« 昭和は遠くなりにけり | トップページ | お手並み拝見 »

2008年2月19日 (火)

もう、どうにでもなーれ♪

 なんというか、月日が経つのは早いですね(笑)。プレッシャーが強くなっているのを感じる。

  ○v゙⌒`\   
    (二二二)   
   ( !ノノノヽ)) 
  (ノl !´_ J`ノl!          +  *
    (⌒o) o)つ──ftiゞ(。゚)冫’‐゚゜★
   ( / oヽ   ノゞ'  *´ ヽ *   + 
   ヽ_じ-J゙

 紅白戦も始まって、今年はすごくwktkしてたり。ドラフト前から大田原、福田、中村に注目してたから(実際にプレーを見たのは中村だけだったり(笑))ここ数年のかなりドラフトは満足なのですよ。他に注目してたのは、斎藤佑樹(地区予選から)と金城長靖(ロッテ大嶺の同級生)。以前注目してたのは、青野と成瀬(ともにロッテ)。
 自分が注目するのは、体が細いのになぜか成績が良い選手が多いかな? 斎藤佑樹と中村はフォームが綺麗だったから注目したような。
 変則投手が好きなんだけど、プロで通用するかは別なんだよなあと次第に分かってきて、ここ最近は好きな選手と注目する選手は分けるようにしてたり。
 何にしろ、若い選手が活躍して、生き生きとした選手の多い良い球団になっていってほしいものです。

 ふと思ったんだけど、韓国マスコミの在日認定もひどいけど、2ちゃんねらの在日認定もひどすぎない? 自分は在日朝鮮人・韓国人を叩く理由がわからんのよね。特に帰化した人を叩く理由がわからない。帰化したんだから日本人じゃないの? 飛鳥時代とか多くの朝鮮半島の方が帰化してますぜ(笑)。その後も、半島で戦乱が起きるたびに日本に逃げてくる難民がいるらしいよ。だから、叩いている人の中にも半島の血が流れている可能性はゼロじゃなかったり・・・自分に跳ね返るのは怖いよねえ。結局、遺伝子ではなく環境が人格を作るもんじゃね?
 ついでに、創価学会を叩く理由も…どうだろうなあ? 学会員さんも勧誘とか選挙活動をしなきゃいいのになあと思うんだが、そうせざるを得ない宗教なんですかねー?

「俗・さよなら絶望先生」第7話が、フリーダムなのに原作準拠なのがすごい

 この手法は下手すると(例えば「彼氏彼女の事情」とか)叩かれるネタですよね。作るのが大変なのに手抜きと思われたり、まじめに作ってないと思われたり……。今回の絶望先生はうまくやってるなあと感じました。様々なアニメの紹介としても秀逸です。これも「絶望先生」の懐の深さでしょうかね。クレイアニメは、ニャッキ!とかクレヨンしんちゃんの劇場版オープニングなどが有名ですが、他のアニメはあまり目にしませんよね。エンディングテロップでガイナックスの文字を見て、大いに納得しました。こういうアニメのノウハウがある人は少ないんだろうなあ。

【鬼太郎でメイド喫茶回】 鬼太郎は確実に終わった

 先週、予告を見た時点で注目してましたが、上手く起きれたので鑑賞して堪能できました。中原麻衣さんは、メイドさんのような役が上手いですなあ。(実写ドラマのときに見せた表情のように、本人は仕事に徹していて声だけ萌え声なんだろうなあとか妄想)
 でも、これってキャバクラでも問題ない設定だったような(笑)。なぜ、メイド喫茶なんだろう? ・・・キャバクラだと鬼太郎が入店できないのか! そうするとメイド喫茶はいろんな意味で都合がいいですね。
 萌えとかメイドとか、本当に鬼太郎は目を離せないですね。ひょっとすると日曜日の朝で一番はじけてる?

HD DVD撤退報道に東芝が公式コメント

 HD DVD終了のお知らせ。撤退は難しいですが、東芝には上手くBDレコーダーに移行してほしいところ。だって、その方が選択肢が増えるんだもの。個人的には、ハイビジョンテレビとBDレコーダーのメーカーを合わせた方が、性能を発揮しやすいように見えるんよね。現状、東芝の液晶テレビ(黒が綺麗)とパナソニックのプラズマテレビ(プラズマならパナ)とソニーの有機ELテレビ(薄くて綺麗)で迷ってたり(笑)。BDレコーダーを合わせようとするとどうするかなあとか、色々と迷ってます。

|

« 昭和は遠くなりにけり | トップページ | お手並み拝見 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/40175468

この記事へのトラックバック一覧です: もう、どうにでもなーれ♪:

« 昭和は遠くなりにけり | トップページ | お手並み拝見 »