« 壁を越えられるのか? | トップページ | 今回の不況で世界が大きく加速してるね »

2009年7月30日 (木)

テレビアニメから劇場アニメへ(多分)

 早速ニコッとタウンに登録してみたものの、あっさり引きこもりであることが判明。街に出たくない(笑)。ということで、終了くさいなあ。ネトゲ関係は向いてない気がするわ。

 狼と香辛料はメディアミックスに恵まれているなあ。小梅けいとさんのわっちもとてもかわいい。

 「オトナアニメ」や「spoon」で「東のエデン」のインタビューを読むに、神山監督って普通の感覚を持っているなあと強く思いました。オタク的じゃないよなあ。
 表現として「作品」と「ネタ」があって、大きな物語があるのが「作品」で、ニコ動にあるのは「ネタ」で、同人誌はその中間だと個人的にはとらえているんだけど・・・
 神山監督とその周辺にいる人は「ネタ」に否定的なんよね。クリエイトを重要視しているっぽい。ニコ動のはクリエイトじゃないだろうと。(主にMADとかかな?)たぶん、もっと高みを目指せよという思いがあるんだろうなあと感じました。無理に「ネタ」を取り入れようとして、「東のエデン」が支離滅裂になったような気もするんだけどね(笑)。
 おそらく、シャフトとか角川とかきららとかは、「ネタ」に肯定的なんだよね。「作品」と「ネタ」が等価なんじゃないかと感じる。だから、「作品」の中に「ネタ」を埋め込めるんよね。
 「ネタ」はキャラが立つのが最低条件で、小さな物語の積み重ねを重要視していて、大きな物語のある「作品」とはアプローチが逆になるんじゃないかなあ? 短編を積み重ねると世界ができるような感じ。「萌え4コマ」や「化物語」はそのまんまかも。音楽で言えばラップとかに近いのかなあ?
 ・・・そういえばCONTINUEっていつアニメ雑誌になったんだっけ? 最初はゲーム雑誌だったよなあ?

 ホークスがとても弱い。オーティズ、カムバック! 本当に確変終了なのかなあ?

「プロ品質の8割」に迫る音声合成技術、富士通研が開発

 声優さん大ピンチ! 一部の声優さんには大チャンスなんだろうけど、それによって多くの声優さん(特に機械の音声をやっている声優さん)は仕事がなくなっちゃうかもしれない。価格競争かなあ? でも、違う言葉に変更しやすいのはこの技術でしょうね。やっぱりこっちの台詞の方が良かった!とかね。
 でも、萌えに関しては声優さんが優位でしょう。まだ感情のない音声なんじゃないかなあ?

 追記:これを聞くに、かなり自然だね。もうちょっとって感じ。最後の壁が大きいのかな? 文字読み上げでは使えるレベルだよね。(そんなに簡単に処理できないのかも)

「やる夫が本になったお!」

 批判や非難なら誰でもできる。
 
 何も提案できない批判や非難ってすごく嫌いなんよね。代替案がないのなら、その意見は建設的じゃないと思っちゃうんだよなあ・・・単なる愚痴じゃん(笑)。

 ということで、あまり期待していないけど買ってからどんなものか判断しよっと。出来がいいのはすごく分かりやすいから、何を取り上げているのか?じゃないかと思います。

化物語4話OPがむせかえるほどロリで素晴らしい。

 化物語の本編はオープニングかもしれない。会話のときって、時々作画の乱れがあるじゃん(笑)。手を抜いてるのかなあ? しかし、オープニングが本編なら納得なんだよね。オープニングにリソースを割いてるって意味で。
 新キャラごとにオープニングがあるのかなあ? そう考えるとすごく大変なアニメに思えるんよね。オープニング集のブルーレイがほしいです(笑)。

 化物語でえみりんの声をようやく認識したけど、小桜エツ子さんっぽい声質な気がしてます。

「サマーウォーズ」特番放送決定!

 特番は当然録画でしょう! ・・・と言いつつ忘れそう。
 「オトナアニメ」や「spoon」「cut」を読むに、「親戚というネットワーク」のアニメなんだね。まだイメージできてないんだけど、見たらきっと腑に落ちるんだろうなあ。真田をモチーフにしているみたいなんで、戦国なノリがあると嬉しいなあと期待しております。ネット内では戦国なんだよ!アッパレ!戦国大合戦だよ!と勝手に思ってたり。

元アニメーターだけどなにか質問ある?

 やっぱり将来性なんだよなあ。10年前も同じことが言われてたように思うけど、本当にアニメはやばいですね。なんで成立しているんだろう? そのおかげで楽しめてるんだけどさ・・・やっぱり心苦しい。
 謙遜しているけど、元アニメーターだけあってすごくうまいよね。それ以上に上手い天才アニメーターがいるってだけさ。努力の賜物とはいえすごく羨ましい・・・

 見る人が見ると、ヱヴァ破の作画の統一性のなさが分かるんだ。自分は分かってませんでした。「cut」を読むに、鶴巻さん曰くかなり切迫していたらしい。しかし、破で変えようと模索しても別のキャラが同じ台詞を言ってしまうという庵野さんの足掻き方が面白いなあ。鶴巻さんは変わってない、変えることに失敗しているという思いがあるのも面白いですね。「Q」は気分が楽っぽいので、はっちゃけてほしいです。

【情報局】TVアニメ・ピックアップ090727 特番シーズン到来! 劇場もTVも見逃すな

 ニコニコアニメチャンネルの「おんたま」がちょっと驚き情報かも。原作ははりけ〜んずの前田さんですか。バクくんはいいキャラですよねえ(笑)。それ以上に、池Pのアニメとは思ってなかった! カレイドスターではお世話になりました。大いに期待しようと思います。でも、全5話なんだっけ? それって実質OVAじゃね? あーでもその方向はありかもね。(ニコニコ動画だと多少遅れても融通がきくでしょうし)

China Joyに憂う日本のコンテンツビジネスの行く末

 こういう考え方もあるんだなあ。日本の企業が裕福層を狙うのは、収益性とブランドのためだと思っています。ゲームに関しては、単純にネトゲをつくる能力が不足しているようにも思うけどさ。
 おそらく中流階層を狙うときには、別ブランドをつくる必要があるんだよね。そして、100円ショップのような収益構造になるから、効率はよくないんじゃない?
 「117億円もかけて"国立メディア芸術総合センター"を作ろうとする構想は、過去の遺物・産物を懐かしむ程度のものにしかなりません。」というのが、価値観の違いを如実に表しているなあ。この施設で新作ゲームや新作アニメ、新しいゲーム機を宣伝すればいいんだってば。業界にとっては安く借りれるし、箔がつくからいいんじゃないかなあ? それを裕福層が見てファンになってくれたら、それはすごく大きいっしょ?

|

« 壁を越えられるのか? | トップページ | 今回の不況で世界が大きく加速してるね »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26230/45779560

この記事へのトラックバック一覧です: テレビアニメから劇場アニメへ(多分):

» NDS しゅごキャラ! [ゲーム攻略の虎]
毎週土曜日テレビ東京系で放送中のしゅごキャラ!の最新作 [続きを読む]

受信: 2009年8月14日 (金) 18時57分

« 壁を越えられるのか? | トップページ | 今回の不況で世界が大きく加速してるね »