« 目先の価値と将来の価値と | トップページ | 海外だけでなく国内への広報を »

2009年11月14日 (土)

事業仕分けの是非

 今冬ってカーキ色が流行ってたりする? 電車の中でたびたび見かけるんだけど。ファッションには疎いから気のせいかもしれないなあ。(3年ぐらい前に自分の中で流行ってました(笑))
 最近、世界史への興味が高まってたり。うっかり教科書を買ってしまった。ちゃんと読めるかなあ?

○事業仕分けの是非

 まずは、事業仕分けの良い部分から。
 おそらく、事業仕分けを行うことで情報公開が可能でしょう。これが一番大きいと思います。そのために公開で実施しているのでしょう。
 そして、これまでの報道から考えて無駄があるのは明らかなので、それを削減する効果があるのは確実でしょう。

 次に、問題点をあげたいと思います。
 1点目はこの事業仕分けの位置付けが不明な点でしょう。このあとの展開が読めません。財務省と各省庁の攻防戦なのでしょうか?
 2点目は仕分けを担当する民間人の選出についてです。これまでは民間人が関わっていても政治家がどうするのかを決めていたはずです。この決定権が大きいために族議員と呼ばれてたりしたわけですが、この権限をそのまま民間人に渡していいものか疑問があります。
 3点目は時間が短すぎると思います。削減ありきの机上の空論になっているように思えます。これが友愛精神なのでしょう。自民党が蘇るには、民主党のトップダウンとは逆にボトムアップを心がけると良いように思えます。トップダウンとボトムアップの2大政党制というのも面白いのではないでしょうか?
 4点目は「地方への移管」です。事業を地方に移管したとして、財源も移管できるのでしょうか? おそらく無理なのではないかと考えています。そうするとこれは地方への押し付けになってしまいます。地方分権(地域主権)の推進に反するのではないでしょうか?

 最後に、上記のことをふまえてまとめてみます。
 これまでの政権が内科医だとすると、現在の政権は外科医と言えると思います。(小泉政権は外科医的だったんだけどね)現政権は事業仕分けという良いメスを使っているものの、切り刻むことに熱心で縫合することを考えていないのではないでしょうか?
 民主党の脱官僚はおそらく財務省主導なので、これが原因で度が過ぎているのではないかと思います。財務省は財政規律を重視するので、なるべく削減したいと考えているはずです。しかし、そのせいで税収が落ちることは確実です。影響の大きさを考えて、仕分け作業を行ってほしいと切望いたします。

ノーベル賞の野依氏、蓮舫氏らの「スパコン、世界一になる必要あるのか」発言に憤慨

 世界一にならなくてもトップ5に入る価値はあるんじゃないかな?と思います。そして、トップ5に入るには予算が必要だと思います。予算がないと消滅しますし、一度失われた技術は莫大な予算がないと復活できません。
 スーパーコンピュータじゃなくてもいいじゃないかというのは分からなくないのですが、高性能の計算機が必要な分野(シミュレーションとかDNAとかはそうだと思う)には必須なんですよ。パソコンなどのCPUを組み合わせるという方法もあるようですけど、いつまでに解析できそうだという予想は立たないですもんねえ。

落合祐里香よりファンの皆様へキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

 ゆりしー改名! ファンクラブ閉鎖! 一体どうなるんだ(笑)。楽しみで仕方ない。やっぱり、こういうときはひらがなか☆だろう。

『とある科学の超電磁砲』OPがオリコンで3位に入ったがMステランキングでスルーされました

 オリコンとはデータを収集している店舗が異なるんですよ。そういうことにしましょう。PVはマギーさんの映像だし、放送しても問題ないんじゃないかなあ?

アニメーターに不躾ながら色々聞いてきた。

 そろそろ製作委員会方式について総括する時期かもね。「テレビ局は、アニメが儲けられないことに気付いている。 」というのは衝撃的だなあ。やっぱり儲からないのかあ・・・ショックが大きいなあ。GONZOの失敗は思いのほか大きいね。

 アニメ制作スタジオの実態については、ヤシガニのときに調べたので多少知識はあるつもり。アニメ業界を是正できるならば、すべてのワーキングプアを救えると思っています。小規模なスタジオが多い理由がまだ分からないんだよなあ。社長や役員になれば生活できるからというのが有力かなあと思っているんだけど、本当はどうなんだろう?

 プロデューサーが重要なポジションというのは同意だなあ。テレビ業界、映画業界で発展するには必須らしい。でも、アニメ業界では不足しているよねえ。口約束が横行しているからガイドラインも作られたわけだし、国内外を問わず活躍できるプロデューサーの育成専門学校とかあってもよいのかもね。公共広告機構がスポンサーが入らなかった枠とは知らなかった(笑)。今後はJAROを見たら「へ~」と思おう。

 業界内の人材については、固定給+出来高という感じにできないものかなあと常々思ってたり。人材を探すことを考えたら固定給が大きいと思えないんだけど・・・でも、年俸制にした方がいいかもね。途中でやめられると困るし。

 「どうせ辞めていくんだろ」という業界のネガティブな雰囲気というのは厳しいですね。「夢がないね」と誰かのように言っちゃいそうです。なんでこんな業界になっちゃったんだろうなあ。でも、今後の日本の大部分は、こういうアニメ業界への道をひた走ると思っています。どうなるんだろうねえ。

 アニメ関係者の横の連携がとれていないのはかなり感じたなあ。クリエイターって結局みんな自分勝手なんだよね。だから、一緒に待遇を改善しようとならないっぽい。それに、脚本と声優は実写の影響で労組があり、労働争議もあったけど、アニメーターにはそういうのがないらしい。JAniCAですら労働組合と名乗れない。ようやくできたJAniCAですし、今後の活動には注目しています。

 「作画崩壊」と言って叩く風潮は大嫌いです。むしろ、良い動きを褒めろ!(笑) 作画崩壊していないものまで作画崩壊と言って叩くじゃん。「ベルカ式」と言うのはいいと思う。気持ちよい動きを極めていくと、ちょっとおかしい画になると思うんですよ。キャラデと異なっていてもいいと思う。でも、それを作画崩壊と思う人がいるんだよなあ。似ているからといって上手いわけじゃないよねえ。

 金を流しこめるような仕組みづくりをすることを怠ったというのはあるかもね。ひょっとしたら最後のチャンスだったのかもしれない。今後同じようなバブルは起きないよなあ。年末から来年にかけて小さなアニメ映画ブームがありそうだけど、それも大きくはならないだろうしなあ。それでもちょっと盛り上がってほしいです。

 ネットの活用では、ネット配信じゃなくてネット販売を目指してほしいと思っています。低ビットレートでもいいのではないでしょうか? DVDとブルーレイを発売して1年後でも構わない。海外の映像では案外ネット販売があるんよね。せめてアクトビラやPS3などのコピーしにくそうなシステムでならばネット販売は可能じゃないかと思います。検討してもらえないものかなあ・・・

美声時計にあの人気声優が参加~本人がブログで告白

 青二プロダクションの声優に違いない! ここまでの声優はみんな青二だった。青二は声優の数が多いから丸投げしているとしても不思議ではない(笑)。美声って女性声優だけなのかな? 男性声優がいてもいいんじゃね?

NHK、「MUSIC JAPAN 新世紀アニソンスペシャル 第2弾」を2010年1月10日放送 - 8組のアーチストが繰り広げる熱いステージに注目

 第2弾は年明けの1/10らしいですね。ほっさんと水樹さんを出すなら、ゆかりん(般若)も出そうよ。ほっさんの「テレビで歌わせていただくのがまったく初めてなので」っておかしくね? HEY×3は黒歴史ですか?
 それにしても、妖精帝國(伊月ゆい)は予想外。設定上では別人なのか。何を歌うんだろう? 妖精帝国とLittle Nonの区別がついていなかったり(笑)。

☆おまけ

 Little Nonのボーカルって永野のり子さんの娘さんなんですね。

「アーティスト水樹奈々」をつくる、キングレコードMM制作部長三嶋章夫氏

 嫌なフラグを立てるな(笑)。水樹さんは案外声が低いから歌いやすかったり。声優さんって多くが声が高いんだよなあ。

ニコ動、今期は「確実に黒字化」 プレミアム会費が収入の7割

>携帯電話向け「ニコニコ動画モバイル」で、プレミアム会費を携帯電話の月額料金と一緒に決済できるようになったことも、プレミアム会員増に寄与したという。

 これはなかなか大きいですね。クレジットカード嫌いは一定数存在しますし。クレジットカードではないネット決済ってもっと増えてもいいように思うなあ。鍵を握るのはやっぱり携帯電話? 携帯からウェブマネーに変換して、それをネット上で自由に使うのが自然かなあ?

グーグルの新プログラミング言語「Go」--精鋭チームが切り開く新たな可能性

 最近はPythonに興味があるけど(と言っても手を出してない)、「Go」も面白そうな言語ですね。「マルチコアプログラミング」ができて「ガベージコレクション」のあるC++みたいなものなのかなあ? C#に近かったりする?(どうも違うように思う。C#ってかなり好きなんだよね)
 ChromeやAndroidで使えるというのが大きそうです。案外普及しちゃうかもしれません。しかし、Androidは予想以上にすごいなあ。

ひろゆき氏が「Twitterクローン」開発中

 Twitterクローンというものがどういうものかわからないけど、あめぞうに対する2ちゃんねるになるのか、youtubeに対するニコニコ動画になるのか、それともTwitter+αになるのか興味があります。
 しかし、Twitterってコミュニティみたいなのが作れたらいいのに。コミュニティもアカウントを作ることになるんかなあ? なんかすごい違和感。まあ、どうせ使いこなせてないんですけどね。

|

« 目先の価値と将来の価値と | トップページ | 海外だけでなく国内への広報を »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目先の価値と将来の価値と | トップページ | 海外だけでなく国内への広報を »