« ヌルくても好きならばいいじゃないか! | トップページ | 親しき仲 »

2008年6月19日 (木)

立場が変われば正義も変わるんだろうけど

 絶対領域って、一般にまで広まっているもの? 何かのファッション雑誌に取り上げられたの? それとも着ている女性はオタク属性があるの? ・・・最近、見かけることが多くてどうもね。

 絶対彼氏のロボもこみちって、かなりハマり役だな(笑)。おかげでメイドロボの知名度がUPしたのかも。日本人のロボ好きに男女の差異はそんなにないよね。

 同人のひまわりって、ちょっとプレイした感じではキャラの配置がイリヤっぽい気がするなあ。宇宙というつながりが一番大きいんですけどね。

声優は作品を語るな?

 ちょっとした騒ぎになってますね。
 声優さんとしてはキャラになりきる必要があるから、キャラの心情を代弁するようなことになるのは当然って気がするんですよね。度が過ぎると原作サイドとしては「違う」と思ってしまうのでしょうが・・・。そういう質問をしてしまうインタビューする側の問題、もしくは、そういう質問を望んでしまうファンの問題という気もしますよね。
 声優さんも原作を尊重しつつ、上手いことを言わないといけないのかもしれません。難しいよなあ。

『ねるねるねるね』のお婆さんはまだ生きてるし『電脳コイル』にも出てるという話

 「ねるねるねるね」のCM大好きだった~。電脳コイルのメガばあも大好きだ。鈴木さんすげええ!
 老け役の声優さんって若い頃から老け役だよね。そういう声優さんって味があって好きだなあ。おばちゃんキャラの声優さんも好きだったりする。漫画家とか原画マンがじじい好きだったりするのと同じ感覚?

アニメ批評の確立を目指す 学術誌でアニメ批評特集

 この本はほしいなあ。ゲットに動くか。山本寛インタビューは特に興味がある(笑)。かんなぎらじおで人となりが少し分かったけど、文章で主張を聞くのも面白いんじゃね?
 正しい批評って何だろうね。自分はまったく分からないから感想しか書けないんだよなあ。多分、映画とか舞台とか同様にアニメにもセオリーがあるんだよね。それとフォーマットと引用とを理解している必要があるんだろうなとは思うんだけど・・・
 漫画ですら正しい(まともな?)批評は少ない気がするしなあ。漫画の批評は元漫画家でないと難しいのかなあと思っちゃう。ということは・・・アニメ制作経験がないとアニメの批評も難しいのかもしんない。

「釘宮病」「死亡フラグ」を英語で言うと?

 唐突だけど、ギアスって「こんなこともあろうかと」ネタだよね(笑)。伏線がほしいんだけどダメ?
 動画を見たけど「MFD」は流行りそうだなー。いやー、まじめに英語の勉強になった。

朗読 よだかの星【サンプル配信】

 をー。夏コミで新作かあ。地味に宣伝してますが、みゆきち好きは必聴だと思うんだよなあ。「音の文学館」って、マウスがもろに関わってるんだね。(今回から?)

Blu-rayを補償金の対象へ。文科省と経産省が合意

 結局、文化庁よりも経産省の方が強かっただけじゃないか・・・。経産省の後ろには総務省もいるだろうし、文化庁フルボッコな状況だなあ。
 それにしても、もう一悶着ありそうな決着の付け方だね。別にダビング10は必要ないから、「アナログフリー」(勝手に考えました)だけでも早期に解禁してほしいよ。

|

« ヌルくても好きならばいいじゃないか! | トップページ | 親しき仲 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/41575350

この記事へのトラックバック一覧です: 立場が変われば正義も変わるんだろうけど:

« ヌルくても好きならばいいじゃないか! | トップページ | 親しき仲 »