思う。以前とまったく行動が変わってないんだよなあ。騒ぐことで何らかの抑止力になればいいかなーと思うことにしようw

|

« 今日は「時をかける少女」の日! | トップページ | そして、アニメ三昧 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

 アイムの声優さんは既婚者が多いんだって。こうやって無駄な知識ばかりが増えていくんだよなあ。こういう情報でダメージがないあたり、声優ファンとしては異端なのか、単にアイドル声優ファンじゃないだけなのか……
 色々と邪推して、パワハラ被害者にはかなり悪いなあと思うんだよなあ。でも、被害者を増やさないためには、騒いだ方がいいと思うし……そういう行為とは無関係な声優さんは被害を大して受けないと思うしなあ。
 中の人はアーツ・アイムが守ってくれないと愚痴っているようだけど、動かないだろうことを見越して情報を渡さず一切守らない方針にしたんだと思う。それでも、予想以上にまったく守ろうとしないんだなあと思った。ちゃねらと同様に、 敵に回すと恐ろしいが、味方にすると頼りないのが声優事務所なんだろうから、そりゃあ個人営業に走るわなあ。

投稿: せつな朱遊 | 2007年7月23日 (月) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/15839876

この記事へのトラックバック一覧です: サイゾー買ってきた:

» 時をかける少女 [お気楽絵日記]
「受験の神様」を見ようとする子供を押しのけて(^_^ [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 23時22分

« 今日は「時をかける少女」の日! | トップページ | そして、アニメ三昧 »