« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

冬アニメ情報も続々・・・

 そろそろ秋アニメですね。特集記事を書く準備でもしたいところ。
 雑誌「CONTINUE」にインタビュー記事があったり、CDが発売されたりで、ウテナ熱再びです。DVD-BOXも楽しみだなあ。

TVアニメ「ホワイトアルバム」の主要キャラクターのキャスト情報が明らかに

>“藤井冬弥”役……前野智昭
>“澤倉美咲”役……高本めぐみ
>“河島はるか”役……升望
>“篠塚弥生”役……朴ろ美(※「ろ」は王へんに「路」)
>“観月マナ”役……戸松遥
>“七瀬彰”役……阪口大助
>“緒方英二”役……速水奨

 メイン以外のキャラは、升望、朴ろ美さんという面白い配役になりましたね。戸松さんは引っ張りだこだなあ。マナもいいキャラなので期待したいです。
 それにしても、平野さんと水樹さんのうち、どちらがオープニングでどちらがエンディングを歌うんでしょうね?

『あさきゆめみし』待望のアニメ化決定!

 ノイタミナ枠ですね。あさきゆめみしがアニメ化するとは思ってなかったなあ・・・それ以前に自分は読んだことあったっけ? パラパラと読んだ記憶はあるんだけど、じっくり読んだ記憶がないです。
 源氏物語はちょっと苦手だったので面白いアニメだと嬉しいなあ。

文学の名作、新しい試み(ウェーブ) 全文横書き、写真はタレント、マンガ家の表紙

 ラノベ表紙は知ってたんですが、横書きというのもあったんですね。ケータイ小説やゲームなどで横書きに慣れてますから、そういう試みもありかもしれない。でも・・・イラスト以上に違和感がありますね。

みなみけ三期、キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!

 3期ですかー。こんな形が今後は増えるんですね。次の制作会社はどこ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

復活と消滅と

 ようやく新垣が今季初勝利です。新垣さえ10勝できていたら、今頃は優勝争いをしていたんだろうなあ。まあ、クライマックスで好投できるように、調子を上げていってほしいものです。

『となりの801ちゃん』のアニメ化見送り

 ・・・な、何があった? あれ? アニメ化に釣られたような・・・(手元に3巻がある)

Webラジオ「マリア様がみてる」が復活!

 ごきげんよう。マリみてのラジオが復活しましたね。ラジオドラマが面白かったです。井上麻里奈さんの柔らかい声ってはじめて聞いた気がするなあ。

Marvelアメコミがジャパニメーションに マッドハウスが制作

 素直に喜んでいいものか・・・マッドハウスの無駄遣いかもしれない。アメコミと漫画の違いって、キャラよりも話だと思うのですが、いかがでしょう?

YouTube、著作権所有者が海賊版ビデオから収入を得られるように

 上手い落としどころ。アメリカにJASRACがなくてよかったですね。
 簡単に管理できて広告収入を得られるシステムがあれば、多くの権利者が削除しなくなるのかもねえ。権利者が望むような広告を入れられたりすると、よっぽどひどくない場合を除いて削除されることはなくなるんじゃないかな?

やまと教

 この本では、日本の民族宗教を「やまと教」と言っています。国家神道の要素を除いた純粋な神道ですね。
 仏教の受容の経緯とか目から鱗。仏教の作法と思っていたものが実はやまと教の作法だったり、筆者が仏教の専門家だからでしょうか、やまと教だけでなく仏教にも詳しくなれます。
 私が漠然と感じていたものが、ある程度根拠をもって述べられている感じですね。やっぱり「空気を読む」のは「やまと教」だからなんですよ。
 個人的には「和教」って言ってもいいと思ってます。「和を以って尊しとなす」──十七条憲法って経典に見えるんだよなあ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

人気コンテンツはカオスだと思う

 そろそろBDレコーダーを買おうかなあと思ってます。秋は期待できるアニメが多いはず! 買うタイミングとしてはかなり良いのでは? BD1枚に2クール入るのが管理しやすいので理想だったり。画質や音質は大して問題にしてないあたり、アニオタ的にはヌルいよね・・・

“廃れない”仮想空間、ゲームとアバターで作る 「ニコッとタウン」

 アバター重視の方針はいいけど、「ニコッとタウン」という名前はニコニコ動画とかぶってイマイチっぽいんだけどー。でも、Second Lifeの失敗は分析できているから、成功する可能性はある・・・のかな? なんとなく、モバゲーのパチモンっぽくなりそうなんだよね。
 個人的には、ファミコンのドット絵で上下左右にしか移動しかできない(でも、むちゃくちゃ軽い)感じがいいかなあとか思ってます。出会ったらアバターが表示されれば問題ないように思うんよね。

『幻水』や『QMA』ラジオも! 「KONAMI STATION」本日開始♪

 ネットラジオが盛んですね。音泉によるアニメ+ラジオの流れから、ゲーム+ラジオの流れも生まれようとしているみたいです。CDにして売ると何とかなるから、ラジオ用の予算を確保しやすくなったのかもね。

Webラジオ『月刊Gファンタジー』メール募集開始!
編集部“未”公認!?Webラジオ『裏Gファン』配信開始

 表より裏を聞きそうです(笑)。ぱにらじって聞いてなかったんよね。ちょっと楽しみかもー。

「ニコ動にMAD必要」7割、「MADは宣伝になる」9割――ニコ割アンケート結果

 かなり同意。宣伝として利用してほしい。
 「事前に許可を取ってからでないと作ってはいけない」と答えた10代以下が多いっていうのは面白い。個人的には事後承諾がいいなあ。

星雲賞:長編部門に「図書館戦争」 「初音ミク」「20世紀少年」なども受賞

 そういえばSF大会やってたんだった。参加者の皆さんは楽しめたのかな?
 星雲賞は大会参加者が選出するので、「これってSF?」というのが受賞します。大会参加者全員が濃いSFファンではないので(おおむねオタクですが)、有名な作品が受賞する傾向にあるのかなあ? ハルヒが完結したら受賞は間違いないでしょう。
 日本SFはサイエンスファンタジーだと思っていたりするので、こんなもんじゃないのかなー? 「図書館戦争」とかアニメを見てた感じではSF的な部分はほとんどなかったよね・・・
 でも、「電脳コイル」「初音ミク」はSFファンの何かを刺激したのだと思っています。自分はヌルいけど、刺激されちゃったもんねー。

特集・西村純二×岡田麿里

 こういうのを読むのは大好きですが、DVD特典でやるべきものなんじゃないの?
 最終的に比呂美ENDになったわけですが、商業的には乃絵ENDの方が良かったはずです。乃絵の方が比呂美よりも魅力的だった。乃絵を魅力的に見せることに成功したのに、比呂美ENDはちょっと理解しにくいです。比呂美をもっと魅力的に見せるには、眞一郎母と修羅場になるような悲劇の要素が足りなかったと思います。ビンタ合戦ぐらいしろよ、と。感情的には自然でも、物語は不自然だったしなあ。(駆け落ちあたりとか)
 良い作品なんだけど、色々と惜しいなあと思ってしまいます。狙ってやっていたのなら、術中にはまってるのかもしれませんね。

総務省、著作権料を気にせず既存の映像や音楽を自由に加工できる空間をインターネット上に創設へ

 まったく意味が分かりません。こういうのは民間に任せて法的な部分を整備してください。
 でも、総務省の方針は文化庁と違うということが分かっただけでもいいのかもね。「消費者庁」とか「宇宙局」といった新しい庁や局が誕生しているので、ここはひとつ「著作権庁」を文化庁から分離して新設してほしいものです。文化庁には絶対荷が重過ぎるから、総務省の下に著作権庁をつくろうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月25日 (月)

野球ファンの希望

 「デトロイト・メタル・シティ」の映画を見てきました。予想以上に面白かった。みんなプロですね。プロが真面目にギャグをやっているから、ものすごく面白い。最後は感動的な展開になるのかと思ったけど、結局はギャグっぽく締めていて、最後まで一貫して「笑い」を追求しているなあと感動しました。笑いたい方は見に行くと良いと思います。

WBCでも星野監督に“続投”要請へ

 星野監督の政治力は認めるし、カンフル剤的な育成力は認めます。
 しかし、日本シリーズで2回勝ったホークスファンだからあえて言う。星野監督は短期決戦に弱すぎる。ベテランに固執して負ける。エースや4番とは心中せず、ベテランと心中する。若手とベテランを過剰に持ち上げ、主力たる30歳前後の選手を軽視する。「わしが育てた」と揶揄されるほど若手を持ち上げるくせに、肝心なところでは若手を信用しない。最後まで最善の手を打たないため、負けてもモヤモヤが残ることになる。

 今回の惨敗で、星野監督のWBC監督はないと信じていました。しかし、それでも亡霊のように星野ジャパンを復活させようとするのならば、野球ファンとしてあえて声を上げなければならない。
 野球ファンはすべて──中日ファンも阪神ファンも含めて──分かっているはずだ。星野監督ではダメだと。でも、政治力でそれが捻じ曲げられる。監督ではなく選手が悪いことになっていく。こんなことが許されていいのか? 野球ファンとして非常に悲しいです。(真剣に戦わなかった選手もいるようで、それには立腹するが、星野監督が真剣に戦っていたのか疑わしい)

 代表監督は少なくとも日本一を経験している監督がすべきだし、国内の代表選手は3年以内にクライマックスシリーズやプレーオフを経験した選手が選ばれるべきだと思う。
 また、過去の経験をノウハウとして蓄積していないために、選手の選考やコミュニケーションに齟齬が生じている。(これは他の競技でも共通の問題があるのかも)経験を蓄積していかないと、年々WBCで優勝することは難しくなるはずである。

 もしもWBC監督が星野監督になりそうだという情報があがったら、NBPにでもメールを送ろうと思う。内なる戦いになってしまうが、野球ファンとして一緒に戦いたいと思う。

谷川流×いとうのいぢ×ぷよ「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」&えれっと「にょろ~ん ちゅるやさん」同時アニメ化決定!

 なんというか・・・京都アニメーションだったら無駄遣いなんだけどー。(「となりの801ちゃん」は・・・まぁ、ありかな?)
 本当に作者に何かあったの? 本当にハルヒ2期があるのか不安なんだけど・・・アニメ後に読むつもりだった原作小説を読み進めることにしようっと。

阿澄佳奈さんに会いました

 アスミス好きですが、アニプレのゆまさんもファンです(笑)。ゆまさんは、人気アニメをプロデュースしていて、やり手プロデューサーさんだなー。どれでもいいので、またラジオに出演してほしいですね。
追記:ひだまりラジオ×365 残りご飯でゆまさんが喋っているらしい。聴いてみよう。
 あ、そういえば、アスミスが北九州出身というのはガセみたい。「福岡」とは言っているけど、「福岡」のどことは言ってないよね・・・

池袋に集まるライトノベル作家たち――「いけぬこ研究会」まとめ

 こんなことになってたのか・・・と言っても、読んでいる作家さんはほとんどいないんですけど。でも、切磋琢磨できる環境っていいよね。今後、もっと面白いことが起きそうな予感。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

ゴンゾの奇跡

 ホークスは秋風が吹いてきました。先発2枚が欠けているのは痛いです。今年は育成の年と位置づけているので今の状況は構わないのですが、新垣のひどさは見てらんないなあ。

ストライクウィッチーズ第7話のルッキーニの擬音まとめ

 千和すげーぜ。これは評価してよいはず。00でも活躍しそうだし、ケメコも千和キャラ全開だろうし、秋も楽しみですね。
 それにしても、ストライクウィッチーズは面白い! エヴァのビール缶が石鹸に変わったような演出ですが、なぜパンツじゃなくてズボンなのか、なぜズボンを1枚しか持っていないのか、疑問ですけど疑問に思ったらいけないのですね(笑)。

ストライクウィッチーズでゲルトのパンツが喋るシーンの演出意図を徹底解説

 パンツが喋るという表現が面白いけど、確かにパンツが画面の中心にあって大きなスペースを占めているなあ。ナジカと同様に、徹底していると面白いんですよね。バカバカしいことを真面目に行うところに面白さが生じる──エンターテインメントでは、やはりバカができることが重要ですよね。

GONZO再生へのたったひとつの冴えたやりかた

 ストパンがいくら頑張っても、GONZOがやばいことには変わりない。GONZOはいつまで持ちこたえられるのだろうか? 今年中は大丈夫なのかなあ? ラインバレルは完走できるんかなあ? おそらく制作されるであろうストパン2期はGONZO制作なのかなあ?
 カレイドスターの池Pが退社していたのにも驚きましたが、大山鳴動鼠一匹な状態かもしれないですねえ。誰も泥舟には残りたくない罠。
 それでも、何とかGONZOにはふんばってほしい。ずーっとGONZOを応援しているんだぜ!(かなり裏切られた気はするけどなー)

東京国際アニメフェア2008は黒字決算 入場料収入など伸びる

 収入も大切ですが、安全面に気をつけてほしいものです。イベントを行うときは十分なスペースを用意してほしいですね。2008はちょっとやばかったと思いますよ。

コンセプトは「公式黙認」――「ニコニ・コモンズ」運用スタート

 成功するのかなあ? ニコニコは我慢のときでしょうね。でも、我慢したからといって道が開ける保証はないしなあ。ぜひ成功してほしいのですが、たとえ成功しても収益には結びつかないだろうなあと思います。

【激しく】図を使って『とらドラ』の魅力を語ってみる【ネタバレ】

 今読み進めていますが、本当にライトノベルらしくなくて単純なハーレムではないので、相関図があった方が分かりやすいですね。
 大河が釘宮さんなのは仕方ないかなあと思いますが、実乃梨と亜美の声優は逆の方が良くないかい? 実乃梨がボクっ娘だし、亜美は二面性があって甘い声なんだけどなあ・・・
 何はとまれ、「とある魔術の禁書目録」ともども楽しみにしていますので、スタッフの皆さんには頑張っていただきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

感想:スカイ・クロラ

 コミケも無事に終了したので、戦利品の整理中です。
 スタッフの皆さんは大変だっただろうなあと思った3日間でした。特に、今回は持ち物検査があったり、西館のエスカレーターが止められていたせいで参加者の動きが鈍くなっていました。東館へのルートで動く歩道が立ち入り禁止になっていたのは驚いたなあ。そのせいで血管が詰まったような状態になって遅々として進まないんよね。夏ですしサウナみたいな状態になっていて、かなり息苦しかったですね。

 1日目と2日目はあまり買わなかった(買えなかった。特にUGOを買い損ねた)のに、3日目は鬱憤晴らしなのか無駄に買ってしまってるなあ(笑)。でも、買った同人誌は外れが少なかったです。有名な方はあまり狙わない(ほとんどは買えたら買うかあ程度)ので、表紙に騙されることも多々あるんだよなあ。だいぶ慣れてきたのかもね。
 コミケ3日目には、企業ブースをぶらついていて「RONDO ROBE」ブースでPVをボーっと見ていたところ、どうも公開録音を終えた後藤麻衣さん(だと思う)が目の前を通過して行ったような気がします。私に「ごめんね」と言って後藤さんのために道をあけた人はおそらく偽まるさんだろうなあ。中途半端な身バレしてるかな?
 一瞬の出来事で顔を見れてないのですが、後藤麻衣さんらしき人はかなり小さかったです。140cm台だろうなあ。後藤さんかどうかはラジオを聴けば分かるかな? 電撃ブースでの公開録音だったから、「乃木坂春香の秘密」のラジオだろうなあという予想なんよね。確か後藤麻衣さんがパーソナリティだったはず。
 野島健児さんらしき方も別のブースでファンに写真を撮られてたけど、自分とあまり身長が変わらない印象でした。
 「RONDO ROBE」ブースのPVの方は、「とある魔術の禁書目録」(禁書)と「ケメコデラックス!」がよさそうでした。禁書のPVはかなり痺れるんよね。どうも美琴がかなり好きらしい。おそらく佐藤利奈さんのキャラで一番好き(笑)。ケメコの方は漫画よりもギャグの切れ味が良くなるかもなあというPVでした。この奇妙なキャラに斎藤千和さんの声がのるんだよなあ・・・。efのPVもあったけど、やっぱり雲が良いんだなと再認識。あれで新海誠に近づいた演出になっているはず。残るは新キャラがどこまで前作に迫れるかだな。
 他には、OVAなのに凄い宣伝をしていた「絶対衝撃~プラトニックハート~」が気になりました。こんなに宣伝して売れるんかいな? おそらく百合系のアニメだと思いますが、かわいい声の声優さんが多すぎる気がするなあ・・・

 オリンピックは東原さん関連が面白いです。金メダル数は予想よりちょっと多いかもしれない。野球は期待してないので気楽に見れてます(笑)。甲子園も終わったし(大阪桐蔭がここまで強いとは・・・)、スポーツの夏もそろそろ終盤かな?

「となりの801ちゃん」2009年『TV』アニメ化決定!

 驚きました。コミケと平行して開催されていたTBSアニメフェスタで発表があったらしいですけど、京都アニメーションとかどういうこと? 自分はそろそろ飽きてきたんだけどなあ(早いな)。DVDとかは買わずに楽しむアニメになりそう。

TVA「明日のよいち!」TBS、BS-iにて今冬放送開始
みなもと悠「明日のよいち!」TVアニメ化決定!スタッフ発表!

 佐藤利奈さん、戸松遥さん、花澤香菜さんのターン(笑)。
 高橋龍也が脚本とはびっくり。どんな感じになるんだろう?
 個人的には監督が久城りおんさんであることにちょっと驚き。一応注目している演出家のひとりなんで。漫画も描いてたような気がする・・・合ってるよね?

スカイ・クロラ

 どうやら自分は3D酔いをするらしい。今回はっきり認識しました。3DCGは3Dシューティングゲーム並みに素晴らしい映像なんだけど、見続けることができなかったんよねえ。BDでも買ってちゃんと見るべきかもなあ。

 では、スカイ・クロラの感想を。ネタバレがあると思うので、未見の人は読まない方がいいかもね。
 率直に言って、悪くない、でも面白いわけではない、という感じなんですよねえ。テーマは「エヴァ」や「もののけ姫」と同じはずです。むしろ、メッセージとしてはかなり分かりやすい。でも、今更な気もするんですよね。原作に出会った監督がようやく気づいて、前向きに取り組んだのかなー? でも、結局は「ビューティフル・ドリーマー」的なループをやってるし、監督にとってこの映画は必要だったんだろうか?
 自分は序盤よりも三ツ矢碧(CV栗山千明)が登場してからの方が分かりやすかったし面白かったです。むしろ彼女が主役でも良いくらい悩みを吐露してくれるし、話を転がしてくれた気がする。
 声優は俳優さんが多かったけど、悪くなかったですよ。ただし、草薙水素役の菊池凛子さんの声が幼すぎるというか舌っ足らず過ぎるような気がしたなあ。上官なんだからもうちょっと凛とした声でも良かったような気もするけど、キル・ドレとしてはありなのかもしんない。栗山千明さんが想像以上に上手くて、「さすがアニオタ」という感想を抱いてしまいました。
 あとは・・・鳥は出てこなかったように思うけど、犬を出しすぎ。冗長だから半分でいいよー。半分だったら名作の範疇だったと思います。同じような話ならば、「スカイ・クロラ」よりも「灰羽連盟」の方が好きですけどね。

アニメ演出の光と影~押井と出崎のレイアウト~

 とりあえず、有名監督のレイアウト本が出たら買うつもり。意味わかんないと思うけどとりあえず買って満足する(笑)。できたら分かっている人の解説付きの本がいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

アニメ業界の展開は予測不能

 帰省中。

 ようやく「とある飛行士への追憶」を読んでいるけど、主人公のシャルルのセリフが沢城さんの声で、ヒロインのファナのセリフが名塚さんの声で脳内再生されてしまってます(笑)。脳内再生ってよくやっちゃうんだよね・・・

JASRAC、動画共有サイト「TVブレイク」提訴 1億2800万円賠償求める

 国内ばかり標的にするから納得がいかないんだよねえ。国外だとGoogleやディズニー相手に訴訟を仕掛けなきゃいけないから腰が引けるのかな? でも、まじめに支払っている企業があるわけですから、JASRACは公平に徴収すべきなんですよね。「収入の1.875%」というのが胡散臭いけど、包括利用許諾条件で契約を結ぶのが合法なんでしょう。不公平感と理不尽感がJASRACに対する反感を生んでいるように感じるなあ。

「キャシャーン」テレビアニメで復活 35年ぶり

 キャシャーンかよ!と思ったけど、ここを見るに思いのほか本気を感じてます。
 「監督:山内重保」「シリーズ構成:小林靖子」「キャラクターデザイン:馬越嘉彦」「音楽:和田薫」──最近のマッドハウスは小銭稼ぎの丸投げが多いので期待はしにくいのですが、このスタッフはガチですよね。

最新第122巻が刊行中の「グイン・サーガ」、待望のテレビアニメ化が決定

 グインまでアニメ化かよ! ……と言っても、数冊しか読んでないんだよなあ。どこまでやるんだろう? まさか全部やろうとはしないよね?(笑)
 おそらく、「ハリー・ポッター」とか「ロード・オブ・ザ・リング」といったファンタジーブームで企画されたんだろうなあ。
 「アルスラーン戦記」「勾玉三部作」「デルフィニア戦記」「幻獣降臨譚」もアニメ化しないかな?(アル戦は再アニメ化だけど)

ワンナウツ:アニメ化決定 「ライアーゲーム」甲斐谷忍の野球マンガ

 おお。ワンナウツもアニメ化かあ。野球漫画を探しているときに、ちょろっと読んでかなり面白かったから期待しよう。こういう男くさいアニメがもっとあってもいいと思います。分かりやすいBLが苦手なので余計にそう感じるんかなあ?

田村ゆかり、ラジオでBLについて語る。メールでは「神谷×小野」「櫻井×鈴村」が多かったらしい

 文化放送で生もの企画やったんかよ(笑)。男性声優のカップリングは疎いのでさっぱり分かりません。能登さんは女性声優から人気が高いから分かりやすいというか・・・

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 かーずSP・アキバBlogが名指しで登場

 アニメショップで見かけたけどスルーしちゃった・・・妹持ちにこれはきついですよ~。あとは・・・「らき☆すた」でもあったように思うけど、エロゲって18歳未満禁止のゲームじゃないんですかー?

福圓美里が体調不良の為、降板させて頂くことになりました

>アニメ番組 「喰霊-零-」 1話で出演させて頂く予定でした
>弊社所属俳優・福圓美里が体調不良の為、降板させて頂くことになりました。
>関係各位には、多大なご迷惑をおかけ致しました。
>深くお詫び申し上げます。

 最近ストパンなどでご活躍の福圓さんが体調不良で降板らしいです。大丈夫でしょうか? ちょっと心配です。

ストライクウィッチーズ キャラと声優対応表

 ストパンはキャラが多いので整理です。
 最近、GONZOが頑張っていて嬉しいです。ストライクウィッチーズとブラスレイターが大好き。
 ストライクウィッチーズって、ものすごくエヴァテンプレなんですね。ようやく気づきました。1~2話で「逃げちゃダメだ」から「乗ります」まで持って行って、正体不明の敵が襲ってくるウルトラマン展開が始まり、おっぱいを触るネタをからめつつ、敵が人類を理解しはじめ、人類側は組織間対立が生じている・・・ガイナックスな匂いはスタッフからだけではなく作品全体から出てたのかあ。
 そして、ブラスレイターは現在Yahoo動画クラビット・アリーナで無料配信しているので見てあげてください。最初はマクロスFより圧倒的に劣っていた戦闘シーンが、話数を重ねるごとに良くなっていっています。ミサイルをなめてくれるので自分はマクロスFより好きだなあ。とにかく格好いいし熱いですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

情報のフラット化

 河井英里さんがお亡くなりになったらしい。バンブーのOP/EDってつい最近だと思うんだけど・・・予想以上に多くのアニソンに関わってたんですね。ご冥福をお祈り申し上げます。大人になると人の死が思い出の消滅みたいで怖くなるな・・・

がくっぽいど、発売3日でニコニコに200曲 PVや「歌ってみた」も

 「喪失モノクローム」はよく調教されているね。エフェクトでごまかしているんだろうけど、そこもなかなかそれっぽい。かなりビジュアル系ロックになってますね。

知らない町でも360度の散歩気分──Googleマップ「ストリートビュー」 プライバシー対策は

 Googleつええー。と同時に、Googleこええー。おそらく無断撮影だろうし、対策しててもプライバシーの侵害レベルに及んでいるよね。民家も通行人も写っているんだぜ・・・

「iPhoneで人生観変わった」と孫社長 2990円プランでライトユーザーにも拡販

 ノートパソコンの代わりというのがやはり正しいのですね。ケータイの代わりにはならないよなあ。
 しかし、料金体系まで変更するとは影響力は予想以上に大きかったのか。今後、無線LANに関する展開がありそうだなあ。

デヴィ夫人がブログで外務省官僚のホテル代未払い事件の闇を暴露したけど、実はすごい人だったんだな

 デヴィ夫人すげえ(笑)。とんだ茶番とはいえ裏事情を多少でも知らないと見抜けませんな。ブログというのは本当にマスコミが伝えられない情報を伝えられるんだなー。こんなことが起きるとマスコミは仕事がなくなるね。おちおち社説も書けなくね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

最近は復活が多いね

 甲子園が始まったー。高校野球は大好きだなあ。「おおきく振りかぶって」「ダイヤのA」「ラストイニング」を楽しみつつ、実際の試合も楽しんで見てます。ドラフト候補を中心に見ていくと盛り上がりが分かりやすいですよね。それにしても、今年は1回戦が変則だから九州勢が潰しあってるなあ・・・

 「スカイ・クロラ」は来週見る予定。ヒットすると良いですよね。

証言;ビッグサイトのエスカレーター事故について

 ワンフェスで事故があったようですね。エスカレーターが急に逆走とか怖すぎる。コミケでは大丈夫かなあ? 逆走したら上に逃げろということですね。頭に置いておこう。
 安全のためにも、話題性だけで間違った情報を流さないようにマスコミには期待したいです。

祝アニメ『しゅごキャラ!』2年目決定!!

 「しゅごキャラ」2年目ですか・・・人気があるんやね。また1年、DVD枠がしゅごキャラに奪われた(笑)。
 しかし、2年目のネタって何だろう? 原作ベースなんだろうけど、ようやくエンブリオ探しかな? なでしこは戻ってくるのか? そして、あむちゃんとうたうちゃんの共闘はあるのか?! 面白さもこのまま続くと嬉しいです。

品切れ続出 PSP「ファンタシースターポータブル」 アキバほぼ壊滅

 PSPのソフトを買ってないので買おうかなと思ってます。モンハンを買うのはどうもねえ。そういえばFFもPSPで展開されるそうですね。DQのDSに押されてたけど、ついにPSPはじまった?

ポニョ超えだ!ヤマト25年ぶり復活へ

 ヤマトも復活かよー。裁判はもうないのかな?
 西崎プロデューサーも豪腕プロデューサーらしく問題がないわけじゃないんだろうけど、ヤマトは松本零士さんがはじめたものじゃないことは当時のファンがよく知っているらしいよ。
 復活までこぎつけたことはすごい執念だなあと思います。是非とも面白いものにしてほしいですね。声優さんはどういう人選になるんだろう?(笑)

平野綾をつんく♂がプロデュース

 本当だとしたら椎名へきるくさい(笑)。つんく♂はすごい嗅覚だな。「ヒャッコ」には別の意味でも注目ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

ニコニコ動画とYouTube

 恋姫無双が予想以上に面白い。女だらけの三国志というふざけた設定なのに、まじめに三国志演義している。おまけにエロゲアニメで不足しがちなエロ描写も健在! ストライクウィッチーズと恋姫無双が二大巨頭かな? 共通点は女だらけのアニメなのに丁寧で熱い戦闘描写というところ。特に恋姫無双は、エロゲアニメの理想系のひとつじゃないかな?
 スレイヤーズはようやく本筋に入ったけど、おそらくラスト数話まではギャグ中心だろうなあ。光の剣がないとガウリイが活躍できないんよね・・・早く代わりの剣を見つけてほしいなー。

 そういえば、声優の平田さんがご結婚されていたらしい。1年前?(笑)
 こういう情報は隠さないで報告した方がいいんじゃ?と考えているんで(タイミングよくおめでとーと言いたいし)、ちょっと遅いけど事情もあるでしょうしいいんじゃないかなー?と思います。
 とりあえず「おめでとうございます」。R.O.Dの再放送がたまっているから見ようかなあ・・・

新たに描かれる、なのはとフェイトの物語 「魔法少女リリカルなのは」が映画化

 遅くなったけど一応取り上げてみます。新房監督じゃなくて、A'sやStrikerSの草川監督なんですね。「1st」とあるということは3本は作るつもりなのかな?(前後編じゃないし)
 劇場アニメならではのジェットコースターアニメになることを期待します。久々に夫婦のどつきあいなんで、派手な演出を希望したいですね。

アニメ・とらドラ! 大河の声優はやっぱりくぎみー(釘宮理恵)

 安易過ぎるぞー。まあ見ますけどね・・・。やはり日野理恵じゃないのかあ。

「ニコニ・コモンズ」は日本人の美徳に目を向けた平和的解決策

 コミケよりはワンフェスなんかな? どうもそのあたりを目指している印象。しかし、ネットは日常だから成功は難しいのではないかなあ? ワンフェスは非日常の空間というところで成立しているように思うし、著作権を解放するのって調整が難しいのでは? 2次使用していい代わりにちょっと割高な映像・音楽があってもいいかもね。

YouTubeが「ニコ動的」コメントサービス提供へ

 最近はニコ動よりYouTubeの方が元気なんですよね。ニコ動を合法にしようとすると面白くなくなったということらしい。個人的にはMAD削除が痛すぎる・・・やっぱりマッシュアップなんて幻想(というかネット間でしか通用しない)だよなあ。

竹熊さん、インターネットはヤバイですよ。

 気づいてた人はきっといるんだよなあ。「出版も放送も、とりかえしのつかないことになりますよ」──これはすごいよね。自分は「著作権制度が破綻するよなあ」程度ぐらいの予測だもんね。(「個人メディア」はホームビデオにヒットソングをのせる延長だろうから、著作権制度は維持できないだろうなあという思いだった)むしろ「出版と放送」のコンテンツが「個人メディア」の素材として売れると思ってました。
 自分は、ネットと既存メディアの対立を見て、ようやくガンダムの対立の構造を理解できました。「地球の重力に魂をひかれる」感情と「独立したい」感情を実感できたのかもしれません。既存の権利者の発言を読むたびに「地球の重力に魂をひかれているなあ」と思ってしまいますし、ネット側の発言を読むたびに既存メディアに支配されているんだなあと忸怩たる感情を読み取ってしまいます。ホリエモンがニッポン放送に仕掛けたのは独立戦争なのか?

MSのポストWindows「Midori」の構想が明らかに

 なぜ「緑」? とりあえず「Windowsとは違う何か」ということらしいですね。「非同期」がキーワードっぽいけど、当分先だろうし、登場して実際に触れてみないと分からないよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »