« あっちの世界 | トップページ | 暗雲の中にあるアニメ業界? »

2007年12月 7日 (金)

こんてんつ

 「Kawaii! JeNny」が「瀬戸の花嫁」の流れの上にあるような錯覚を覚えてしまう。中の人を知りすぎるのも考えものだと思ったり。それにしても、かぶりすぎな配役じゃないですか?(小林ゆうさんはジェニーだけだと思うけど)

 自分は、声優の声と投手の肩を似たものとしてとらえている模様。だから、使われすぎると酷使に見えるんだろうなあ。

 風邪をひいてしまいました。流行っているらしいので、元気な方は注意しましょう。

妖精さんがあなたのブログであれやこれやと ニフティから「ココロ」さん

 ついに、ニフティがはじまった! こつえーかよ!(笑)
 利用しないとダメかなあ? せっかくだから利用すべき? どうしよう・・・

ネットコンテンツの規制案も 「情報通信法」一本化提言

 いわゆる「通信と放送の融合」が法的に明記されそうです。ある意味「放送ビッグバン」ですね。通信業界としては、デメリットとメリットはどちらが大きいのでしょうか? できたら著作権法も絡めて、通信・放送のインフラを持っている企業は著作権を握れないようにしてほしいな。
 NTT法も絡んでいるし、一筋縄ではいかない感じですよね。個人的には、NTTは東西ではなくて、上下(サービスとインフラ)で分けるべきだったと思ってます。インフラ使用料金が同じならば、NTTが有利にはならないし、インフラ整備に一層尽力できるんじゃないかな?

「YouTubeは世界共通語」――角川会長の考える“次の著作権”

 暦彦さんは自分と同じような感覚をもってるなあ。著作権を保持している企業のトップには珍しいタイプだと思う。「日本の著作権法は、萎縮効果を生んでいる」という言葉は蓋し名言。何のための著作権なのかよく分からない。暦彦さんの言う「閲覧権」というものが漠然としているけど、広告主がいれば無料で閲覧してもかまわないということなのかな?(それとも、今のレンタル形式のオンデマンド?)
 コミケを例にあげるとオタク特有なものと見られる危険性が強いんだけど、「どこまでの引用やパロディを認めるのか?」という話題になると一般性を帯びてくるんよね。誰しも好きなものや面白いものを紹介したいもんじゃね? そういうときに、暦彦さんの提唱する超流通が機能すればいいよなあと思います。

ニコニコ動画がアニメビジネスに与える脅威

 テレビで放送しててもCMはアニメ関連だったりするんだよなあ。それでも視聴率が必要なんだろうか?

ニコニコで権利者になりすましての削除が疑われているらしい

 ニコニコでも荒らし行為疑惑。削除者を公表すればいいじゃん(笑)。そうすると権利者が削除できなくなるんかな?

青山先生、絶対可憐チルドレンをモロ書きするの巻。

 サンデー作家さんは仲がいいですね。絶対可憐チルドレンのアニメ化はいつだろう?(笑)

○テレビの違和感

 現在感じている、テレビへの違和感を列挙してみます。

 1.視聴率
  ・テレビで視聴率を公表するのって、何の意味があるの?
  ・ドラマの視聴率は、先週分の人気に左右されるもんじゃないの?
  ・瞬間最高視聴率って何の意味もないんじゃね?

 2.ブーム
  ・良質な番組よりもブームをつくりたいの?
  ・ブームは結果じゃなくて目的かよ?!

 3.演出
  ・テロップはデフォルトなの?
  ・しゃべりと違うテロップってない?
  ・編集って要約?MADムービーじゃね?
  ・台本とやらせの違いって何?

 特に、インタビューなどで編集が入るとき、主語で切れると違和感が大きくて。画面がずれるから編集が入ったのが分かるじゃん。それがむちゃくちゃMADくさくてさ。編集している人は、違和感とかないんかなあ?

|

« あっちの世界 | トップページ | 暗雲の中にあるアニメ業界? »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/17299841

この記事へのトラックバック一覧です: こんてんつ:

« あっちの世界 | トップページ | 暗雲の中にあるアニメ業界? »