« お手並み拝見 | トップページ | もはや手遅れだ。 »

2008年2月22日 (金)

翼は夢、そして空へ

 春めいてきましたね。週末はまた寒くなるそうですが。週末はBDレコーダーの調査でもしようかな? といっても、6月まで先は長いんだよなあ・・・

来月で声優やめるけど質問ある?

 声優さんって一部を除きみんなかつかつの生活してるんだろうね。夢の代償は厳しいな。
 想像だけど、一般企業のコネよりも業界のコネの方が重要度は高いと思いますよ。業界って狭い世界じゃないですか。知り合いの知り合いは知り合いでしたーとか普通でしょう。少なくとも、一般企業の営業並みのコネは必要じゃないのかなあ?
 それと、「友達が声優やってんだが枕断るからロクに仕事回ってこねぇ」──これってパワハラだよな。怖すぎる。泣く泣く受け入れたら枕営業になるわけで・・・。

 あとは、監督に合わせて作られるアニメと、他のスタッフのように後から監督が配置されるアニメと、アニメには2種類あると考えています。そして、圧倒的に後者の方が多い。
 あくまでも想像ですが、監督=プロジェクトリーダー、プロデューサー=プロジェクトマネージャーとかじゃないのかなあ? 監督の意見がすべて通るわけじゃないはず。
 だから、アニメ監督がキャストを決められるとは限らない罠。むしろ、音響監督の方が強いんだろうなと考えています。さらに強いのがプロディーサーでしょうね。それよりも強いのが出資者?

 なにはとまれ、このスレの1さんが本当に声優さんならば、30後半で普通の会社はきついと思うなあ。営業向きでもなさそうだし、役者を続けた方がいいんじゃないのかなあ?

声優ヲタのレベル

 自分はレベル4ですな。レベル5は敷居が高いんだけど、どうなんですか? 神のレベルが声優さんのブログを閉鎖に追い込むんですね。矯正の仕方が間違っているよなあ。

桜庭一樹さんに直木賞をもたらした、角川スニーカー文庫の編集者の言葉

 良い編集者ですね。週刊文春を読んでみるか。
 「読者の70%が自分のことを言われているような話だと思い、20%は自分にもこんな面があるなと思い、あとの10%は、何だ、この本はと思う作り方をするとたくさんの人に読まれるよ」「コップでも把手があれば持ちやすいだろう。君はその持ち手の部分を小説につくるべきだ」──すごく名言ですね。これを言える編集者ってかっこいいわ。
 自分は読者に歩み寄るべきだと思うので、編集者の意見に賛成ですね。読まれるようになってから、比率を変えて「何だ、この本は」という要素を増やしていくべきじゃね?

手軽な著作権許諾システムって、商売にならないかな?/ちょっとした思い付き程度でも、どんどん書いていこうじゃありませんか。

 賛成賛成! JASRACみたいな大きな団体じゃなく、小さな団体が多数あって競争した方がいいと思う。消費者のニーズが多様なように、権利者のニーズも多様でしょうし。より消費者に近い著作権管理団体とか、会員制にして会員は著作権フリー(会費を払わない人は準会員で制限有)とか、ネット動画専門の著作権管理団体とか、同人音楽専門の著作権管理団体とか、いろいろあっていいじゃん。
 でも、現行の著作権法ってこういうことに対処できるんかな?と詳細を知らないからでしょうが不安になります。

パ・リーグ 熱球ライブ!

 パ・リーグのサイトができてますね。CSは不透明ですが、ネット上では全試合見れそうな感じで一安心。
 いよいよ球春。今年も白熱した試合を楽しみたいものです。

|

« お手並み拝見 | トップページ | もはや手遅れだ。 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/40217179

この記事へのトラックバック一覧です: 翼は夢、そして空へ:

« お手並み拝見 | トップページ | もはや手遅れだ。 »