« アニメの適正価格 | トップページ | 声の文化 »

2008年2月 8日 (金)

萌えの実体化

 サブプライムローン問題ってバブル崩壊みたいな信用のデフレスパイラルだろと思ってたりする。どうせ不良債権処理が終わらないと問題は終結しないのさ。一時的に景気が回復しても景気後退期に不良債権問題が姿を現すことになるんだよ──とか考えてるけど、実際のところどうなんでしょう?(笑)

プレナス、「ほっかほっか亭」とのFC解約を正式発表

 九州のほか弁はプレナスやね。
 というわけで、ほか弁分裂らしいですね。本州のほか弁は九州のほか弁と味が違うと聞くことが多いのですが、たまたま食べたほか弁がプレナスだったので同じ味でした(笑)。実際、プレナスとプレナス以外を食べ比べしてみると面白いんだろうけどね。事情は分かりませんが自分はプレナス支持なので、勢力の拡大に期待しています。
 ちなみに、北九州の駅弁は東筑軒の「かしわめし」やね。

「∞プチプチ」第2弾は“ぷち萌え”
更新プチプチ無限地獄へいらっしゃいませ、ご主人様

 声は誰かな~?と思ったら、釘宮理恵だし。狙いが分かりやすすぎる(笑)。でも、そこにあったら買ってしまいそうな・・・
 くぎゅのメイドって珍しい気がするなあ。りぜるはメイドじゃないし。ま、ツンデレが主力でしょうけどね。それにしても、大人気ですね。ツンデレブームに上手く乗ったということなのかな?

中川翔子氏は男オタクの理想の彼女に見えるがそうではないという岡田斗司夫氏の発言

 2chでは一部のオタクが、中川翔子はオタクじゃないと叩いているんですけど、どう見てもガチでオタクだって(笑)。どう判断したらオタクじゃないと言えるのかが分からない。
 アイドル性があるのにあれだけ漫画が上手いとか、才能があるってすげえなあと思います。女を捨てても自分は問題ないぞ(むしろ、その方が・・・)。

萌え論

 結構秀逸な萌え論のような。萌えとは、究極の「偶像崇拝」「幻想崇拝」ですね。神→もののけ→妖怪→キャラと変化させると「八百万のキャラ」があってもおかしくない。「もののけ姫」や「鬼太郎」がアニメと相性がいいのも当然なのでしょうね。ということは、萌え猫娘もあっても全然おかしくないんだなあ(笑)。

|

« アニメの適正価格 | トップページ | 声の文化 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/40040303

この記事へのトラックバック一覧です: 萌えの実体化:

« アニメの適正価格 | トップページ | 声の文化 »