« マイナー系の躍進 | トップページ | アニメの行く先 »

2008年4月26日 (土)

アニメの魅力の伝え方

 しゅごキャラ!がエロすぎる(笑)。朝にあそこまでエロい話でいいのかー。女装に近親相姦と少女漫画らしいといえば少女漫画らしいんだけど、昔よりも直接的じゃね?

 そういえば、タヌラさんがスペったらしいですねえ。3連敗で借金3だし超ピンチ! 大村と井手と馬原よ、早く戻ってきてください・・・

2008年春のアニメ新番組をチェック!

 自分と似たまとめ方ながら、しっかりと紹介文が入ってるなあ。紹介って難しいんよね。監督を書いて制作会社を書いて声優を書けば魅力が伝わるもの? 絵がないと魅力が伝わりにくいアニメもあるんよね。
 そういう作画面や演出面を魅力的に文章で伝えられるライターさんはすごいよなあと思います。そういうのを読みたいアニメファンは少ないんですけどね。

GyaO、劇場版「超時空要塞マクロス」と「マクロスプラス」を配信

 劇場版マクロスの一番の魅力は、「愛・おぼえていますか」が流れる宇宙で繰り広げられる戦闘シーンでしょう。
 宇宙を駆け巡るマクロス。絶え間なく起こる爆発。糸を引くミサイル──萌えと燃えの融合みたいなものです。もっとも、今の萌えとは違って当時のアイドルですけどね。

 マクロス・プラスの魅力は「より大人のマクロス」でしょうね。よりかっこよく、よりエロくなっています。3Dも効果的に活用しているし、菅野ようこさんの音楽も素敵です。

Yahoo!動画『∀ガンダム』『電脳コイル』『ふしぎの海のナディア』『D.C. ダ・カーポ』を無料配信

 Yahoo!動画もいい感じに無料配信ですね。作品の選択も悪くないように思います。

アメトークで「エヴァンゲリオン芸人」を4月24日に放送

 24日のエヴァンゲリオン芸人を補完できてよかった。構成が上手くまとまっていて面白かったです。
 アメトークにおける他のオタク作品と比べても、魅力を存分に伝えられていたのではないでしょうか?

 世界のナベアツとアンガールズ山根は持ちネタと絡めて興味をそそり、くりぃむ有田は演出の説明でプロレスを絡め、オリラジ中田は体の動きとセリフによってエヴァを再現し、加藤夏希は的確に要点だけ押さえ、つかみでそれぞれがエヴァのかっこよさを魅力的に提示できていたと思います。
 その後、絵コンテやシナリオの予告、最終話「おめでとう」などという異常な部分をとりあげ、視聴者に強烈な「ひっかかり」を与えていました。さらに、エロ演出をとりあげることで「大人が見ても大丈夫」という流れに持っていくという素晴らしさ。
 最後に、エヴァ予告をやってしまうというオチまでついて、完璧な構成だなあと思いました。

 新劇場版DVDの宣伝としても効果的だったんじゃないかなあ?

|

« マイナー系の躍進 | トップページ | アニメの行く先 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

エヴァ芸人w
ナベアツの使途の紹介がツボでしたw

投稿: かずま | 2008年5月 3日 (土) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/40998115

この記事へのトラックバック一覧です: アニメの魅力の伝え方:

« マイナー系の躍進 | トップページ | アニメの行く先 »