« 目立たない話題 | トップページ | 金融ビッグクランチ »

2010年2月 1日 (月)

感想:魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

 twitter声優が増えてきた。かなり嬉しい。twitterを続ける理由になる(笑)。しかし、ゆかりんもますみんもiPhoneだし、本当にiPhoneが売れているのを感じる。身の回りに使い方を教えてくれる人が増えたのが大きいのかな?

 「クォーク」の本をぼちぼち読んでいるけど、正直難しすぎてあまり理解できてない。学生を卒業してからかなり経っているとはいえ、分かってなさすぎるわー。この内容だと新聞記者とかには全く理解されないなあとか思ったり。理系であっても、基礎知識がないとつらすぎるよ。
 その中に強い相互作用のポテンシャルがexp(-μR)/Rとなると書かれていたけど、電界強度にexp(-jkr)/rというのがあるんよね。i=-jらしいから、物理的には符号が逆かも。(なぜ物理と工学で虚数記号が違うの? 電場と電界のように用語も異なるし・・・)似たような数式だし、素粒子にも波動的な性質があるわけだから関連があるんだろうなあ。ちょっと考えてみると面白いのかもしれん。

◯感想:魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

 個人的に「なのは」は、美少女キャラを使ったロボットアニメなんですよね。(同様のアニメに「ストライクウィッチーズ」がある)テレビシリーズはそこまで熱心に見ていなかったと思います。それでも釣り針にひっかかっているということは、餌がおいしく見えるのでしょう。意識しないところで好きな要素が多いと思います。
 なのはファンとしては文句ない映画だと思います。映画としての完成度で言えば、途中の戦闘を省略するならば、ジュエルシードの数を変えた方が良かった気がするぐらいですね。ファン向けとして考えるならば、あまり設定を変えないでほしいです(笑)。そういう意味でも、完全にファン向けの映画です。
 変身シーンはロボットアニメの合体シーンのようですし、「これがわたしの全力全開」「友達になりたいんだ」などの決め台詞は「よっ、なのは!」と叫びたくなるぐらい熱いですし、なのはとフェイトのデートは激しく萌えるし・・・。的確にツボを突かれるので、映画館で見るのはやばいです(笑)。
 でも、大画面でなのはやフェイトを堪能できるチャンスなので、ファンならば見に行った方が絶対いいです。やっぱりアニメは素晴らしいですね。

「アニメを観光資源に」東京都が世界に情報発信

 成功した地域があれば失敗した地域があります。どうすれば成功できるのか、ノウハウの蓄積が重要だろうと思います。メディアセンターがあれば、そこで大規模な講習会とかできたんだろうけどなあ・・・惜しいぜ、まったく。

本当は「コールドジャパン」、日本のコンテンツ産業の存亡を決める今後の10年

 確実にファンはいるものの、それが収益につながっていないことが問題なんだろうと思います。特にアニメがひどいんですよね。日本と外国で価格差が大きすぎる。ポケモン以来輸出が増えていると思うけど、この価格差を解消できていない。収益をあげるビジネスモデル確立を目指していたものの日本で失敗したのがGONZOかなあ?
 ゲームは任天堂を中心に、漫画では小学館を中心に次第に収益をあげているように思えますが、アニメはジブリですら成功できないんですよね。ここを突破するのが今後10年で最重要だと考えます。

PSP『ときめきメモリアル4』、公式サイトで隠しヒロイン2人を公開

 ヒロインに水橋キャラがいてちょっとびっくり。ついに、ときメモ声優だよ! それにしても、ユーノくんよかったなあ・・・

「鉄人」の街にアニメの制作スタジオ設立へ 神戸・長田区

 失敗するかもしれないけど、こういう取り組みは評価したいと思います。何かやらなきゃ何も変わらない。100人規模のスタジオという大きな夢だけど、成功したら地域にとっても有用だと思います。「アニタス神戸」というスタジオ名をテレビで見るのを楽しみにしよう。

◯アッチの世界を覗ける窓を作ってみた

 これは3Dテレビよりも3Dらしい。頭部の動きに合わせて映像を変えているらしいので完全にひとり用なのですが、携帯ゲームとかではひとり用でいいですよね。ユーザーとしては投資が少なくてリターンが大きいと思いますので、まずはゲームでぜひとも実現してほしいものです。

|

« 目立たない話題 | トップページ | 金融ビッグクランチ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目立たない話題 | トップページ | 金融ビッグクランチ »