« 事業仕分けの是非 | トップページ | アメリカって特殊だったのか »

2009年11月16日 (月)

海外だけでなく国内への広報を

 どうもFFXIIIがつまらないのではないか、という予想が多くなってきてますね。FFをひとつもやったことがないので、詳しいことはわかりません。でも、専門用語が多くてわかりにくいとか、戦闘などの作業が面白くないとか、悪い噂が多いような・・・なんでこうなった!?

 部屋の掃除をしないとまずくなってきた。かなりの量の本を売らないとなあ。電子書籍計画が失敗したし、結局は本を買っては売るという非効率な作業に。手元に本を置いておきたいという願望と、部屋が狭くなりすぎるのは問題があるという現実問題を同時に解決するにはどうしたらいいんだ? 本を読み終わったら売る方がいいのかなあ?(というか、そもそも積んだまま次の本を買うのが問題なんだよね。やはり冊数制限かなあ)

5歳と7歳の声で音声読み上げ 「VOICEROID 月読アイ」「ショウタ」

 VOICEROIDかよ(笑)。こういうのはむしろナレーターな声の方がいいと思うなあ。実用性もあるし。その後にロリ声やショタ声じゃない? アクセントや抑揚をつけられるのかな? そういうソフトなら広まりそうですね。(主に同人ゲーム方面で)

静止画を投稿できる「ニコニコ静画」がオープン ~ お題を考えスレッド作成

 pixivと何が違うんだっけ? コメントがスレッド表示されることと写真でもOKなところかなあ? おそらくpixiv経由のスレッドも増えることでしょう。漫画の投稿も増えるのかなあ? そういう方向性なら面白いのかも。

「ジャパンエキスポのたどった道」 主催者が語る大型イベントの戦略

 こういう講演会を文化庁が行うということは、「アニメの殿堂」こと「国立メディア芸術総合センター」の失敗に対する反省と焦りを感じます。結局は「メディア芸術」というものが国民に周知がなされていなかった。アピール不足なんでしょう。一部のオタクは知っているけど、一般層まで及んでいない。むしろテレビ関係者を多く招待する必要があったのではないかとすら感じます。でも、テレビ局の中ではアニメの地位が低いので、番組とするのは難しそうでしょうけどね。(むしろ笑いの道具にはなる)
 ジャパンエキスポの成功に関しては、ヨーロッパのイベントになったことが大きいと思います。そして、オタク文化以外も積極的に紹介しているのが成功の秘訣でしょう。「日本」というキーワードに対して、ヨーロッパ各地の人が様々な思いを抱いて交流する場になっているのではないかと思います。参加者の増加が著しいので、おそらくリピーターも多いはずです。
 今後はビジネスへの展開ということですが、漫画やアニメのビジネスって予想以上に難しいですね。漫画やアニメの力も落ちているし、オタク文化の許容に対して温度差が激しい。おそらく主要国ではイギリスが最難関じゃないかなあ?(イギリスはアメリカ経由になっているっぽい)
 文化庁(および各省庁)は、アメリカと中国にある同様のイベントに対して、よりアピールしていただけないかなあと思います。できるなら漫画だけでなくアニメも商売として成り立つようにならないかなあ?

ドイツのマンガ売り上げランキング・TOP3出版社編(2009年9~10月期)

 ドイツのランキングはかなり好きですね(笑)。少女漫画が多いんだもの。
 こういうランキングって冊数や売上高を知りたいなあと思ったりもします。順位がわかっても、今のオリコンランキングみたいだったらあまり意味がないじゃん。結局、売れているの?というのを知りたかったり。「DAISUKI」が続いていることを考えると、悪くないレベルでは売れているように予想しているんですけど、本当に大丈夫なのかなあ?

製作委員会に質問状:「聖剣の刀鍛冶」 いままでにないファンタジーの世界観を持っている

 録画していたのをまとめて見ました。マングローブって動きは好きなんですけど、これまではその作品を見てませんでした。どうも自分は中二病が入っているアニメの方が好きみたいです。だから、「聖剣の刀鍛冶」はかなり好きですね。
 ちょっとご都合主義だよなあと思うけど、甘っちょろいのがいい(笑)。ヘタレ主人公セシリーが好きだ。藤村さんの声もいい。ルークとの関係もいい。マングローブだから動きもいい。リサやアリアも馴染んでいる。
 残るは、「悪魔契約」「黒衣の男」といった敵に関する伏線とルークとリサの過去を、アクションを交えてすっきりと見せられるかでしょう。(ちなみに原作は読んでない)小説原作だと動きで見せるという部分が弱くなるけど、このアニメは動きで見せられているので期待しています。「いままでにない世界観」というのは違うと思う(映画で見たテイルズも近かったし)けど、「いままでにない動きのあるファンタジー」になるとは思います。

|

« 事業仕分けの是非 | トップページ | アメリカって特殊だったのか »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 事業仕分けの是非 | トップページ | アメリカって特殊だったのか »