« 萌えの変異 | トップページ | グローバル化した世界の中で »

2009年5月20日 (水)

愛は日本を救うのか?

 新型インフルエンザはもうあきらめたほうがよくね? 検査していないA型インフルエンザの患者さんが多いわけだし、経済に与える影響も大きいので、治療に専念した方がいいような気がするなあ。今回の反省点は、渡航暦の有無に関わらず、疑わしきものは検査すべきということだろうと思います。
 スペイン風邪は弱毒性が強毒性に変異したらしいので、梅雨明け以降がどうなるのか気になります。鳥インフルエンザと言われるH5N1(今回はH1N1)への対処など、学習できたことは多いのではないでしょうか?
 とりあえず弱毒性でよかったね、と安堵しております。でも、インフルエンザには感染したくねーよー。

鳩山由起夫氏Webサイト、オープニングムービーが面白かった

 これは面白いんじゃないと思うな。釘宮MADに見える。
 なんかセンスがぶっ飛んでいて、とてつもなくシュール。よく鳩山さんはこれでOKを出したよなあ……

 ちなみに、鳩山さんの理念「友愛」ってフリーメイソンの言葉らしい。でも、フリーメイソンも秘密結社じゃないらしいよ。どうもかつてのmixiとかネズミ講とかに近い「仲間の仲間はみんな仲間」って集まりみたい。(正しくないかもしれません)
 語源は、フランス革命の博愛っぽいけど、この博愛って言葉は「愛国」という意味に近いんよね。(「自由」「平等」「博愛」よりも、「自由」「平等」「愛国」の方がフランス革命って感じじゃん?)
 でも、鳩山さんは「愛国」の意味では使ってないように思えるなあ。結局、鳩山さんの「友愛」という理念の意味は分かりませんでした。分かっている方はコメント欄で教えてほしいかも。

タイはじまったな――タイ生まれの美少女ゲーム「Re Angel」がなんかスゴい

 目の大きなキャラが無駄に動く。この情熱は嬉しいなあ。出来がかなりよくね?
 日本のエロゲ・ギャルゲは基本止め絵だもんなあ。(一部を除く)
 タイに負けないようなゲームを日本も生み出さないとねとクリエーターの皆様にプレッシャーを(笑)。

NHK、映像素材提供サイトを10月にオープンへ

 NHKがMAD素材に参入? ブログ素材と言って企画を通したんだろうな(笑)。内容がしょぼい可能性があるけど、最初の1歩として評価すべきと思います。

実物大ガンダム、下半身が大地に立つ

 これはいつ完成なんだろう? 完成したら写真撮影に行きます。この公園ってお台場のどこなんだろう? コミケ帰りに寄れるのかな?

 また、グーグルマップで探索したらビッグサイト付近に空き地っぽいところがあるので、そこにアニメ美術館とか揶揄される箱モノが建てられるんじゃないかと予想してたり。100万人(延べ人数)のコミケ参加者が大挙して訪れそうだなあ。

テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」、噂の第2期エピソード「笹の葉ラプソディ」放送か

 これは見ないとね。新作があるとは思ってなかったよ。いつ放送なんだっけ? チェックチェック!

ナトリウム硫黄、リチウムイオン、レドックスフロー──大型蓄電池の主役は

 石油から電気の時代に移行するので、電池を制する企業が重要になりそうだなあと予想してます。特に電気自動車と太陽電池関連ですね。安全で小さくて容量が大きくパワーがある電池が勝つんだろうけど、電池に詳しくないものでどうなるか想像できません。

北米市場を制覇するKUMON――「一人勝ち」の仕組み

 他とは違う学習法というのが受けるんだね。公文式は有益な学習法だと思ってます。特に小中学校の基礎的な内容では効果が高いんじゃないかなあ?
 そして、今後はフランチャイズに注目した方がいいかもね。コンビニにも言えるけど、問題はあるものの発展しやすいように思えます。攻めるときはいいけど、守りに弱いように思えるので、そのあたりにも注目したいです。

FeliCaタッチでBluetoothも自動接続 ソニーが新技術、ドコモ端末に採用

 これは面白いですね。FeliCa+WiFiが一番使いやすい組み合わせかな? Bluetoothはさすがに知名度がなさ過ぎます。今後のソニーの展開に注目したいです。FeliCaだったらSuicaとかに応用可能なのかな?

米国よりヒドい? 欧州経済の先行きは

 「1─3月実質GDPは年率‐15.2%、過去最大の減少率」にあるように、日本の1~3月のGDPはかなり悪かったということのようです。
 しかし、年率換算ってわかりにくいですね。年率換算では四半期の指標が1年間続いたときを考えるようです。つまり、4回続くんですね。今回は1~3月が前期(10~12月)比で-4.0%なので、[(1-0.04)^4-1]という計算をして、-0.15となり-15%という数値が求まるみたいです。

 そして、日本の次に悪いのがドイツらしいです。比較的ダメージが少ないと言われていた国が悪いのは、外需依存のせいでしょうか? また、良くも悪くも日本の「失われた10年」は今後の参考にされることでしょうね。新たな不良債権を生まないことが最重要なので、公的資金の投入を惜しまずに銀行や企業をうまく整理していってほしいものです。

 ところで、GMはやっぱり破綻するみたいね。今月末にその命運が決まるらしい。

|

« 萌えの変異 | トップページ | グローバル化した世界の中で »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/45077388

この記事へのトラックバック一覧です: 愛は日本を救うのか?:

« 萌えの変異 | トップページ | グローバル化した世界の中で »