« 祝・紅白出場 | トップページ | アニメーションの未来ってどんな感じ? »

2009年11月26日 (木)

世界一目指さないと2位にもなれない

 森脇コーチが退団して、大石さんがヘッドコーチに就任したわけですが・・・あ、鷹の話ね。これを判断するには情報が少なすぎる。時期が悪いとか唐突過ぎるとか文句は言えるけど、森脇さんよりも大石さんを選んだことが腑に落ちてないんですよね。
 森脇コーチのノック力を考えると守備コーチとして残しても良いのでは?とも思うし。走塁コーチとしては判断ミスが多かったけど、守備に関してはかなり信頼していました。う~ん。惜しいよなあ。

ノーベル賞受賞者らが仕分け批判で集結 「世界一目指さないと2位にもなれない」

 まったくもってその通り。

 このあたり理系でも最先端に触れたことがある研究者しか分からないかもしれないんだよなあ。理系だけ考えたとしても、全国民の2割程度しかいないんじゃない? あ、スポーツをやっている人なら分かるかも。金メダルを狙わなければ入賞もできないような感覚です。

 基礎科学って応用科学と違って、ほとんどが商売に結びつかないものなんですよ。学部で言うと理学部ですね。そして、ノーベル物理学賞やノーベル化学賞、フィールズ賞(数学のノーベル賞に相当する賞)というのは、多くがこの基礎科学なんですね。最近は応用科学の受賞もあるようで企業の研究者が受賞していますが、それは偶然とか例外と考えた方がいいと思います。
 そして、こういうものを事業仕分けしちゃうと・・・バッサリ切られるんですよね。だって、儲けるためにやっているわけじゃないんですもの。でも、こういう基礎的な研究って50年後ぐらいに使われたりするわけです。実際に使われるかどうかは、そのときが来ないと分からない。
 X線、MRI、中性子線など医療に使うために開発されたわけじゃないけど医療に使われているものもあるわけです。核技術も発電への応用を考えていたわけではありませんし、半導体や超伝導なども性質を発見したあとに実用化の方法が考えられたんですよね。応用してみたら使えたという技術が多いんですよ。そして、使えなかった技術も大量にあるわけです。(でも、その技術の中から使えるものが生まれるかもしれません)
 応用科学には企業が研究費を投じるので問題ないのですが、基礎科学は国からの補助がないと立ち行かないのが多いです。むしろ基礎科学を支援するのが国の仕事と言えるのではないかと思います。

 また、国の施設を企業の研究で使用したりしています。スプリング8なんて大学だけでなく放射線を使いたい企業はおそらく積極的に活用しているはずです。スーパーコンピュータも(その派生かもしれませんが)シミュレーションなどで活用しています。
 国の施設や国のプロジェクトだからと言って、安易に予算を削減すると企業の研究に支障が生じることになります。そして、これは案外近い将来に特許など企業間競争への影響が現れるかもしれません。

 木を見て森を見ないで切り捨てちゃうと失うものが大きいと思います。一度失った技術と流出した人材は、数倍の予算をかけないと取り戻せません。何よりその間の失われた時間は永久に取り戻せませんよ。

※ちなみに、サムスンはアジア金融危機のときに研究費を増やしたおかげで現在の繁栄があるらしいですよ。せめて、こういう事例を見て対策を考えてほしいものです。不景気のときこそ研究費を増やすべきじゃね?

昭和シェル石油、雪国型メガソーラーの実証事業 新潟県と共同で

 この方向性はちょっとビックリです。脱石油なのかな? 太陽光発電は今後異業種参入が活発になりそうです。他にも、東京電力や関西電力がメガソーラー計画を立てていますね。まだまだ実験段階みたいですので、メガソーラー競争は来年以降に激化するのでしょう。

三洋、5年以内に太陽光発電で国内No.1に

 ちょっと大きなことを言いすぎだと思うなあ。発電効率が高い方が有利なのか、コスト的に安い方が有利なのか判断できていません。三洋は発電効率を選んだみたいですね。よほどHIT太陽電池に自信があるらしい。

新型ポメラのよく分からないところを、開発担当の立石さんに聞いてみた

 新型ポメラって金額を除けばかなり良さそう。ファイルサイズもファイルサイズもファイル操作も大幅に良くなってる。さらに、QRコードで携帯に取り込めるなんて素晴らしい。安ければ買いたいので、見かけたら値段をチェックしようと思います。買うならば1万円台だよなあ・・・

さんま御殿でDAIGOの姉ちゃんがガンダムSEEDのアスラン紹介

 これは見たかったわ。アスランとアスカがさんま御殿で登場する機会はもうないだろうしなあ。DAIGO△!

アプリックスとセルシス、海外携帯向け電子コミック閲覧ソフト開発・販売で提携

 これで電子コミックを海外で販売できるようになったということなんだろうか? 海外のコミックは日本より高いから朗報かもね。kindleとかでコミックを読めるようになるのかな?(日本の出版社が権利をうるさく主張しそうだよね)

日本のポップカルチャー欧州で熱、アニメのネット販売も有効

>「商品の人気があってもDVDが売れないのはこのため。むしろ日本企業はネットを巧みに利用して通信販売できる仕組みを整えるなど、販売時間を短縮する方法を考えた方が得策。洋服も英語サイトを作って海外から買えるようにすればいい」

 的確な指摘すぎてぐうの音も出ない。海外向けサイトでグッズの通販を行うと良いと思います。コスプレ衣装とかフィギュアとかほしい人は飛びつくと思う。

セレブラント VS 手乗りタイガーか? o(^-^)o

 次こそゼーガペインでしょう。これって失敗するまで続くのかな? BD BOX化企画商法?(笑)

とらのあな店内放送企画「とらのあなラジオ部~とららじ~」始動!

 苺衣ラジとは違うのか。とらのあな各店にて第1回放送開始らしいけど、CDになる・・・よね? 面白ければ買うよ~。しかし、小林ゆうさんと今井麻美さんという組み合わせは想像がついてない。とりあえず聴いてみるかな?

ニコ動、アニメ制作会社マッドハウスの公式チャンネル

 これは非常に効果があるんじゃないかな。自社のサイトも充実できるし一石二鳥。様々な制作会社やDVDレーベルが公式チャンネルを開設することになるんじゃないかなあ? ゲームメーカーも参入したりして。ハルヒのときのような盛り上がりを復活させることは不可能だけど、ファンが遊べるスペースは提供できるんじゃね?

“ハルヒ”以来のスニーカー大賞受賞作品「シュガーダーク」はアニメ化も視野に

 富士見書房のファンタジア長編小説大賞でも大賞が生まれてたよなあ。今年は大賞が多いのでしょうか? 不思議な設定のラノベに思える(そういうのが好き)ので、楽しみに待ちたいと思います。

期待の高校生声優・悠木碧は仕事も勉強も欲張る!

 個人的に期待している声優さんの悠木碧さんです。みゆきち門下というのが素晴らしい(笑)。しかし、まだ高校生なんだよなあ。若いなあ・・・

>「時間はもらうものではなく作るものだ」

 あぅ。その通りです。でも・・・苦手です。これができる人は立派なオトナですよね。

 とりあえず、何事もまっすぐに真剣に取り組んでいる悠木碧さんをこっそり応援しています。すごいよなあと思っているだけですけどね(笑)。

|

« 祝・紅白出場 | トップページ | アニメーションの未来ってどんな感じ? »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祝・紅白出場 | トップページ | アニメーションの未来ってどんな感じ? »