« 非実在青少年 | トップページ | 東京国際アニメフェア2010 »

2010年3月28日 (日)

共感主義とおまけ経済

 アニメフェアはやっぱり楽しいです。イベントには参加しにくくなったけど、新作アニメがいっぱい紹介されていて、子供も大人も楽しんでいるのが素敵だと思います。
 今回は3Dディスプレーが面白かったですね。(参考)裸眼3Dディスプレーはちょっと見難く感じました。ニンテンドー3DSが心配になっちゃったけど、3Dの方式は多分違うと思っています。(右目と左目の性能が違うと、3Dは見難いのだろうと思います)

 プロ野球が開幕したけど、テレビを見ると打たれる(涙)。あまり見れていないおかげでホークスは3勝2敗とまずまずの成績です。中継ぎが弱いので、誰か出てきてほしいなあ。大場は復活できるんだろうか?

○twitterの使い方

 だいぶ感覚がつかめてきたので、twitterをすすめてみます。

 twitterを「つぶやく」サービスと思っている人が多いと思うんですよね。私も最初はそのように誤解していました。でも、考えてみてください。ブログって多くの人はROM(読むだけ)ですよね。だから、twitterも読むだけでいいんですよ。twitterのつぶやきは、ブログのコメントと考えた方がいいと思います。
 ただし、twitterをはじめても何もないんですよね。ブログの場合、よく読むブログをブックマーク(もしくはRSSリーダーに登録)しますよね。twitterではこの作業(フォローと言います)が必須です。少なくとも50人はフォローしましょう。

 フォロー数が多くなれば、次第につぶやけるようになります。ボケている人がいればツッコみたくなるものですし、質問している人がいれば回答したくなるものです。
 twitterには返信やリツイート、ダイレクトメッセージなどの機能がありますが、これはPC用やiPhone用、携帯用のソフトを使った方がいいと思います。そこまでいけば、もうtwitterを使いこなしています。
 フォロー数を増やすようにがんばってもいいし、実況に使ってもいいし議論に使ってもいいし宣伝に使ってもいい。「写ツ」という写真サイトを使ってもいいし、Ustreamという映像サイトを使ってもいい。あとはユーザーの能力次第って感じです。

 twitterでは共感を集めるユーザーの影響力が強いように思います。twitterにはつぶやき(ツイート)しか武器がないのですから、「共感主義」(造語)な社会だと思います。社長も学生も同じユーザー。twitterのもとの平等。良い発言をしたら、それが広まっていくようです。ただし、現実で有名な人ほど最初の影響力が強いんですよね(笑)。

アニメを海外で同日配信する「Crunchyroll」、有料会員は2万人超

 これはいいサービスですよね! 日本でもやってほしいなあ。地方のアニメファンは欲しているはずだよ。

 twitterで考えがまとまってきたけど、アニメ専用の有料SNSってよくないですか? 月額980円ぐらい(「パ・リーグ ライブTV」を想定)で利用者は新旧アニメを自由に見れて、アニメをブログに貼り付けて紹介できるの。そんなサイトがほしいです!

 ビジネス書「FREE」で無料が取り上げられているけど、無料がうさんくさいのはそのとおりだと思うんですよ。
 でも、コンテンツ(デジタルデータ商品)はフィギュアと同様に「おまけ」になっていくと思います。「グリコのおまけ」「チョコエッグ」のような感じです。マニアを除いてコンテンツに料金を払わなくなる予感がします。そして、コンテンツを自由に見れて遊べるサービスに料金を払うようになると思います。
 現状はケーブルテレビで見る段階ですよね。これがネットに移行するとタイムシフトできるようになり、自由度が格段に上がります。そして、遊び(セーラームーン、エヴァ路線です)を提供するためにSNSがあればいいのではないかと思うんです。

 これまでのSNSはログインありで無料なんですよね。でも、アニメの場合は無料にすると有料との境界が難しいと思います。有料SNSって面白いと思うんだよなあ。どうでしょ?

アニメ『ブラック★ロックシューター』製作発表会レポート

 こういうアニメの声優は花澤さんと沢城さんって決まってるんですか?(笑) アニメフェアでも大々的に発表されていました。ヤマカンが関わっているんだねえ。
 これが成功したら伝説になりそうなんだよなあ。でも、成功するのは難しいと思います。出版業界を巻き込めてないよなあというのが心配。

「侵略!イカ娘」 アニメ化 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

 アニメと原作の面白さは無関係じゃないですか(笑)。イカちゃんがかわいければいいんですよ! 声優は井口さんになるのか?!と思ってたら、あくまでもネタだったらしい。井口さんでもいいじゃん。斎藤桃子さんの名前もあがってるけど、プロが最善の選択をすれば案外売れると思うよー。

今野緒雪 『マリア様がみてる』 2010年秋 実写映画化決定!

 今になって実写とは思っていませんでした。どのエピソードを映画にするんでしょうね。長すぎてまとまらないと思うんだけどなあ。とりあえず出演する女の子が瑞々しくて綺麗であればよいなあと思います。あとは時がゆっくり流れる映画だったら嬉しいですね。

REDLINE

 日本語にすると赤線なんだけどなあ。これってアレな意味じゃないの?
 でも、マッドハウスで小池監督なんですよね。アニメフェアで見る限り、小池監督のアニメらしく相変わらずアメコミっぽくて(でも、アメコミじゃないんだよね)、すごく期待したいです。

同人発のせつなすぎるノベルゲーム「ナルキッソス~もしも明日があるなら~Portable」,最終章を収めて5月27日に発売

 角川は同人ゲームのPSP化に積極的らしいんですよね。「ひまわり」が4月に発売されますし。「月姫」や「ひぐらし」のようにヒットするのかに注目したいです。鍵を握るのはメディアミックスでしょうね。

レベルファイブが成功した理由を考える

 福岡のゲームメーカーが成功しているのは嬉しいですね。
 レベルファイブはオタクを相手にしてないですよねえ。基本的に「声優」を使わないというのが大きいように思います。「俳優」を使ってるんだよね。(例外はイナズマイレブン?)
 悔しいけど、それは正しい気がするんだよなあ。「声優」のせいでゲーム業界が壊れた気がしてるもので。でも、声優さんに罪はない。ゲーム業界が声優にとらわれただけ。
 今後、大きなゲーム会社もオタク向けと非オタク向けを2系統持ったほうがよくね?と思うなあ。

「萌えってつけりゃオタクは何でも買うだろ」「それは言い過ぎですよ社長」  萌える醤油注文殺到中!

 それだと最初は買うけど続かないよねえ。ヒットする要素は次の3つだと思います。

 ・人気絵師であること
 ・ヒット中であること
 ・イメージを大切にしていること

 人気絵師でない場合は、オタク受けするかわいさが必要でしょうね。これが一般人には分からないんですよね。同じように見えるはず。一般人でも分かるポイント・・・目と髪と衣装が凝っているぐらいですかねえ?
 「うめ物語」は水戸でゲットできてよかったです。水戸に行った甲斐があったというもんだ。(一度ネットで購入失敗しました)

PS3で地デジを録画できる「トルネ」が絶好調、PS3本体の販売台数も増加

 ソニーはこんなレコーダーを出せば売れるのにと言われているけど、高価なCELLを安価に使えるPS3のおかげじゃないのかなあ? 同じぐらいの性能でレコーダーをつくったら、倍ぐらいの値段に跳ね上がらないかなあ? それでも機能が充実してたら売れると思いますけどね。

けいおん!2期 「待ちきれずに、こんなものを作ってしまった…」

 すみません。ドヤ顔の意味が分かっていません。ご存知の方はtwitterでメッセージをください(2010年3月31日まで募集しよう)。お礼にフォローします(笑)。

|

« 非実在青少年 | トップページ | 東京国際アニメフェア2010 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 非実在青少年 | トップページ | 東京国際アニメフェア2010 »