« でっかい楽しみです! | トップページ | まるちめでぃあ社会! »

2008年3月 3日 (月)

アニメ立国日本の未来

 「アイドルマスターLiveForYou!」とか「ToHeart2 AnotherDays」とか「超昂閃忍ハルカ」とか、続編というかファンアイテムが発売されてますね。どれも熱狂的なファンがいるからすごい状況のようで。特に、アイマスはシステムの限界を超えたの?

 先々週の銀魂を録画できていたのでチェックしてみたら線撮りネタとか。銀魂は限界を知らないな。地味にアニメの作り方講座もやってるし、これはHDDから消せない(笑)。

 実況スレで、しゅごキャラ!のラン・ミキ・スゥの元ネタがキャンディーズと知った。アイドルネタとかわからんわ。OPとEDをアイドルが歌うのは自然な成り行きなんですね。

 true tearsでハーモニー処理(?)らしき止め絵演出(出崎統演出)を見かけた。ttファンには不評だろうな(笑)。でも、個人的には面白い演出だと思ってます。
 誰かこういう演出の起源をまとめてくれんかな? 発明年と発明者と初出アニメが分かれば十分なんだが・・・
 リミテッドアニメとか、目パチ口パクとか、ロボットの合体・変形とか、透過光とか、ハーモニー処理とか、変身バンクとか、繰り返しとか、ピンぼけとか、画面分割とか、納豆ミサイルとか、ワカメ影とか、効果線・慢符の導入とか、乳揺れとか、足もとから全身への演出とか、OPで左右からキャラが集まる演出とか、 音楽とのシンクロとか・・・

日本のアニメは本当に世界一? 本気の世界戦略が生き残りのカギ

 経済産業省は比較的現状を正しく認識してそうやなあ。このあたり文化庁とうまく連携は取れないものかな? 消費者省だけじゃなく、省庁の縦割りを横断できるシステムが必要なんだろうなあと思いますね。
 クリエーターになりうる人材は多いが、それを生かす(生活させる)ことができないのが、日本のアニメの現状。それを打破できる方法が何かないのかなあ? 地道な構造改革が必要なんですかね・・・

「ポニョ」×「スカイ・クロラ」で「2008日テレスーパーアニメサマー」実施

 最近、アニメ制作会社とテレビ局が接近していませんか? ジブリの成功以降、顕著に見られているように思います。昔からあるのが、テレ朝とシンエイ動画(ドラえもんとクレヨンしんちゃん)。最近ではGONZOとフジテレビ。TBSと京都アニメーションも面白いですね。ガンダムSEED以降、TBSとサンライズおよびBONESが接近している気もします。(やはり今のTBSはアニメに積極的ですなあ)
 相容れない部分があるみたいですから、宮崎駿と押井守という両監督の対決で煽るのは面白いかもしれませんね。自分は宮崎駿の美少女と押井守の犬が「純粋無垢の象徴」という意味で同じに見えるんだよなあ。宮崎監督は人を殺せるけど、押井監督は人を殺せないから、そこも注目したいかなあ? ヱヴァもあるし、今年のアニメ映画はすごい状態ですね。他にも発表されていないタイトルがありそうで、今からwktkです。

 そろそろ春アニメをまとめなきゃいけませんな。それと、今年のアニメの調査のためにも、とりあえず今年もアニメフェアは参加しようかなー。参加するからには大いに楽しみたいものです。(有料だし)

|

« でっかい楽しみです! | トップページ | まるちめでぃあ社会! »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/40350664

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ立国日本の未来:

« でっかい楽しみです! | トップページ | まるちめでぃあ社会! »