« クロスセックスブーム到来? | トップページ | 感想:真・女立喰師列伝 »

2007年11月18日 (日)

メイドさんは誘い受け?

 ところで、「いいえ、ケフィアです」は流行語大賞に選ばれないのだろうか?

 ふと、「テレビ=非オタク文化」「ネット=オタク文化」(ケータイが第3の文化って感じがします)だから、テレビ関係者がネット嫌いなんじゃなかろうか?とか思ったり。テレビは「ネット=オタク」と見て、「オタクをいじろう」「ネットを利用しよう」という姿勢があるように感じることが多々あります。オタクはそれを冷ややかに眺めているわけで、もはや、これは「冷たい戦争」ですね。どっちが悪いとかじゃなくて、文化衝突なのかもしれません。
 それを考えると、萌えアニメのフロンティアはネットにあるように思うのですけどいかがでしょうか?
 「本当に排除しなければならないのは、地上波の視聴率に魂を引かれた業界人達だろう?」

 最近、声優ネタの比率が高くなっていたので、今回はもうちょっとアニメネタを増やすよう努力しようと思いました。といっても、作画監督とか演出とかのチェックが甘くなってるから、いまいちなんですよね。どんなもんでしょう?

エイベックス映像事業再生プランが明らかにするアニメビジネス

 アニメは確実に回収できる。しかし、回収までに時間がかかる──というのが結論でいいのだろうか?(確実に回収できる仕組みは正直分からないんだけど、アニメビジネス本にそう書いてあった)個人的な感覚では、大ヒットしない限り回収までに5年間は必要じゃないかなあ。その後に発売されるBOX分が利益になる。短期間で運用されるファンドには不向きなんだろうなあ。

 エイベックスの例は分かりやすいと同時に、まじめに取り組んでいる様子が伺えます。過去のアニメブームでは荒らしてさっさと見限る企業もあったようですし、そうならないように長い目でとらえてほしいものです。でも、消耗戦になっちゃったらどうしようもないよなあ。

 個人的には分散投資に反対です。資金よりも人的資産の分散が問題ではないでしょうか?
 また、売れるアニメの方程式はないけど、売れないアニメの方程式はあると思っています。
 まず、アニメファンの興味を引くだけの原作・スタッフを集められなかったアニメは売れないと思います。(これが分散投資の最大の問題でしょう)
 次に、既存の売れているアニメをコピーすると当然のように売れません。(アニメのマーケティングってどこか間違っているんじゃないかな?)
 最後に、原作ファンの意向を無視すると持続的な成功を望めません。(原作ファン対策は京アニがうまいよね)

 海外に目を向けるのは正しいのでしょうが、海外ありきのアニメって、どちらのファンにも受け入れられずに(一部例外はありますが)大抵はこけますよね。製作は海外ありきで、制作は日本に特化(もしくは、アメリカに特化)という方向性の方が対応しやすいように思いますが、いかがでしょうか?

エイベックス、「ニコニコ動画」活用など映像事業構造改革

 エイベックスってドワンゴに投資してるんやね。だからこそのニコ動活用の動きかあ。エイベックスが真っ先に動くとは思っていなかったので、ちょっと驚いてしまいました。どのようなコラボレーションになるのか注目したいです。(あと、映画に歌手を出演させるのは、映画ファンに嫌われるぞー)

○げんしけん2

 げんしけん2をようやく見て「やっぱり荻上はいい!」と改めて認識。中の人もいいけど最萌えキャラだよ~。次点で斑目(笑)。やっぱり斑目総受けがすこぶる分かりやすい。(荻上の中の人が誘い受けブームだったのはこういうわけか)
 個人的にあまりメイドさんが理解できないんだけど、メイドさんを誘い受けだと考えると多少理解できるような気も……認識が間違ってるかな? 単純に主従関係が明確なのって萌えにくいんよね。むしろ、下克上の方が萌えやすい。(日野理恵はデレたときに下克上が発生するから萌えられるというか・・・)ツンデレというキャラ属性よりも関係性用語の方が説明しやすいというのもどうかと思えてきた。ちなみに、ドラマの相関図って、女性の関係性重視が前提だよね。
 だからって、荻上は誘い受けかなあ? ツンデレではあるけど……むしろ、年下攻めでとかダメかな? 誘われ攻めって気もする。とにかく、自分の中では受けじゃねえ(笑)。

○ef - a tale of memories.

 なんとなく新房監督っぽいかなあと思ってたら、監修に新房監督がいました。監督じゃなくて監修なんだね。最初の方では地平線や水平線の位置がいまいちしっくりこなかったけど(どうも、違和感が・・・)、自分が慣れてきたのか制作側が修正したのか最近はいい感じ。スーパーフラットな感じの色彩もいい感じになってきました。挑戦しているのが見てとれて、気持ちの良い作品ですね。
 様々な話が同時並行的に進行しているけど、個人的には新藤千尋の話が一番面白いかな。それにしても「しんどうけい」って名前をよく見るようになったんだけど、何かあったのかなあ?(「死んどけ」由来で良い名前ではないように思えるんだよね)

○電脳コイル24話「メガネを捨てる子供たち」

 イサコの“事故”により状況が一変しましたね。メガネが諸悪の根源になってしまいました。まるで「ゲーム脳」のように、「メガネ脳」が論じられることでしょう。(「ゲーム脳」ってNHKから出版されませんでした?(笑))
 これほどまでに、「大人は分かってくれない」を的確に表現できるものなんですね。絶望感や喪失感の表現のために進行を遅くしているのに、「金沢」「いじめ」「丸4つ」という伏線を回収しようとするなんて、風呂敷ってたためるものなんだなあと思ってしまいました……残り2話だから完全にたためるかどうかは不明ですが、それでも、磯監督すげえや。
 来週より「決戦!第3新金沢市」な展開ですが、本当はCドメインで決戦なんだろうねえ。どういう決戦になるのかは不明だけど、個人的には猫目弟が猫目兄を裏切ってほしい。その方が萌えるし燃える(笑)。猫目兄は残念ながら死亡フラグが立っていると思うんだがどうだろう?

|

« クロスセックスブーム到来? | トップページ | 感想:真・女立喰師列伝 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/17105170

この記事へのトラックバック一覧です: メイドさんは誘い受け?:

» 流行語 [ヘボログ]
2ちゃんねる検索」が、2007年にあらわれた「ことば」の中で、この1年の出来事を... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 09時35分

« クロスセックスブーム到来? | トップページ | 感想:真・女立喰師列伝 »