« 情報化社会という現実 | トップページ | コンテンツの価値は? »

2007年11月24日 (土)

冬アニメ ’08

 気の早いアニメファンの皆さん、来期のアニメ新番組の特集ですよ~。完全にフライングなので、情報が入り次第更新予定です。それにしても、早くも4月の新番組情報が続々と出てきているんですよね。そりゃあ、アニメファンも気が早くなりますって。

 某プロ野球板の「もうやめて!広島の主力はとっくにゼロよ!」と「多田野投手に興味はありません!」というスレタイは秀逸だよなあ。

○2008年冬アニメ
 ※参考文献:MOON PHASE
 ※「◇」は特番です

<地上波>
【NHK教育】
 ○MAJOR 4th season

【日本テレビ系】
 ◇イノセンス
 ○ヤッターマン

【TBS系】
 ◇ああっ女神さまっ 闘う翼
 ◇Frontiers of MACROSS
 ◇劇場版 鋼の錬金術師
 ○のらみみ

【フジテレビ系】
 ○墓場鬼太郎

【テレビ朝日系】
 ○Yes!プリキュアGOGOGO!

【テレビ東京系】
 ○ARIA The ORIGINATION
 ○みなみけ~おかわり~

【U局系】
 ※BS11のアニメもこちらに移動しました。
 ○ウエルベールの物語 第二部
 ○ロザリオとバンパイア
 ○全力ウサギ
 ○PERSONA -trinity soul-
 ○狼と香辛料
 ○H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~
 ○俗・さよなら絶望先生
 ○true tears
 ○破天荒遊戯
 ○君が主で執事が俺で
 ○シゴフミ

【特殊系列】
 ○GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-

【北海道限定】
 ○ユメミル、アニメ『onちゃん』

<BS・CS>
【BSフジ】
 ○ポルフィの長い旅
 ○もえがく★5

【BS11】
 ※こちらとU局のアニメをご覧ください。

【AT-X】
 ◇ゆめだまや奇談
 ○AYAKASHI
 ○Mnemosyune -ムネモシュネの娘たち-

【キッズステーション】
 ◇遙かなる時空の中で3 紅の月

【カートゥーンネットワーク】
 ○ルビー・グルーム

 来期の特徴として、まず、BS11があげられます(参考)。非常にアニメに力を入れているBS局みたいなので、ネット放送と同じぐらい今後の展開に注目が必要ですね。
 次に、制作期間をあけて続編を放送する方式のアニメが多いですね。来期のアニメでは、「MAJOR」「ARIA」「ウエルベールの物語」「絶望先生」がこの方式です。まだ続編は放送されていませんが「コードギアス」の成功が大きかったのでしょう、「ガンダム00」もこの方式が採用されるそうですね。ちなみに「みなみけ」は、制作会社が異なるし制作期間はあいてませんし続編ではないので、この方式ではありません。果たして成功するでしょうか?
 次に、萌えアニメが減退したからでしょうか、これまでの流れにはない「のらみみ」「墓場鬼太郎」といった渋い漫画のアニメ化が目につきます。放送局としても挑戦になるでしょうが、「もやしもん」がある程度受け入れられているので大丈夫かもしれません。大成功になるか大失敗になるか、どちらかではないかと思っています。
 最後に、最近の注目キャラは「アホの子」「ケモノっ娘」らしいですね。来期のアニメでは「狼と香辛料」が代表的なケモノっ娘です。好きなライトノベルなので「狼と香辛料」には注目していますが、ケモノっ娘に関しても注目です。キャラ属性にも流行があるのでしょう、今後のアニメへの影響もあるかもしれません。

 では、外しまくっている超適当(てげてげてげ@宮崎弁、だっけ?)な予想です。

本命:
 ・ARIA The ORIGINATION
 ・俗・さよなら絶望先生
対抗:
 ・Yes!プリキュアGOGOGO!
 ・ロザリオとバンパイア
注意:
 ・狼と香辛料
 ・シゴフミ
穴:
 ・のらみみ
 ・墓場鬼太郎
大穴:
 ・ヤッターマン
 ・みなみけ~おかわり~
ネタ:
 ・君が主で執事が俺で

 残念ながら、続編が本命ですね。前作の人気が確固たるものなので外せませんでした。対抗として、映画も絶好調なプリキュアと消滅してしまった月刊少年ジャンプのロザリオとバンパイアを取り上げてみました。
 ライトノベル原作アニメは控えめな予想にしてみました。大いに期待はしているんですけどね。そして、最も予想が難しいのが「ヤッターマン」でしょう。成功すれば大きいけど、こけそうな気がするんだよなあ。
 来期も良作アニメに出会えますように。

(12/2 一部修正)
(12/10 一部修正)
(12/22 特番追加)
(1/6 一部修正)
(1/13 一部修正)

ダイエット実験結果報告の補足

 ふと、「西洋の食文化が日本人の肥満の原因」というのは、一部正しくて一部間違っているように思いました。「日本の食文化」に「西洋の食文化」を上乗せしたことが原因じゃないんかな?

 カロリー(熱量の単位だから、使用法としてはおかしいよね)がないと人間は生きられない。しかし、カロリーを摂取しすぎると太ってしまう。
 カロリーを摂取するには、「炭水化物」と「脂肪」が効率的です。「日本の食文化」では米という「炭水化物」で、「西洋の食文化」では肉という「脂肪」で、カロリーを摂取しています。
 「西洋の食文化」を輸入した結果、日本人は「炭水化物」も「脂肪」も摂取することになりました。アメリカ人みたいに大量の脂肪を食べていないのに太るのは、これが原因ではないかと思います。極端に言うと、「炭水化物」+「脂肪」で2倍のカロリーを摂取していることになるわけですよ。
 つまり、「西洋の食文化」を輸入した段階で、日本人は主なカロリー摂取の手段について、「炭水化物」と「脂肪」からひとつを選択する必要があったのではないかと思います。意識的にせよ無意識にせよ、選択できた日本人は太らなかった。選択できなかった日本人は太ってしまったのではないかと。
 いくらバランスのよい食生活をしても、カロリーを過剰に摂取すると、残念ながら太ってしまうんですよね。バランスの良い食生活の前に、バランスの良いカロリー摂取を考えるべきじゃないでしょうか?……と、ダイエットを経験して思い知らされました。

 結論。「炭水化物」と「脂肪」はどちらが好きですか?(笑) 自分は脂肪に合わせて炭水化物を調整しようかなあと考えています。

|

« 情報化社会という現実 | トップページ | コンテンツの価値は? »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/17163029

この記事へのトラックバック一覧です: 冬アニメ ’08:

« 情報化社会という現実 | トップページ | コンテンツの価値は? »