« いろいろ総括2008(1) | トップページ | 2009年あけおめ »

2008年12月31日 (水)

いろいろ総括2008(2)

 キタエリのお化粧が濃いのって、ひょっとして化粧を落としてオタ活動しているせい?
 そんなことをスタチャブースで「とらドラ」のイベントがあっているときに考えてしまった・・・

 コミケは「GUNP」(ついでに「CLIC CLAC」)「UGO」「ぽこぺん本舗」「PIGMY HEDGE HOG」「しあわせまんじゅう」あたりを買えたからかなり満足です。最近買っていた声優さんのサークルが東館で見つからなかったのがちょっと残念。
 「僕の弟がこんなに可愛いわけがない」というルルロロ本や100円のざんげちゃんコピー本やドアラ本や小林源文さんの同人誌をネタ買いしてしまったけど、ネタ買いは毎度のお約束やね。
 「とらドラ」「かんなぎ」「禁書」は珍しくエロOKみたい(「ストウィ」はエロじゃないほうがいいらしい)で、かなり買ってしまいました。みんなエロ妄想がすごいねー。

○ライトノベル2008

 今年のライトノベル総括です。あまり読んでないので参考にならないね。

1位:『とある飛空士への追憶

 今年読んだ中で一番感動したライトノベルですね。ファンタジーの形を借りることで生まれた感動作です。フィクションとは、ファンタジーとは、かくあるべきじゃないかなあと思っています。映像化してほしいようなしてほしくないような、そんな作品です。

2位:『俺の妹がこんなに可愛いわけがない

 リアル妹持ちとしては最初は読みにくかったけど、読んでみたらかなり面白かったです。デレない妹はなんか新鮮。型から外れた妹が可愛いです。2巻はまだ読んでません。

3位:『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~

 ようやく読み終わりました(笑)。「NHKにようこそ」に近いですけど、宗教色がなく代わりに厨二病要素が入っている分だけ読みやすいですね。
 戦士症候群じゃないから完全な共感は無理ですが、自分も普通じゃないので部分的な共感はできました。

○アニメ2008

 個人的に好きだった2008年のアニメをまとめてみました。

1位:ストライクウィッチーズ
2位:とらドラ!
3位:true tears
4位:狼と香辛料
5位:かんなぎ

 「ストライクウィッチーズ」はシュールな格好で戦闘シーンがかっこいいという稀有なアニメでした。笑えて泣けるアニメですね。多くのキャラがいるにもかかわらず、それぞれのキャラが立っているのが魅力でしょうね。そういえば、NHKFMのアニソン三昧で最初に流れましたね。さすがNHKだ!
 「とらドラ」は今年好きになったライトノベルがアニメ化されて、完全にハマってます。説明不足なところもありますが、とらドラファンはきっと分かってくれると信じれるのがいいですね。ラノベのアニメ化は怖くないかも。
 「true tears」は意欲作で好きなんだけど、もうちょっと派手な喧嘩がほしかったアニメです。感情の発露って好きなんだよね。自分が怒れないから余計に創作物に求めてしまうのかもね。好きだからこそ不満を言いたいアニメでした。
 「狼と香辛料」は見逃している話があるのでこの位置で。原作を読んでいても満足な出来でした。BDを買う予定なので、全話通して見たいですね。
 「かんなぎ」はヤマカン演出が楽しかったです。カラオケ回以外は不満なく楽しめました。カラオケ回は隙間が多すぎるから、もっとネタを入れても良かったんじゃないかなあ?

 珍しいことに一応すべてDVDかBDは買う予定です。「true tears」のBOX化はまだかなあ?

 では、2008年もあと1時間程度になってしまいました。良いお年を!

|

« いろいろ総括2008(1) | トップページ | 2009年あけおめ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/43592585

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ総括2008(2):

« いろいろ総括2008(1) | トップページ | 2009年あけおめ »