« 脱小泉路線 | トップページ | ブログは炎上させるものじゃないと思う »

2009年2月 8日 (日)

感じて、そして考えろ!

 鉄腕バーディが急速にTS展開に(笑)。1期より2期の方が面白いなあ。六本木廃墟というのも、ワクワク感を引き出しているように思えます。廃墟って何かが起こる暗喩になるんかなあ?

『とらドラ!』#18での、壊れたクリスマスツリーの星と、5人の関係の暗喩

 原作では分からなかった新たな視点。星が5人の気持ちと思ってなかった。ひとつ欠けたままって多分アニメで加えた暗喩なんだろうけど、映像で初めて分かることもあるんだなあ。
 そして、アニメでは亜美ちゃんの恋心がはっきり表現されていますよね。これはスキー回が楽しみだ。

 ☆『とらドラ!』 アニメも原作も3月で完結

 ちなみにこういうことらしいです。アニメも原作も同時に完結するのは綺麗だなあ。
 良いアニメ化だったんですね。放送前はかなり誤解してたのかも。

公取委、JASRACに排除命令へ 私的独占で

 ひとつの問題提起と受け止めています。これですべてが良くなることはないけど、情報公開とかで不満の解消にならないかなあとかね。
 テレビ局やラジオ局、ニコニコ動画などは見直しを迫られることでしょう。包括契約ではない契約ってなんだろうなあ。他の著作権管理会社と共同で包括契約という感じになるのかなあ?

 ☆JASRAC独占、なぜ崩れないのか――JRCの荒川社長に聞く

 こちらを読むと、JASRAC諸悪の根源説はちょっと違うような気がするけど、独占というのはおかしいと思っています。せめて寡占ぐらいでないとねえ。

ブルーレイディスクへの補償金課金アピールがこれほどまでに紛糾することの意味とは

 これは良い提言。
 すでに「私的録音録画補償金」という制度は死んでしまったように見えますね。
 代替を考えようにもJASRACなどの著作権管理団体が信用されていないしなあ。信用されるには情報公開しかないんじゃね? どの著作権者にどれだけのお金が渡っていますよみたいな感じで。

ニコニコ動画、有料会員と広告売上が急増--2009年9月期第1四半期決算

 ニコニコ動画ってひょっとしたら赤字のままの方が反感をかわなくていいかもしれませんね。黒字でもトントンに近いぐらいがいいかなあとか。黒字に近づいたらサーバを増強していく感じですね。
 動画を窓口としてポータルサイト的なものに移行できたらもっと面白い存在になりそうな気がします。

 >広告主の業種で見ると、PC関連に加えて化粧品関連やファッション関連が増えているとのことだ。

 女性向けなのかな? こういう部分が面白いですね。動画と広告が適切にマッチングされていると、アマゾンのように利用者が増えると思います。行動ターゲットのサービスって、気持ちよさを演出しないと成功しないはずなんだよなあ。
 今後、様々な企業がこのようなサービスに取り組むことになると思いますけど、成否がはっきりするだろうなと思います。失敗したところは原因がわからず、使えないサービスとして切り捨てそうな気がするんだよなあ。

○麻生総理の悪いとこ

 麻生贔屓過ぎたので(笑)、不満なところを書いておこうかなあと。基本的な考え方が似ているから支持なんだろうけどね。

 ・漢字が読めない
  読語障害かもしれませんし。黙読で漢字を覚えたのかもしれない。英語脳なのかもしれない。
  理由は色々考えられるけど、日本国総理大臣には漢字を正確に読んでほしいものですよね。
  (でも、国語がダメだからって頭が悪いという批判はやりすぎだと思う)
 ・独特な矜持を持っている
  プライドのせいで素直に謝れないみたいですね。謝罪の仕方が下手だなあと思います。
 ・一言多い
  「郵政民営化に賛成でなかった」などの余計な一言が多いですよね。
  マスコミはそこだけ切り取って失言騒ぎをするんだから。
  (「民意に従って民営化するよ」というのはほとんど報道されないって)
 ・マスコミを嫌いすぎ
  嫌いなのは分かるけどさ(笑)。
  マスコミに喧嘩を売るからマスコミが作文をするんだと思うんだよなあ。
 ・根回しが下手
  突然ポンと発言しちゃっているような。
  だから、反対の発言が党内から出るんじゃないかなあ?

 基本政策は賛成なので、予算通過をがんばってほしいものです。
 経済対策75兆円の効果を見たいんだよー。

○西川京子議員が語る 真実の報道をしない今のメディア

 実家の選挙区か近くじゃないかなあ。こんな人だとは思ってませんでした。

|

« 脱小泉路線 | トップページ | ブログは炎上させるものじゃないと思う »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/43991702

この記事へのトラックバック一覧です: 感じて、そして考えろ!:

« 脱小泉路線 | トップページ | ブログは炎上させるものじゃないと思う »