« 地方の活躍 | トップページ | 著作権2.0 »

2008年1月18日 (金)

冷たい戦争

 スレイヤーズが再始動しそうとの噂が。とりあえず再放送はあるらしい。

マリア様がみてる 第4期は TVシリーズに決定

 マリみては一貫しないよなあ。釘宮ブームだからテレビなのか? 継続ものは最初から見れることが重要だと思うんですけどね。

「いばらの王」「放課後保健室」「エマ」が、米国図書館協会による10代向け推薦グラフィックノベルのトップ10に正式選出

 やたら見る目があるんですけど。と同時に、マイナーな漫画も輸出されているんだなあと実感しました。

2008年1月よりネットで無料配信される新作アニメ一覧

 今期はGYAOががんばっています。Yahoo動画もがんばっているようで、注目したいですね。こういうのってオタク間にも情報格差があるよね。

「ダビング10」とは何だ――MIAUがシンポジウム

 ダビング10は実現するんでしょうかねえ。十分な協議が行われていないので、すごく問題があるように思います。

「DRMが普及すれば補償金縮小」で合意へ

 完全に消費者不在ですね。文化庁には荷が重過ぎるんでない? むしろ、経済産業省が関わる問題のように思うんだけど、どうでしょう?

「iPod課金」は「文化を守るため」――権利者団体が「Culture First」発表

 消費者と権利者の冷たい戦争が続いています。これまでDVD-Rなどに補償金がかかっていたけどHDDやフラッシュメモリに補償金をかけられなかったというところから、iPod課金というのが生まれているんだろうと思います。
 結局、消費税方式か容量あたりいくら(○円/1GBとか?)という方式になるのでしょう。さて、補償金はどうなるんでしょうね?
 DRMか補償金か・・・文化庁とメーカーはDRMみたいですけど、権利者は補償金で消費者は自由がほしい(笑)。

|

« 地方の活躍 | トップページ | 著作権2.0 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/17735146

この記事へのトラックバック一覧です: 冷たい戦争:

« 地方の活躍 | トップページ | 著作権2.0 »