« グレーゾーンの消滅 | トップページ | ちょっと変えてみました »

2008年4月19日 (土)

売れる作品とは何か

 ダルビッシュつえーなー。ドラフト時は変化球投手だと思ってたのに、いいストレート持ってるし球速は150いくし、年々成長していて手がつけられなくなっていってるような。まあ、若手にとってはそういう投手がいる方が成長の糧になるはずだし乗り越えてほしいなあ。

女性にとって男性向け同人ってどう思うのか?

 かなりおにゃのこスキーもいるのですね。傾向としては、痛そうなのは苦手なのかな? でも、一部にはそれすらネタとして読める強者もいるのが興味深い。
 自分も痛いのとかグロいのが苦手だから、陵辱系とか異形乳とか好きになれないし、かなり耽美系の絵柄を好む傾向。でも、完全にBLになるとつらいんだよなあ。男ならショタのいちゃつきぐらいが一番良い(笑)。また、やおい穴はふたなり(両性具有)の逆バージョンだろ?と最近思うようになってきてたり。
 全体的に、男は客観で見ていて、女は主観で感じている気がするんだよなあ。エロゲとかでも、男性向けの場合は主人公がいない場合があるもんね。あれはゲームの外にプレイヤーがいるからだろうなあ。女性向けの場合は、キャラに感情移入して共感できればどんなエロでもOKみたいな感じ? 自分もかなり感情移入型なので少女漫画好きなのかもしれないなあ。トキメキのある少女漫画の場合は、主人公に感情移入するから男の子キャラにときめくんだぜ(笑)。

女性誌「ツンデレはもう古い、これからはデレツン」

 女性誌って面白いよなあ。でも、女性ファッション誌はなかなか読む機会がないよ・・・。>>214とかかなり面白い。海外で間違った日本文化が紹介されるぐらい面白い。でも、一般人から見たオタクって海外から見た日本みたいなものなんだよねえ。
 しかし・・・ツンデレでもデレツンでもどっちでもいいけど、演技した時点で「裏表のある女」「二面性のある女」になりはしないか? それで落とせるならいいけどさあ。
 個人的には、ツンデレのテンプレート「べ、べつにそんなんじゃないんだからね」「あんたのために○○したんじゃないんだから」などで明らかなように、ツンには「テレ」や「恥じらい」が必要でしょう。あれ? ひょっとしてこれって「ツンデレ」じゃなくて「ツンテレ」? ま、いいや。そういう意味で、女子寮第一回の「かわいい」と言われるとテレるみゆきちは良いツン(笑)。かわいいなあ。

「アナログ放送終わります」テレビ画面に常時字幕へ

 露骨な嫌がらせに見える(笑)。これを嫌がらせと思う人は、おそらく大部分がデジタルに切り替えると思います。テレビが重要だと考えているから嫌がらせに見えるんだもんね。

「2ちゃんねる」にDDoS攻撃、攻撃元は韓国国内4,000以上のIPアドレス

 急に重くなったのはそういうことか(笑)。中国が原因と書き込みがあったけど韓国だったのか。マジで韓国ネチズンは自重してください。

「コードギアスR2」、放送前にYouTubeに流出 誤操作で

 YouTubeの違法投稿識別システムの存在が確認されました。間違えるということは通常の動画投稿と似たシステムなのかなあ?

新マンガ賞:「攻殻機動隊」のIGが創設 映像化視野に 三池監督らが審査員

 審査員を見るにかなり力を入れていますね。これが成功するとプロダクションI.Gとマッグガーデンが組んだことが結実しますね。ひょっとするとコミックブレイドが少年誌と少女誌に分裂したりと面白い展開になるのかも?(アヴァルスがあるからもう分裂してる?)I.Gとしても押井アニメと攻殻以外ではヒット作を制作できていないので、売れる企画がほしいんでしょうね。

アニメは量から質へ──タイアップ戦略に陰り、「自前」で勝負

 最注目はライター名だったり(笑)。タニグチリュウイチさん?
 ボンズの南社長がどことなく綾小路きみまろっぽく見えた。顔を覚えたということで、ミーハー&チキンな対応が可能だな・・・
 ちなみに、「量から質」の転換は非常に嬉しいんですけど、質に関して製作者と制作者とアニメファンの間に溝があるような気がします。製作者側は売れ線を狙いたいけど、制作者は新しいことに挑戦したい──漫画やラノベの編集者と漫画家・作家の関係かな? また、アニメファン内でも萌えオタと作画オタでは求めるものが違っていて、萌えオタの良い絵は綺麗な止め絵に対して、作画オタの良い絵は綺麗な動きなんですよね。
 結局、最大公約数的に優れていないといけないのではないかなあ? ヒットする要素を列挙してみます。
・動きが少なくても、全体的に綺麗な作画
・「萌え」よりも「かわいい」キャラ
・「日常生活を描いた癒し系」または「バトル中心の燃え系」
・「泣ける話」「笑える話」を数話挿入
・「良い動き」「凝った演出」を数話挿入
 多分これで大ヒット間違いなし(笑)。想定しているのは「SEED」「なのは」「ARIA」「ひだまり」あたりですけどね。
 綺麗でかわいいによって一般層を取り込み、癒しとバトルによってアニメファンを取り込む。泣きや笑いで購買欲を誘い、動きや演出でマニア心をくすぐる。完璧すぐる。ま、これが出来たら関係者は苦労しないってーの。

|

« グレーゾーンの消滅 | トップページ | ちょっと変えてみました »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/40920231

この記事へのトラックバック一覧です: 売れる作品とは何か:

« グレーゾーンの消滅 | トップページ | ちょっと変えてみました »