« 海外だけでなく国内への広報を | トップページ | 技術立国日本の未来 »

2009年11月17日 (火)

アメリカって特殊だったのか

 「喜多村英梨」さんと名前が似ている「滝村依里」さんというヴァイオリニストがいたり、「斉藤佑圭」さんと名前が似ている「齋藤圭祐」さんというプロ野球選手がいたり、有名人と同姓同名の人がいたり名前って面白いよなあ。

『とある科学の超電磁砲』に対し理系の人が気になる所

 自分も理系だから気になるさ。でも、気にしすぎると楽しめない。突っ込みつつ気楽に楽しむもんだと思うな。でも、「エレメントハンター」は同じような理由でダメでした(笑)。嘘をつくならどうでもよくなるような大きな嘘の方がいいや。

細田守、Tokyopop社長ら 海外のアニメ・マンガ現象を討論

 文化庁はがんばってるなあ。でも、テレビで放送されないと意味がないから・・・芸能人を連れてくるしかないのかな? もしくはCMが必要かも。そうすると広告代理店が喜ぶんだよなあ・・・。何かいい方法はないものか・・・
 「アジアやヨーロッパでの受け入れられ方は日本と似ているが、米国はやや異なるところがある」というのが意外だなあ。アメリカは敵味方がはっきりしている文化なのかなあ? ハリウッドもあるけど、アメコミの影響も大きいのかもしれないね。
 それにしても韓国ではすでに「コンテンツは全てただで欲しい。ただしビジネスモデルは判らない。それは企業が勝手に考えて欲しい」という考え方になってるのか。日本でもコンテンツに近い人(制作者とか)ほどこういう感覚があるんだよなあ。
 安く売ってコピーをばら撒いてもらって宣伝に利用して高品質な製品を売るというのが自分の理想なんだが、それは無理なんだろうか?

デジスタ細田守セレクションが非常に面白い事に

 新しいクリエーターに興味はあるので。面白いことになるって・・・全部読んでもよく分からなかったけど、どういうこと? とりあえず見るべきなの?

「カレイドスター」、メキシコの公共放送局Canal Onceで11月23日より放送開始

 メキシコで放送かあ。テレビシリーズでDVDを初めて買った作品なので、かなり気になります。「日本人が描いたアメリカ像の奇妙さ・面白さも楽しめる」というのは、そうだろうなあと思いました。こどものおもちゃとかも変なアメリカ像になるんかな?

【大感謝】可愛い女の子の歌声を元に“小学生VOCALOID”が制作される

 あれ? ボカロってクリプトン以外も作れるのか(笑)。ヤマハの技術だからそりゃあそうか。しかし、日本はなぜこういう方向に行くのかなあ・・・そろそろ、真っ当な方向に力を振り向けるべきかと(笑)。
 サンプルを聞くにボカロ小学生は結構良い感じですね。調教の程度は分かりませんけど、結構自然に聞こえます。VOICELOIDから考えるに、今後のボカロの展開は外国語とセリフに移行するんだろうなあ。

こやまきみこ、吉本のお笑い養成所で「きみこ」として勉強中、11/21には初舞台

 ㌔㍉㌔㍉がお笑いに転身とは予想外。むしろ喋りは苦手だと思ってました。すみません。

「A1ピクチャーズのAは阿佐ヶ谷のAだ。」内「宇宙ショーへようこそ」ステージレポート

 なんというか・・・非常にダメな人たち(笑)という感じがします。「アイマス」「ラブプラス」「ドリクラ」「らきすた」「けいおん」「たいやき」という、なんというか非常にベタなものにハマれる素晴らしさ。あ、ハマっていないのもあるか。でも、業界人としてではなく一般のお客さんとして商品を買っていることにかなり好感を抱いたり。
 なにはとまれ、完成してよかったです。「宇宙ショーへようこそ」を楽しみにしております。

|

« 海外だけでなく国内への広報を | トップページ | 技術立国日本の未来 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海外だけでなく国内への広報を | トップページ | 技術立国日本の未来 »