« 共感主義とおまけ経済 | トップページ | 構造化設計とオブジェクト指向設計 »

2010年4月 2日 (金)

東京国際アニメフェア2010

 年度が変わって、お仕事の内容も変わって、ちょっとドキドキの4月です。
 エープリルフールってよく嘘をつけるよなあ。うまい嘘をつくとか難しすぎません? 円谷はうまいなあと毎回感心します。あれは嘘というよりフィクションなのかな?
 しかし、アニメ映画がいっぱい公開されるし、「私の優しくない先輩」も公開されるし、今年はどれだけ映画を見ればいいのだろう? 面白いけど上映している映画館が限られているので厳しいなあと思ってたりします。これって嬉しい悲鳴なのかな?

東京国際アニメフェア2010

 今回のTAFは中国アニメのブースが大きかったですね。でも、あの展示方法だとお客さんは来ないよ。見てて面白くないもの。日本だと「顔が大きい=ギャグ顔」というような認識だけど、中国のキャラはギャグじゃないのに顔が大きいんですよね。「これって何だろう?」という疑問がわきました。動物キャラから人間キャラに移行するときに、日本では小顔に変わったんでしょうね。
 また、ブースだけでなく外国人参加者が増えていますね。外国の女性がビラを配ったり、国際色豊かになっています。アジア人も多いのでしょうが、日本人と見分けがつかないんですよねえ。見た目よりも外国人が多かったはずです。

 元気だなあと思ったのがアニプレックスですね。ひだまりスケッチや化物語の効果かもしれません。他には専門学校も元気に見えました。
 反対に、ジェネオンブースが小さくなっていたように思います。並んで紙袋をもらうように変更されていたけど、そのせいで小さく見えたのかなあ?

 TAFなのに3DディスプレイやARを堪能できました。GONZOが逆境にもめげずに3Dをやってたのが印象的です。パナソニックの3Dディスプレイが一番綺麗に見えたような気がします。プラズマテレビのメリットなのかなあ? メガネが一番立派だったからかなあ?

 今回は写真特集しながら、アニメを紹介しようかなあと思います。

借りぐらしのアリエッティ

 会場に入って最初に目に飛び込んできたのがアリエッティでした。宮崎アニメは強いですね。

Rimg0100_small

 前売り券に小冊子がついてくるらしいですよ。

Rimg0229_small

 小冊子の中身をちょっと紹介してみます。かなりよさそうなので、前売り券を買おうかなあと考えています。

Rimg0226_small
Rimg0227_small
Rimg0228_small

☆ロボット

 次は「ガンダム00」「ガンダムUC」「ヒーローマン」。イマイチな写真でごめんなさい。ガンダムUCのBDがあったら買うつもりだったけど、売ってなかったんだよねえ。売り切れなのかな?

Rimg0183_small
Rimg0184_small
Rimg0186_small

けいおん

 「けいおん」のカードゲームが新発売のようで、等身大に近いポップがあったので撮ってみました。4月から続編がはじまるけど楽しみですよね。

Rimg0262_small
Rimg0257_small
Rimg0258_small
Rimg0260_small
Rimg0259_small

☆コスプレ

 今回のアニメフェアは、若くて綺麗なコンパニオンが多いなあという印象でした。

 「トライガン」とアニプレックス(「ソラノヲト」「ハガレン」「ナイトレイド」「デュラララ」))のレイヤーさんがかなりレベルが高かったです。

Rimg0205_small
Rimg0283_small

 「銀魂」「HANGRY&ANGRY」のこういうコスプレもいいですよね。

Rimg0242_small
Rimg0206_small

 おまけとしてコンパニオンさん。もうちょっと綺麗に撮れたらいいのにね。

Rimg0243_small
Rimg0243_small

 コスプレを中心に見たければ「【TAF2010】東京国際アニメフェア2010・パブリックデー初日のコンパニオンさんをフォトレポート!」「コスプレ、着ぐるみ、チャイナ服と何でもござれの「東京国際アニメフェア2010」コンパニオンさんいろいろ」「「東京国際アニメフェア2010」を華やかに彩ったコンパニオンをチェック」でもご覧下さい。

☆サイン

 最後にオタクらしくサインを何枚か撮影してきたので紹介します。ちゃんとしたサインもいいけど、落書きみたいなサインがすごく好きです。

Rimg0187_small
Rimg0200_small
Rimg0246_small
Rimg0248_small
Rimg0253_small

 今回は雰囲気の紹介ということで写真中心にしてみました。いかがでしたでしょうか? 入場料は大人1000円(当日料金)と高くはないので、来年のTAFにでも気軽に参加してみると面白いかなあと思います。

◯感想:劇場版イヴの時間

 ネット配信したものを再編集しつつ新作カットを追加した形式の映画みたいです。おそらく配信分よりも演出が派手になってるんじゃないかなあと思いました。ウインク時の「キラッ☆」はいらないように感じたんだけど、配信のときはなかったよねえ? と文句を言いつつも、最終的に大泣きだったのでした。6話目(映画では最後)がやばいですよね。あの話は反則だわ。ロボットに感情移入できる人にはオススメのアニメです。

 映画館にあったサイン入りポスターでもどうぞ。
Rimg0312_small

異色コラボ実現! 生田斗真と涼宮ハルヒがCM共演

 これはアニメーターも生田斗真さんも大変だろうなあ。設定は意味不明だけど、面白い試みだし想像していたよりも見やすいと思います。ハルヒも消失がヒットしていてよかったですね。どこまで一般層まで広がるのか分かりませんが、これで綾波レイぐらいには知られるのかな? ハルヒは00年代の代表作かもね。

「マルドゥック・スクランブル」製作発表会でスタッフ情報解禁

 林原さんというのでビックリ。綾波系のキャラではあるけど、綾波って林原さんの中では異色だと思うんですよ。こういうキャラこそ花澤さんじゃないの?

「アニメ特区」創設も…知財推進計画の骨子

 アニメ特区にしても税制優遇の特典が少なかったら意味がないんだけど。何か良い制作があるんかいな?
 私はいまだに「国立メディア芸術総合センター」を希望しています。コレクターが亡くなったときの引き取り手が必要なんだよー。寄贈は大量に集まるって! 人気作品の特設展、入場料収入、グッズ販売、ネーミングライツとかを駆使すれば絶対に赤字はないと思うんだ。展示スペースを借りてもオタクイベントは黒字なんでしょ? だったら、造ってしまえば借りる必要はないんだから絶対に黒字だって!
 いつになるか分からないけど、ずーっと期待しようと思います。絶対に必要になる!

【速報】 韓国mgame「プリンセスメーカー」のオンラインゲーム化事業発表会を開催,はたしてどんなゲームになるのか? 気になる日本展開は?

 赤井さんが深く関わっているのならば安心かな? 世界観さえ壊れなければ冒険してもいいと思います。しかし、どんなゲームになるんだろう? トモダチコレクションみたいな感じになるのかなあ?

|

« 共感主義とおまけ経済 | トップページ | 構造化設計とオブジェクト指向設計 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 共感主義とおまけ経済 | トップページ | 構造化設計とオブジェクト指向設計 »