« 声の文化 | トップページ | もう、どうにでもなーれ♪ »

2008年2月14日 (木)

昭和は遠くなりにけり

 最近のマスクって出来がいいんだよねえ。かつてのマスクは息苦しくて嫌いだったけど、高機能マスクって息苦しくないんだよなあ。そして、特殊な紙で作られているのかな?と思ってパッケージの裏を見ると、化学繊維で作られていることが判明。化学繊維でどうやって作るんだろう? ここまで紙っぽい素材が作れるのならば、ひょっとしたら和紙っぽい素材も化学繊維で作れるんじゃないのかなあとか妄想(笑)。破れにくい和紙ができたら応用がききそうなんだけど、自分が考えるくらいだから誰か考えて実用化してるよねえ。

市川崑監督が死去、92歳…「ビルマの竪琴」「鍵」

 巨匠がまたおひとり・・・特に市川さんは確かアニメ畑出身だったんだよね。意識せずに見たのはあるかもしれないけど、意識して作品をほとんど見てないから、気の利いたことを書けないのが申し訳ない。
 ご冥福をお祈り申し上げます。

名称は「ほっともっと」 「ほっかほっか亭」離脱のプレナス

 「ほか弁」改め「ほも弁」ですか(笑)。もうちょっとましな名前がなかったの? それでも、プレナス支持だけどね。プレナスにも味を落とさない努力を期待しています。

小野不由美「十二国記」新作

 へえ。新潮社で新作ですか。「魔性の子」系統の外から目線なんでしょうか? これを機に一気に完結させていただきたいんですけど、難しいんですかね?

レコメンデーションの虚実(18)~アットコスメに見る日本式「共感型レコメンデーション」の世界

 「アメリカ人はどちらかというと検索が好きだけれども、日本人はランキングの方が好みだと思う」──蓋し名言ですね。日本には日本のレコメンデーション(Web2.0技術のひとつ)があるということか。お客さんに合った技術を使わないと、人気を得られない。2ちゃんねるにしろ、ニコニコ動画にしろ、人気があるものが分かりやすい位置に来るようになっているし、ランキングをどのように見せるのかが「勝利の鍵」なのかもね。

福岡・交通系IC相互利用化で何が起こる?

 福岡でSuicaが使えるということ? これは起爆剤としては十分だね。新しいもの好きな県民性なので、FeliCaはアッという間に広まることでしょう。そのうえSuicaと結びつくとか、爆発力がありすぎる。最近のSuicaを使える店の増加を見るに、電子マネーはSuicaの勝利と見ていいのではないでしょうか? 通勤・通学で使用するから、最初の敷居が低いのが有効に働いているように思います。

|

« 声の文化 | トップページ | もう、どうにでもなーれ♪ »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

市川崑監督とアニメーション

 岩井監督が描いた市川監督の記録フィルムがあるのかあ。これは見てみたい。岩井監督も庵野監督と交流があったりで、実写映画の監督の中ではアニメを知っている方だよね。
 そして、エヴァの文字が市川監督由来だったことも思い出しました。アニメ界にも多大な影響を残してますね。

投稿: せつな朱遊 | 2008年2月15日 (金) 05時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/40117859

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和は遠くなりにけり:

« 声の文化 | トップページ | もう、どうにでもなーれ♪ »